Event is FINISHED

質問する力 #4 弁護士の質問力

Description

はじめに

「もっと質問を有効に使えたら、仕事が上手く進むのではないか?」と感じるビジネスパーソン向けに「質問する力」ワークショップを開催します。

今回の(#4弁護士編)では、現役弁護士を招き、実際の訴訟で使われる質問力を紐解いていきます。普段ほとんど触れることのない、法廷での質問力をわかりやすい体験ワークを通じて学んでいきます。これにより、参加される皆さんが日頃の質問の使い方を捉えなおすきっかけを作っていきます。


▼こんな人に向いています

・知的生産の技術を磨きたい職業人
・自分の話にもっと説得力を持たせたいと思う人
・他人の話を鵜呑みにせずに理解し、議論に負けない技術を磨きたい人


▼こんな効果があります

・説得力のある主張をするコツがつかめます
・人の話の論理性を吟味して議論するコツがつかめます
・自分の質問力の磨き方がわかります


ワークショップの背景

このワークショップでは、「質問すること」が仕事の要である専門職の質問力を紐解いていきます。その中で、参加者の皆さんそれぞれの質問力を振り返り、磨きなおすきっかけを作って行きます。

初回の(導入編)では、コーチ・コンサル・弁護士の3つの異なる質問力の違い概要を体感的に理解することを目指しました。2回目の(コーチ編)では、相手の関心に関心を持ち、人に焦点を合わせて「聴く」ことを体感しました。3回目の(コンサル編)では、モノゴトの構造を把握し解を導き出す技術を学びました。

4回目となる今回は、「弁護士」の質問力を紐解いていきます。弁護士の質問はコーチやコンサルとは目的が異なります。弁護士の質問は法廷での議論を前提にしています。訴訟における事実をはっきりと認識し、相互の主張の論理展開を明確化させます。

法廷ドラマで見るような、「相手を打ち負かす為の質問力」というイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、こうした弁護士の質問力は法廷とは関係のない仕事や活動をしている私たちにとっても非常に参考になります。なぜなら、弁護士の質問力は「論理性」や「批判力」を学ぶ上でこれ以上ない題材だからです。

弁護士の質問力を紐解いていくことで、世の中の言説のかなり多くのものが、如何に論理性に乏しい、いい加減なものかということを感じるようになるでしょう。

このワークショップに参加することによって、参加者の皆さんは、より正確に人の話を把握し、自分の考えを伝えるようになるきっかけをつかんでいきます。



開催概要

タイトル 質問する力(#4 弁護士の質問力)
日時   2017年2月17日(金) 19時~21時半
場所  Kassette Omotesando
定員  10名
費用  5,500円



メインファシリテーター

千須和厚至
永沢総合法律事務所 弁護士
第一東京弁護士会所属
上智大学法学部国際関係法学課を卒業後、時事通信社に入社。現場記者時代から緻密な情報収集を旨とし、事件の真相報道を行ってきた。その後、早稲田大学法科大学院を経て司法試験に合格。永沢総合法律事務所入所後は、買収企業の法務デューデリジェンスや企業訴訟、その他民事訴訟を幅広く扱っている。2児の父。訴訟案件では激しい議論も辞さないが、家庭では良い父となる。


渡辺寧
株式会社かえる代表取締役
慶応義塾大学文学部/政策・メディア研究科卒業後、ソニー株式会社に入社。7年に渡りマーケティングに従事。約3年の英国赴任を経てボストン・コンサルティング・グループに入社。メーカー、公共サービス、金融など、幅広い業界のプロジェクトに4年間従事。
2014年に独立。組織を「変える」、組織の中で新しいアイデアの卵が「孵る」支援を行う株式会社かえるで活動。プライベートではアシュタンガヨガに取り組み、ヨガインストラクターでもある。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#220419 2017-01-22 01:12:29
Fri Feb 17, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Kassette Omotesando(表参道駅徒歩1分)
Tickets
参加 SOLD OUT ¥5,500
Venue Address
東京都港区北青山3-5-23 NOI表参道2F Japan
Directions
表参道駅A3出口を出て、交番手前の左手路地を入り10m進む。吉川質屋看板の隣のビルの2階
Organizer
質問する力
328 Followers