Event is FINISHED

【セミナー】フレキシブル圧電材料の最新動向・開発事例を紹介(受講無料)

Description
「平成29年度地域中核企業創出・支援事業(次世代有機圧電フィルム材料による薄膜デバイス製品化プロジェクト」

山口県圧電デバイス研究会セミナー
フレキシブル圧電材料の最新動向・開発事例を紹介(受講無料)
インフラ保守・計測・発電・メディカル等、新たな市場開拓のヒントが見つかる!


ウェアラブル市場の急激な発展により、最近、フレ シブルな高分子圧電材料に注目が集まってい ます。モバイル機器がウェアラブル端末へと進化している時代において、高分子らしさを活かした圧電材料がこれからの主役になるであろうと大きな期待が寄せられています。
そこで、本セミナーは高分子圧電材料の10年先の市場形成の実現を見越して、計測機器、構造物、環境、発電、音響、メディカル等、有望な市場での展開とその利用事例を紹介します。圧電技術の応用開発を推し進める企業とのビジネスマッチングにぜひご参加ください。

◆開催日時: 2017年 9月 4日(月) 14:00~16:30 ※13:30受付
◆開催場所: 日本消防会館 大会議室 (東京都港区虎ノ門2丁目9番16号)
◆予定人数: 30名(先着順)
◆参加費: 無料
◆主催:(公財)やまぐち産業振興財団

<セミナースケジュール>
14:00〜 15:00
基調講演 「新たな市場開拓へ向けて進化を続けるフレキシブル圧電材料の紹介」
株式会社イデアルスター 代表取締役副社長 表 研次氏
高分子圧電材料の更なる発展へ向けて、株式会社イデアルスターは高性能な圧電材料(高耐熱性圧電材料、高伸縮性圧電材料等)を数種類開発した。本講演では最近開発した圧電材料によって応用が可能になった発電タイヤ(タイヤ内部に圧電フィルムを貼って電気を発生させる技術)について紹介する。

15:10〜 15:20
山口県圧電デバイス研究会 ご紹介

15:20〜 16:00
最新開発事例 ご紹介
(1)圧電センサデバイスを用いた集音・測定システム
JRCS 株式会社 経営企画室事業計画チーム 古賀 聖氏
(船舶の安全を世界主要都市に広がるネットワークで支える船舶制御システム開発製造企業)
圧電性高分子をフィルム状態で扱える技術を確立し、そこから発生する電気信号を利用したセンサデバイスを開発。振動→電圧信号に変換→音に変換する技術により周囲環境影響 を受けずピンポイント 集音を可能にした測定システムを紹介。

(2)振動発電による橋りょう等構造物の電流防食技術
中村建設株式会社 代表取締役 中村 廣義氏
(環境浄化、構造物メンテナンスを得意とする開発型建設事業を展開)
橋りょう等構造物の振動→防食電流に変換することでインフラ保守、健全性診断をする
センサを開発。構造物の長期的な安全を維持する技術開発の紹介。

16:00〜 16:30
個別相談会・ブース展示
保守点検、計測、製品開発、新事業開発などニーズをお持ちの企業とシーズを持つ山口県圧電デ バイス研究会メンバーによる個別相談・ビジネスマッチングを実施します。


Mon Sep 4, 2017
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本消防会館 大会議室 (東京都港区虎ノ門2丁目9番16号)
Tickets
通常参加 FULL
Venue Address
東京都港区虎ノ門2丁目9番16号 Japan
Directions
虎ノ門駅 2番・3番出口から徒歩5分
Organizer
山口県圧電デバイス研究会
10 Followers