Event is FINISHED

フィー型FPが気をつけるべき、契約書作成・法令遵守のポイント

Description
「この業務、ここまでやって、ほんとに大丈夫かな?」

 
FPのあなたは、こんな不安を抱えながら、日々の業務を行っていませんか?
 


FPは業務範囲がとても広く、幅広いニーズに応えられる一方で、その分、様々な法令違反リスクが潜んでいます。

特に、フィー型の独立系FPは、自立している分、金融機関などは守ってくれません。
そのため、個人が負うリスクは各段に大きくなります。

 
というわけで、今回のFP技能士会のセミナーでは、
 
①そもそも、法令上、業務としてやってはいけないことは何か 
②その上で、正しい業務であることを契約書に明示するためには、どのように記載すればよいか。(ひな型を活用する時には、何に気をつければよいか)
 
を中心に、弁護士の方にお話いただくことにしました。
 


“お客様からフィーを受取るFP”のためだけの契約書・法令に関するセミナーは、とても希少ですので、是非ご参加ください。
 
先着20名限定の募集となりますので、参加希望の方は、お早目のお申込みをおススメします。

詳細は以下の通りです。

________________

 
■セミナー内容(概要)
 


第1部「FPが業務としてやってはいけないこと」
 
これは、あまりにもたくさんの種類があるため、今回は、「税理士法」および「弁護士法」に絞ってお話をいただきます。
 
税金に関するアドバイスを行うことがあるFP、相続や離婚など、揉め事が発生しうる際の相談を行うことがあるFPなどは必聴です。
 
※その他の法令についての質問などは、終了後の質問会などで個別にご質問ください。
 
 

◆第2部「契約書のひな型を活用する際の注意点」
 
主に、契約書のひな型を変えて使う場合に、

「どのように変えると危険か」
「どこの箇所なら自分で記載を変えても大丈夫か」
「ここを変える時は法律の専門家に相談すべき」

という観点でお話をいただきます。


 
◆第3部「紹介料を受取る際の法令上の注意点」

 
紹介料は通常フィーの扱いではありませんが、FP技能士会では、英国の考え方に従い、

「顧客にその額を明示した場合は、フィーである」

と整理しています。
 

お客様に金額を了承をいただいた上で、紹介料を受取ることは、お客様からフィーをいただくことと、ほぼ同義だからです。 


そのため、本セミナーでは、

「紹介料を受取る場合の法令面での注意点」

についても、お話いただく予定としております。
 
 
■講師プロフィール
 東京千代田法律事務所
 弁護士 斎藤 悠貴氏
 

  
■セミナー詳細
1.日時
 9月25日(月)
 受付開始         14:45
 セミナー         15:00~17:00
 ※終了後、希望者のみ参加の質問会兼懇親会を実施予定(費用は別途)

 
2.場所
 日本橋近辺(参加者に追って連絡)

 
3.参加費
 一般         5,000円
 FP技能士会有料会員 1,000円
 ※質問会兼懇親会費用は別途

 
4.定員
 先着20名

 
5.申込み方法
 当サイトにて手続き、決済完了にて申込完了

  
6.主催
 ファイナンシャル・プランニング技能士会
お客さまからいただくフィーを収益の柱とするFPを支援する、日本で唯一の団体です。(事務局:寺島。問い合わせ先:info.fpa2017@gmail.com)

Updates
  • 会場 は エアーズシー証券セミナールーム に変更されました。 Orig#280709 2017-09-23 16:08:35
Mon Sep 25, 2017
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
エアーズシー証券セミナールーム
Tickets
一般 SOLD OUT ¥5,000
FP技能士会有料会員 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都中央区日本橋一丁目7番9号 ダヴィンチ日本橋179 7階 Japan
Organizer
ファイナンシャル・プランニング技能士会(FP技能士会)
337 Followers