Event is FINISHED

2018年介護保険法改正ポイント最新解説と環境変化を追い風に変える“勝ち組” “新時代型”介護経営戦略

Description

ついに介護保険法の改正が明らかになりました!


要介護度1,2の総合事業への移管やケアプランの有料化は延期になりほっとする反面、アウトカム評価や自立支援型介護など介護事業所の取り組みはさらに求められていきます。


そこで、医療・介護特化型コンサルタントとして様々なノウハウを開発・発信している原田匡先生をお招きして、これからの介護経営戦略についてご講演いただきます。


介護保険改正について準備をされていない方、迷っていらっしゃる方は必聴です。


第一部:激震!2018年介護保険法改正ポイント最新解説


・「保険者機能の変化」が巻き起こす介護事業者への影響とは?

・多くの事業者が勘違いしている!?介護ロボット・ICTに対する捉え方と可能性

・今後、追い風が吹くサービス、逆風が吹くサービスは?  ~国のメッセージをあらためて読み解く~
・その他、次期法改正のポイントや国策の動きについて分かりやすく解説


第二部:“勝ち組”“新時代型”介護経営戦略


・これからの介護経営に求められる 大きな“発想転換”と心構え

・総合事業に対する捉え方と対応方法(具体例を交えながら)

・地域の中の“ビジネスチャンス”をどう見出すか?

・「自社は資本力が弱い」と感じている経営者が取るべき戦略

・その他、先進介護事業者や他業界の事例から次代の成功のポイントについて分かりやすく解説


【講師のご紹介】



原田 匡:1970 年生まれ。京都大学法学部卒業。

医療・介護特化型コンサルタントとして様々なノウハウを開発・発信している。

介護特化を目指す税理士・会計士の全国ネットワーク組織「介護事業経営研究会 (C-MAS)」の全国顧問を務めると同時に、同じく、介護特化志す社会保険労務士・中小企業診断士の全国ネットワーク組織の代表も務める。社会保険労務士・税理士・会計士・中小企業診断士・地域金融機関・各種団体と連携しながらの介護経営者向けセミナー・研修回数は全国で年間150 回を超え、年間延べ6,000 社を超す介護事業者と触れ合い、実体験に基づいた経営支援活動を行っている。

著書としては「介護元気化プロジェクト(エル書房)」「介護事業所の経営の極意と労務管理・労基署対策・助成金活用(日本法令)」、執筆雑誌としては「デイと運営と経営(QOL サービス)」「シニアビジネスマーケット」等がある。


【主催者情報】


1973年東京都生まれ。介護福祉経営士・税理士。特別養護老人ホームで事務長として働いていた時に相続ならぬ「争族」を目の当たりにし、なんとかしたいとの思いから税理士を目指す。現在は老人ホーム事務長時代の経験や日頃の介護勉強会等で得た情報を活用して、介護施設の経営支援を行う。Yahoo!ニュース等で情報を発信中。

Tue Jan 24, 2017
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
文京シビックホール 響きの森文京公会堂 会議室1
Tickets
一般 SOLD OUT ¥3,000
文京中央支部C-MAS会会員(コード入力で2,000円となります) SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都文京区春日1-16-21 Japan
Organizer
介護事業所サポート特化の藤尾税理士事務所
193 Followers