Event is FINISHED

『静かに狂う眼差し〜現代美術覚書』刊行記念イベント 〜現代アートをさらによく見るために〜 林道郎(上智大学教授) × 伊藤亜紗(東京工業大学准教授)

Description

『静かに狂う眼差し〜現代美術覚書』刊行記念イベント
〜現代アートをさらによく見るために〜


林道郎(上智大学教授) × 伊藤亜紗(東京工業大学准教授)


美術史・美術批評の分野で活躍する林道郎氏の手引で、DIC川村

記念美術館の収蔵作品を新しい視点から編集・展示を行う企画展「静かに狂う眼差し――現代美術覚書」展が開催中です。

本書は、実際にコレクションを配置していく上で鍵となった4つのテーマ――密室、表象の零度、(反)色彩グレイ、表面――を美術史や周辺領域との接点をめぐって言葉に落とし込んだ、いわば「思考の軌跡」となっております。

現代美術に《言葉》と《展示》の両面から新たな「眼差し」を向けた本企画について、障害を通して「見ること」について研究し

ている伊藤亜紗氏をお招きして対談していただきます。刺激的な対談にぜひ足をお運び下さい。


日時/2017年8月10日(木) 19:00~21:00 (18:30開場)

※開場前でも書店コーナー・喫茶コーナーでお待ちいただくことができます(喫茶コーナーでお待ちの際はワンドリンクオーダーいただいております)。


場所/神楽坂モノガタリ(神楽坂駅1番出口目前。ガラス張りのビル)東京都新宿区神楽坂6-43 K's Place 2F

http://www.honnonihohi.jp/index.html


チケット代/ 2,000円(+1drinkオーダー制)

※ワンドリンク¥500は現地精算となります。

(ビール・ワイン・スペシャルティコーヒー・アイスティーなど)

林 道郎(はやし・みちお)

コロンビア大学大学院にて博士号取得。美術批評家。現在、上智大学国際教養学部教授。専攻、近現代美術史。著書に、『死者とともに生きる――ボードリヤール「象徴交換と死」を読み直す』(2016年)、『絵画との契約――山田正亮再考』(共著、2016年)などがある。


伊藤亜紗(いとう・あさ)

東京大学大学院にて博士号を取得。現在、東京工業大学リベラル

アーツ研究教育院准教授。専攻、美学、現代アート。作品制作にも携わる。著書に、『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(2013年)、『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(2015年)などがある。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#263819 2017-07-21 07:15:09
Thu Aug 10, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
神楽坂モノガタリ
Tickets
席料(別途ドリンク¥500当日) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都新宿区神楽坂6-43 K's Place 2F Japan
Organizer
神楽坂モノガタリ・イベント部 "Asyl de Kagurazaka" 
1,638 Followers