Event is FINISHED

【参加無料】若手農業家が語る、石川で農業を始めて気付いたこと〜石川農業キックオフ講座

Description

「農業はじめるなら石川で!」第2回講座を8/5に実施!


 

石川で農業始めてみませんか。
石川県では首都圏から移住して農業を始める方が増えております。
「もっと農業を始める方が増えてほしい」
「石川県の魅力を知ってほしい」

石川県はそんな思いで、応援していきたいと思い、首都圏在住で就農や移住に興味を持っている方を対象に、石川県の農業に見て触れて感じられる機会として、キックオフ講座「農業を始めるなら石川で!」を開講致します。

農家や専門家の講義、試食・実習、現地視察(農業体験等)を通し、楽しく石川の農業を学び、移住就農の夢の実現を一緒に考えていきましょう。

【こんな方にオススメです】
・石川県や地方での生活や農業に興味のある方
・起業を含む転職を検討している方
・家族にとってより良い暮らしのできる地域を探している方
・就農体験者の生の声を聞いてみたい方

◆キックオフ講座特徴

◎石川県で活躍する若手農家から就農の経緯や栽培のこだわりなど農家の生の声を聴くことができます
◎講義だけでなく、試食や体験を交えながら楽しく農業を学べます
◎毎回石川県職員と就農に関する個別相談をすることができます


ゲストスピーカー


宮竹康弘
(ブロッコリー、かぼちゃ)
他産業に従事した後、明確な目標もなかったが農業法人に就職。キャベツ等の野菜栽培に取り組む中で、農業も一生の仕事にするのもいいなと思うようになり、地元加賀市で独立就農を決意し実行した。地域の特産品であるブロッコリー、かぼちゃを栽培している。
 今となっては農業の魅力を深く感じており、「農家」が地元の子供たちの「なりたい職業ナンバー1」になってほしいとの思いに至るようになり、地域の若手農家と共に産地を盛り上げるべく技術研鑽に励んでいる農家4年生。夢はカンブリア宮殿で「農業経営について」村上龍氏と語り合うこと。



本田農園 本田雅弘
(トマト)
食に関わる仕事に就きたいと考えた学生時代。出会った千葉県の農業生産法人「和郷園」に就職し、野菜栽培に取り組んだ。その後、ビジネスとしての農業の可能性を感じ、地元石川県小松市に戻り新規就農者としてトマト栽培を開始。
NECのICT技術を導入し、環境データ解析し産地力の強化に努めるなど、現代的な手法も取り入れ地元の活性化を進めている。
大玉トマトのJA出荷を柱としながら、ミディトマト、イチゴ、アスパラガス等の生産・販売にも精力的に取組み、中卸を通した契約栽培の他、ホテルやレストラン、百貨店等への直売も行っている。

◎第2回:8/5(土)13:30-16:30

石川県の農業について<野菜編>
オリエンテーション
開催趣旨と石川農業の特徴について
石川の野菜農家ってどんな人
石川県内で活躍する元気な若手野菜農家から野菜栽培の魅力について伺います
色んなトマトの品種食べ比べも楽しめます♪



第2回以降のスケジュールはこちら↓

◎第3回:8/26(土)13:30-16:30
石川県の農業について③<果樹編>
石川県内で活躍する元気な若手果樹(ぶどう、ころ柿)農家から果樹栽培の魅力について聞いてみる
※色んなぶどうの食べ比べも!

ゲストスピーカー
竹中ぶどう園 竹中浩記(ぶどう)/細川農園 細川宗克(ころ柿)

◎第4回:10/7(土)
現地視察 ~農業法人バス見学会~
石川県に来てみて、農業の現場で農業経営者の話を聞いてみる
※現地までの交通費は自己負担になります
ゲストスピーカー
(有)安井ファーム/(有)ばんば/(有)わくわくファーム

◎第5回:10/21(土)13:30-16:30
ワークショップ ~移住就農プランづくり~
移住就農で叶えたいことは何ですか?(営農計画、住まい等について)

 

ゲストスピーカー
ホライゾンコンサルティンググループ 代表取締役 庄司和弘

◆開催概要


日程:8月5日(土)
場所:パソナグループ東京本部
定員:30名
主催:公益財団法人いしかわ農業総合支援機構

◆お問合せ


株式会社パソナ農援隊
TEL:06-7636-6124
E-mail:agri@pasona-nouentai.jp
Sat Aug 5, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
パソナグループ東京本部 東京都千代田区大手町2-6-2
Tickets
参加無料 FULL
Venue Address
東京都千代田区大手町2-6-2 Japan
Organizer
Pasona Agri-Partners(パソナ農援隊)
1,614 Followers