Event is FINISHED

大家の学校3期「リノベーションのプランニング論」(講師:加藤渓一・福井信行)

Description

大家の学校の講義を1回だけ受講したい方を募集します!

「大家の学校」は、領域を横断して大家の職能を体系的に学び、不動産とまちの課題を解決する人材を育成するためのビジネススクールです。

大家を「まちの採用担当」と銘打ち、住人と大家の関係性づくりを丁寧に行い、賃貸住宅ながら住人が積極的にコミュニティを育てる賃貸住宅をつくった青木純が発起人。
大家や建築・不動産、メディア、デザイナーなど、実践者として活動している各分野のプロフェッショナルが自身の経験をもとに培ったノウハウから、賃貸住宅やまちの課題解決の手法をレクチャーします。

今回は、コースを1回だけ受講したいという方を募集。
「毎回は受講できないけど、この日なら受けられる!」
「この講師の話を聞いてみたい!」という方、お申込みをお待ちしております。

◎大家の学校3期概要
・期間/2017年10月2日(月)- 2018年1月29日(月)
・時間/隔週月曜日 19:00-21:30(例外あり)
・単科定員/各回5名


◎今回の講義 ※敬称略

12月11日(月) 19:00-19:50, 20:00-21:30
シェアする暮らしの作法
19:00-19:50 講義1:加藤渓一(HandiHouseProject) 
19:50-20:00 休憩
20:00-20:50 講義2:福井信行(Roovice)
20:50-21:00 休憩
21:00-21:00 トークセッション(講師2人と青木純のトーク)

場所:HAGISO(東京都台東区谷中3-10-25)


◎講師紹介
講義1
住んではじまる家づくり 家を愛する人づくりの真面目な挑戦家
加藤渓一

1983年東京都八王子市生まれ。
武蔵工業大学(現:東京都市大学)大学院修了後、MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO所属。2010年studioPEACEsign設立。翌年HandiHouse project 始動。「妄想から打ち上げ」を合言葉にデザインから工事のすべて自分たちの「手」で行う集団 の一員。ロックバンドのライブの様に演者と観客が一体となって盛り上がり、熱狂の渦が巻き起 こるような家・場作りを目指す。2014年春には海外進出。アジアの南端の島、東ティモールに出 向き現地の人との恊働。もの作りを通じたコミュニケーションが人種や言葉の壁を簡単に越えて 行くことを実感する。2015年第一回「これからの建築士賞」受賞(東京建築士会主催)


講義2
無駄なく無理なく無茶はする 施工のプロは週末愛すべきまちのベーグル屋さん
福井信行

株式会社ルーヴィス
1975年神奈川県生まれ。大学中退後3年半のニート生活を経て木工所勤務。1996年よりACME FURNITUREにてアメリカ中古家具のメンテナンスと仕入れを担当。不動産会社勤務を経て、2005年に株式会社ルーヴィスを設立。2013年より木賃ディベロップメント共同主宰。2015年より費用負担型サブリースを行う「カリアゲ」をスタート。
2016年三浦市宮川町に「人がこなさそうな場所にある商店=みやがわベーグル」をオープン。

Mon Dec 11, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
加藤渓一氏の講義 SOLD OUT ¥16,200
福井信行氏の講義 SOLD OUT ¥21,600
Venue Address
東京都台東区谷中3-10-25 Japan
Organizer
まめくらし
423 Followers