Event is FINISHED

おかざき真里×穂村弘「穂村さん、『大人の生きのびかた』を教えてください」『かしましめし』(祥伝社)刊行記念

Description
9月8日、漫画家おかざき真里さんの新刊『かしましめし』の1巻が発売されます。



同書は、1年前にある人の自死をきっかけに再会をした美大の同級生3人が、 それぞれの事情と戦いながら、家に集い、お酒を酌み交わし、ごはんを食べる……というあらすじ。思わず真似したくなるレシピなど、グルメマンガとしての実用性もありながら 人生に悩みもがく男女が「食べる」ことで救われる、 「食べることは生きること」という普遍的なテーマを盛り込んだ作品です。



今回、この作品の刊行を記念して、著者のおかざき真里さんをお迎えし、トークイベントを開催します。ゲストは、『君がいない夜のごはん』という食エッセイの著作もある歌人の穂村弘さん。



食を通じて「生きること」を語るおかざきさんと、「食べ物や飲み物について自分なりの確信というものがもてない」と著書の中で告白する穂村さん。



食に対するアプローチがまるで真逆に見える二人が、「食」と「作品」との関係について包み隠さず語ってくれます!



お楽しみに!



※お二人の著作物へのサインは、お一人さま一冊までとさせていただきます

【出演者プロフィール】
おかざき真里(おかざき・まり)

漫画家。6月15日長野県生まれの関西育ち。 多摩美術大学卒。 10代の頃よりマンガを描きはじめ、1994年『ぶ~け』(集英社)でデビュー。広告代理店の博報堂に入社後、デザイナー、CMプランナーを務めつつ作品を発表し続ける。 2001年に同社を退社し、執筆活動に専念。 著書にドラマ化もされた『サプリ』や、『&-アンド-』(共に祥伝社)など多数。現在、『フィール・ヤング』(祥伝社)にて『かしましめし』、『月刊スピリッツ』(小学館)にて『阿・吽』を連載中。

Twitterアカウント
https://twitter.com/cafemari


穂村弘(ほむら・ひろし)
歌人。1962年北海道生まれ。1990年に歌集『シンジケート』(沖積舎)でデビュー。2008年、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞、『短歌の友人』(河出書房新社)で第19回伊藤整文学賞を受賞。2017年、『鳥肌が』(PHP研究所)で第33回講談社エッセイ賞を受賞。短歌のみならず、近年はエッセイなどの散文でも幅広い人気を集めている。『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』、『ラインマーカーズ』(ともに小学館)、『求愛瞳孔反射』(新潮社、河出文庫)、『本当はちがうんだ日記』(集英社)など作品多数。

【出演】
おかざき真里(漫画家)
穂村弘(歌人)

【日時】
2017年9月26日(火)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Tue Sep 26, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,082 Followers