Event is FINISHED

質問づくり QFT/ハテナソン トレーニング・プログラム IN 京都(質問するカフェ スペシャルイベント)

Description
京都産業大学とアイデア創発コミュニティ推進機構の共催、京都市教育委員会の後援により、
アメリカ正問研究所(Right Question Institute)のダン・ロススタイン氏をお招きしてのスペシャルイベント
”「質問づくり(QFT)/ハテナソン」トレーニング・プログラム”を開催します。

質問づくり(QFT)は、
日本国内では2015年に出版された『たった一つを変えるだけ クラスも教師も自立する「質問づくり」』(新評論社)で
はじめて紹介された新しい教育手法です。

よく問うひとは、よく学ぶことができる
よく学べば、またよく問うことができる
わたしたち主催者は、
質問づくり(QFT)が初等教育から高等教育までのあらゆる教育の場で話題となっている「アクティブラーニング」や「主体的な学び」の取り組みに、さまざまな社会課題の発見や解決のための取り組みに、大いに役立つのではないか?と考えました。
そしてダン・ロススタイン氏らが指摘しているように「民主的な市民社会をつくっていく」ことにも。

この方法をより多くの人に知ってもらいたい、学んでもらいたい、
そして実践してもらいたい、さらにはそのような動きを共に創っていきたい!
という気持ちからこのイベントを企画するに至りました。

「ハテナソン」という用語は、
このような取り組みをうながす仕掛けとなることを期待して
「はてな?+マラソン」という意味で昨年(2016年)新しく作られた造語です(*)。
http://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/nls/sato-kenichi.html

*ハテナソンについては、以下のブログもご参照ください。
http://ha-te-na-thon.hatenablog.jp

このトレーニング・プログラムの目的は、
参加者が質問づくり・ハテナソンを実践できるようになることです。
参加者のみなさんが質問づくり(QFT)開発者であるダン・ロススタイン氏と生の接触をもつこと、参加者同士で相互作用がもたれることも、
このスペシャルイベントの重要な意義です。



留意事項

前日(3月15日)に同じ会場で行なわれるワークショップにも合わせてご参加いただくことを推奨いたします。(ダン・ロススタイン氏からのリクエストです)
・このトレーニング・プログラムに参加する人は「たった一つを変えるだけ」(新評論社)をご持参いただくことを推奨いたします。(こちらも、ダン・ロススタイン氏からのリクエストです)
・上記書籍を未購入の人には、トレーニング・プログラム当日会場での受付にて現金払い(割引設定あり)いただいた上で1冊をご提供することが可能です。
参加お申し込みの際に「図書購入を希望する」旨、ご記入いただくようお願いいたします。

なお、3月12日(日)と13日(月)に東京(2会場)においても同じイベントを1回ずつ開催します。
いずれもPeatixサイト内に詳しい情報を掲載しますので、ご参照ください。

>3月12日(日)(東京) ハテナソン ワークショップ IN 東京
>3月13日(月)(京都) ハテナソン トレーニング・プログラム IN 東京
>3月15日(水)(京都) ハテナソン ワークショップ IN 京都

受講対象者

・教育の場に従事されている方
・社会課題の発見や解決に従事されている方
・学びの場の創造に関心をお持ちである、あるいは活動されている方
・アクティブラーニングや主体的な学びに関心をお持ちの方
・質問することに興味や好奇心をお持ちの方
 などなど「質問づくりに興味・関心・好奇心をお持ちの方」に参加していただきたいです!

当日のスケジュール

トレーニングプログラムのスケジュールは以下のとおりです。

 10:00~11:00 質問づくりの概要を学ぶ(Art and Science)
 11:00~12:00 個人ワーク:質問づくりをプランニングする
 12:00~13:00 昼食休憩
 13:00~14:00 グループワーク:「質問の焦点」を設計する
 14:00~15:00 実践演習:質問づくりのファシリテーション
 15:00~16:00 振り返りと総括
 (注:これらは予告なく変更する場合があります)


講師

 ダン・ロススタイン *逐次通訳つき


ワークショップとトレーニングプログラムの違い

今回開催致しますワークショップとトレーニングプログラムは、
それぞれ以下のような違いがございます。
ご興味のある方へ是非ご参加ください。

・ワークショップで参加者は、学習者の視点で、質問づくりを概観し体験する。
・トレーニングプログラムで参加者は、教師やファシリテーターの視点で、質問
づくりの設計と実践法を学ぶ。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#230707 2017-03-06 04:46:41
More updates
Thu Mar 16, 2017
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
京都産業大学 むすびわざ館 3−A教室
Tickets
一般参加者 SOLD OUT ¥7,500
アイデア創発コミュニティ推進機構 会員 SOLD OUT ¥6,000
Venue Address
〒600-8533 京都市下京区中堂寺命婦町1-10 Japan
Organizer
質問するカフェ ハテナソン共創&交歓会
422 Followers