Event is FINISHED

真野洋介×片岡八重子×武田昌大×加納亮介×西村祐子「新しい暮らしの仕事」『まちのゲストハウス考』(学芸出版社)刊行記念

Description
今年3月に『まちのゲストハウス考』(学芸出版社)が発売されました。

同書では、商店街の一角や山あいの村で丁寧に宿をつくり続ける運営者たち9人の綴った日々に、空き家活用や小さな経済圏・社会資本の創出拠点としての可能性を探っています。

この刊行を記念し刊行イベントをB&Bで開催します。岡山、京都、長野につづいて4回目は東京での開催。東京工業大学の真野洋介さん、建築家の片岡八重子さん、秋田〈シェアビレッジ〉の武田昌大さん、富山〈ほんまちの家〉の加納亮介さん、ゲストハウスプレスの西村祐子さんの5名にお集まりいただきます。

今回は、「新しい暮らしの仕事」と題して、秋田と東京、富山と東京と、2拠点を行き来するゲストハウス運営者に、新しい暮らしや仕事のつくりかたをお聞きします。

研究者、建築家、メディア、そして運営者と多様な視点を持ち寄り、まち暮らしの面白さ、宿運営のやりがいや展望にもたっぷりと迫る予定。

まちにどっぷり浸かる旅がしたい、移住の可能性を探りたい、暮らしを見直したいというたくさんのご参加お待ちしております。

【出演者プロフィール】
真野洋介(まの・ようすけ)

東京工業大学環境・社会理工学院建築学系准教授。1971年生まれ、岡山県倉敷市出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学院博士課程修了、博士(工学)。東京理科大学助手等を経て現職。 共著書に『まちづくり市民事業』(学芸出版社)、『復興まちづくりの時代』(建築資料研究社)、『まちづくり教書』(鹿島出版会)ほか。

片岡八重子(かたおか・やえこ)
株式会社ココロエ代表、一級建築士、宅地建物取引士、NPO法人尾道空き家再生プロジェクト理事。1974年千葉県流山市出身。1995年青山学院女子短期大学卒業、1995~2000年スターツ株式会社(不動産建設業)勤務後、2000年東京理科大学工学部2部建築学科編入学し、大月研究室で住宅問題を研究。岡村泰之建築設計事務所を経て、2008年独立。共著書に『地方で建築を仕事にする』(学芸出版社)ほか。

武田昌大(たけだ・まさひろ)
1985年秋田県北秋田市生まれ。 2008年立命館大学情報理工学部卒業、東京にてデジタルコンテンツ業界に従事。 2011年8月株式会社kedama設立。2016年5月内閣府が運営する地域活性化伝道師に選ばれる。2015年、築133年の茅葺き古民家を活用した新ビジネス「シェアビレッジ」を立ち上げる。
≫ web site|sharevillage.jp

加納亮介(かのう・りょうすけ)
1989年千葉県千葉市生まれ。現在は東京工業大学大学院社会工学専攻に在籍。歴史的な資源が残る地方都市でのまちづくりを勉強したくて2014年に富山県高岡市へ移住。町家体験ゲストハウス〈ほんまちの家〉の管理人をしながら遠距離通学中。趣味はまちの住民が集う昔ながらの食堂や喫茶店、銭湯めぐり。
≫ web site|ほんまちの家

西村祐子(にしむら・ゆうこ)
ゲストハウスプレス編集長。大学卒業後、株式会社良品計画にて無印良品店長、ウェブマーケティング会社にてディレクター職を経たのち独立。アメリカ留学で習得したメディカルマッサージを武器にボディセラピーサロン経営する傍ら、旅の楽しさを伝えるツアー・イベントなどを開催。現在は、ゲストハウスプレス運営のほか、大阪を拠点にあたらしい旅の情報発信、事業プロデュース等を行っている。
≫ website|ゲストハウスプレス

【出演】
真野洋介(東京工業大学環境・社会理工学院建築学系准教授)
片岡八重子(株式会社ココロエ代表)
武田昌大(秋田〈シェアビレッジ〉)
加納亮介(富山〈ほんまちの家〉)
西村祐子(ゲストハウスプレス編集長)

【日時】

2017年6月28日(水)
20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Wed Jun 28, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,083 Followers