Event is FINISHED

緊急告知ー産学連携事業 !! 前原小+学芸大(加藤研究室)+CA Tech Kids & Artecによる共同研究(第一弾)

Description

6年生理科
 ープログラミングで「人の体のつくりとはたらき」を学ぶ


①授業公開 :13:30-14:15
②研究協議会:14:30-16:30


 次期学習指導要領の総則に明記された、教科の特質に応じたプログラミング活動により、「子どもたちがコンピュータに意図した処理をおこなわせるために必要な論理的思考力を身に付け」、しかも教科の深い「学び」へ向かう意欲を育むという大変魅力的で極めてハードルの高い授業に、無謀にも?6年生の理科で挑もうと考えました。(笑)
 「人の体のつくりとはたらき」では、子どもたちは「人が呼吸し、食べ物を消化して活動するためのしくみや、関係する内臓等」について学びますが、今回はこの単元のまとめとして、心拍センサーを活用して改めて「体のつくり」について振り返る授業を行います。
 コンピュータ基板にArtec Studuinoを使用し、そこに心拍センサーを取り付け、パソコン(Scratch or Studuino)で脈拍を測るプログラミングをして、その意味を問い、追究することで体のつくりについての理解を深めようとするものです。

 次期学習指導要領においてプログラミング教育は必修化されましたが、その実施は各教科の特質に応じての実施とされたことから、各教科の授業における実践事例づくりが急務となっています。今回、前原小+学芸大(加藤研究室)+CA Tech Kids & Artecによる共同研究を進める中で、その具体をお示ししたいと考えました。

 是非、ご参会いただき日本のプログラミング授業の普及・啓発に忌憚ないご意見をお聞かせください。


⚫️ 研究体制

・小金井市立前原小学校(研究代表者:松田孝校長)

授業構想および計画の策定と実践を行います。

・国立大学法人東京学芸大学 加藤直樹研究室(研究代表者:加藤直樹准教授)

授業の計画、実践に関わる基礎研究(主にセンサーを活用したプログラミングの授業への取り入れ方等の検討)を行う他、研究室の大学院生が非常勤講師として前原小学校で1年間理科の授業を担当します。

・株式会社アーテック(研究代表者:藤原悦代表取締役社長)

実践で用いるコンピュータ基盤「Studuino」および各種機材を無償貸与する他、本実践で得られた結果を踏まえ全国の小学校で実施できるよう、汎用的な教材の開発を検討します。

・株式会社CA Tech Kids(研究代表者:上野朝大代表取締役社長)

 本研究全体のコーディネイトを行う他、本研究のプロセスおよび結果について広く教育関係者に周知し、小学校におけるプログラミング教育のさらなる普及推進を担当します。


*チケット申し込み&写真等撮影に関してのお願い

①授業公開&研究協議会、共に参加できる方の申し込みをお願いします。基本キャンセルは受け付けておりません。参加者も50名に限定していますので、様々ご予定があり調整が難しいことは承知しておりますが、確実に参加できる方の申し込みをお願いします。(最近、他イベント(2件)で申し込み多数で締め切られたにもかかわらず、当日参加してみると3〜4割の空席があることに驚きました。)

②写真等の撮影については、児童個人が特定できるような撮影は絶対にお辞めください。授業の様子や手元の作業などその場の雰囲気を伝える情報を個人等のメディアで発信することは構いませんが、個人情報に関わる取り扱いについては極めて慎重を期するよう対応をお願いします。(万が一の場合は、ご連絡させていただきます)また報道関係の方は事前にお申し出ください。

以上2点のお願いをいたしましたが、本公開が有意義なものとなるよう最大限の配慮をしたいと思います。趣旨をご理解いただき、参加いただきますよう重ねてお願い申し上げます。


Fri Jun 30, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
小金井市立前原小学校
Tickets
授業公開&研究協議会参加 FULL
Venue Address
日本, 〒184-0013 東京都小金井市前原町3丁目4−22 Japan
Organizer
未来の「学び」プロジェクト
742 Followers
Attendees
50