Event is FINISHED

パノラマトーク#04 地域の「唯一無二」、 どうやってつくるの?

Description

2020東京オリンピック。地域もこの機会に魅力を発進しようと、様々な試みを重ねています。地方のアンテナショップが散在する日本文化の発信基地、銀座。その中心で、コミュニティデザイナーの山崎亮さんと、文化人類学者の辻信一さんが、真の「ローカリゼーション」を語り合います。


<パノラマトークとは・・・>

「銀座から世界へ、つくる人と共につくろう!」をメインテーマにアート・音楽などの文化的分野から「表現を作る人」、哲学・社会貢献・テクノロジーのような「思想や技術をつくる人」、暮らし方・金融・食・健康などの「豊かな生活をつくるアイデアを持つ人」など多彩な「つくる人」をフューチャーして開催するトークショー。ゲストによっては「トークショー+α」でアートワークやパフォーマンス・ワークショップなどを開催していきます。

※1ドリンク付き。参加費は当日会場にてお支払いをお願いいたします。

※定員:110名 ※一部スタンディング席になります。※全席自由

※開場18:30 開演19:00 終了予定21:00となります。

※受付は18:30~19:00 となります。

※実施内容は変更になる可能性がございます。

※イベント中の写真撮影はご遠慮いただいております。

※当日撮影された写真は、事後サイトや告知で使用される場合がございます。予めご了承ください。



出演者プロフィール

山崎亮

studio-L代表。東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)。慶応義塾大学特別招聘教授。1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て、2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくり、市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。

著書に『ふるさとを元気にする仕事(ちくまプリマー新書)』、『コミュニティデザインの源流(太田出版)』、『縮充する日本(PHP新書)』、『地域ごはん日記(パイインターナショナル)』などがある。



辻信一

文化人類学者、明治学院大学国際学部教授。1999年にNGO「ナマケモノ倶楽部」を設立、以来、「スローライフ」、「100万人のキャンドルナイト」、「GNH(国民総幸福)」などの環境=文化運動を提唱。2014年、「ゆっくり小学校」を開校。著書に『スロー・イズ・ビューティフル』『弱虫でいいんだよ』など多数、映像作品にDVDシリーズ「アジアの叡智」(現在6巻)がある。本年111112日には「しあわせの経済」世界フォーラム~ローカル・イズ・ビューティフル」を東京で主宰する予定。

http://economics-of-happiness-japan.org/




◆common ginza(コモンギンザ)

http://ginzaplace.jp/commonginza/

カフェでゆっくり寛ぎながら、多彩なイベントや展示などを体感いただける、イベントスペースとカフェが融合したフロア「common ginza(コモンギンザ)」。

「共通」「共用」などの意味を持つ「common」という名称には、「銀座の街に行きかう人々が集い、つながり、交流することで、新しい何かが始まり発信される場所にしたい」との思いを込めています。 カラフルでフレッシュな旬のフルーツを使ったメニューを取り揃えたカフェ「RAMO FRUTAS CAFE」と、明日からのライフスタイルを豊かにするモノ・コトとの出会いをご提供するギャラリー「PANORAMA GALLERY」が融合した空間で、あなたらしい時間をお楽しみください。


Wed Jun 28, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
common ginza
Tickets
当日支払いチケット(1,000円) FULL
Venue Address
東京都中央区銀座五丁目8番1号 GINZA PLACE3階 Japan
Organizer
common ginza
1,131 Followers