Event is FINISHED

東京ミッドタウン・デザイン部:サントリー美術館 「おもしろ美術ワンダーランド2017」ギャラリーツアー

Description

東京ミッドタウン・デザイン部:日本美術の楽しみ方講座
サントリー美術館 「おもしろ美術ワンダーランド2017」ギャラリーツアー


「東京ミッドタウン・デザイン部」は、東京ミッドタウン10周年を記念してスタートした、デザインのフィルタを通して、東京ミッドタウンやその周辺を深く知り・楽しむ活動です。

8月18日(金)は、東京ミッドタウン内のサントリー美術館にて8月1日より開催の「おもしろ美術ワンダーランド2017」のギャラリーツアーを実施します。
作品の技巧や歴史的背景などの学術的な知識を解説するものというよりは、日本美術ってちょっとハードルが高いな、勉強しないと難しいなと思っている方に、新しい視点や見方を発見していただくツアーになります。

今回は講師に編集者の加藤國康氏をお迎えし、加藤さん的「美術の愛で方」をレクチャーいただいた後、参加者それぞれに企画展を観覧し、最後に感想や発見をシェアします。

*購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。一人でも多くの皆様にご覧いただけるよう、お申し込み後、ご欠席の場合には、デザイン部事務局までご連絡くださいますよう、よろしくお願い致します。


▼開催概要


開催日:8月18日(金)18:00-20:00  (開場:17:45)
場 所:東京ミッドタウン・デザインハブ内
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター
    * レクチャー後、サントリー美術館に移動します。
講 師:加藤國康氏
参加費:500円(コーヒー&おやつ付き・サントリー美術館の入館料込)
定 員:20名 *先着順、定員になり次第締切
スケジュール:18:00〜19:00 展覧会概要説明 &「展示の見方」トーク
       19:00〜19:45 展覧会鑑賞
       19:45〜20:00 感想交換など   *予定です


▼本イベントに関するお問合せ:
東京ミッドタウン・デザイン部(事務局:日本デザイン振興会)
Tel 03-6743-3776



六本木開館10周年記念展「おもしろびじゅつワンダーランド2017」について


本展は、サントリー美術館の名品をみて・きいて・はなして・つくって・・・、からだ 全体を使って作品の魅力と出会う体験・体感型展覧会です。
2012年に開催し、好評を得たデジタル技術とアナログ手法を駆使したさまざまな展示方法で日本美術を体験・体感・発見できる展覧会「来て、見て、 感じて、驚いちゃって!おもしろびじゅつワンダーランド」の第2弾で、これまで積み重ねてきた教育普及活動をベースに、むずかしいと思われがちな日本美術をより親しみやすく、多様な切り口で紹介。映像や音などを含めた空間全体で作品の世界を感じたり、デジタル 技術を使ったインタラクティブな創作を体験したり、さまざまなしかけを通して サントリー美術館の名品との出会いを楽しめる企画です。
どきどき、わくわく、ふむふむ、作品を中心に展開する心躍る瞬間を積み重ねたら、 いつのまにか日本美術についてもっと知りたくなっていることでしょう。合言葉は 「ひらけ!美のとびら」。こどもから大人まで、日本美術のワンダーランドへ出発しましょう。




▼講師プロフィール


加藤 國康 氏


1945年東京生まれ。現代思潮社、薔薇十字社をへて、企画編集プロダクション、ギャラリーを運営。企業等のコミュニケーション計画を手がけるとともに、モリサワカレンダーのチーフエディターを務めた。主な仕事に、廣村正彰著『デザインのできること。デザインのすべきこと。』、CD-ROM版『人間と文字』、サントリー『SPIRITUS』、『感性時代 西友のクリエイティブワーク 1974-1984』、稲垣足穂著『多留保判 男色大鑑』(企画)、ジョイス・マンスール著『充ち足りた死者たち』、ジョン・ダン著『エレジー・唄とソネット』がある。現在は美を愛でて誉める“愛誉庵”主人。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#269721 2017-08-15 08:14:11
Fri Aug 18, 2017
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
インターナショナル・デザイン・リエゾンセンタ
Tickets
イベント参加(展覧会入場料込み・コーヒー&お菓子付き) SOLD OUT ¥500
Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F Japan
Organizer
東京ミッドタウンデザイン部
927 Followers