Event is FINISHED

石田瑞穂×暁方ミセイ×管啓次郎×萩野なつみ「連詩 見えない波α」スタート!記念

Description
2014年におこなわれた、ヨーロッパの5都市で東日本大震災を語り、作品朗読するプロジェクト「見えない波」。そのDNAを継ぐプロジェクトが、詩人の石田瑞穂、暁方ミセイ、管啓次郎、そして毎月ランダムに招かれたゲストによる「連詩」(共作詩)の姿で新生しました。

この「連詩 見えない波α」は、左右社ホームページ「WEB連載」コーナーにて毎週好評更新中!イベントでは、ゲストのひとり、詩人の萩野なつみさんを迎えて、いままさに進行中の連詩作品を生朗読。さらに、詩の共作の愉しみ方や創作秘話、そしてもちろん、東北や震災以後の世界への想いをトークします。

詩人たちからのお土産抽選会もあるかも??

好評発売中の『連詩 地形と気象』(左右社)につづく、新・連詩プロジェクト。そのライブ感あふれるイベントを、ぜひお楽しみに!

「連詩 見えない波α」
http://sayusha.com/webcontents/c16


【出演者プロフィール】
石田瑞穂(いしだ・みずほ)
詩人。最新詩集に『耳の笹舟』(思潮社、第54回藤村記念歴程賞受賞)。2017年6月には、空蓮房で初個展を開催。詩人のデジタルアーカイブ・プロジェクト、獨協大学「LUNCH POEMS@DOKKYO」ディレクターもつとめている。公式ホームページ「Mizuho’s Perch」。

暁方ミセイ(あけがた・みせい)
詩人。横浜の北部、田園と新興住宅地の狭間育ち。既刊詩集に『ウイルスちゃん』(思潮社、第17回中原中也賞受賞)、『ブルーサンダー』(思潮社)など。詩作の他に、エッセイの執筆や朗読活動も行っている。

管啓次郎(すが・けいじろう)
詩人、比較文学者。この数年はバルカン半島との縁が深い。エッセー集に『斜線の旅』(インスクリプト、第62回読売文学賞)、詩集に『Agend’Ars』4部作(左右社)、『数と夕方』など。

萩野なつみ(はぎの・なつみ)
詩を書いています。江ノ島のそばに住んでいます。2016年9月、第1詩集「遠葬」(思潮社)を刊行。詩誌「Aa」「ガーネット」同人。


【日時】
2016年5月27日(土)
15:00~17:00 (1:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink



Sat May 27, 2017
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,083 Followers