Event is FINISHED

【入場無料】~マラウィの子供たちに給食を~由佐泰子の 仙台から世界への道のり- INTILAQ ハウスレクチャーシリーズVol.16

Description

仙台で育った由佐泰子氏がどうやって海外の様々な国で教育・貧困・食料問題対策と幅広いキャリアを築いたのか?


・詳細

青年海外協力隊でベネズエラへ、UNICEF(国際連合児童基金)でスーダンへ、そしてWFP(国連世界食糧計画)でペルー・マラウィへと様々な国・様々な組織で活躍する由佐泰子(ゆさ たいこ) 氏。仙台出身という事もあり、東日本大震災時の経験を機に緊急支援の分野にも活動の幅を広げ、特に近年では食糧安全保障や災害準備等の分野で活躍されています。

今回のハウスレクチャーではどのように海外でキャリアを築いたのか、様々な地域で培って来られた経験や、活動の中で直面した困難、またそれをいかに乗り越え、次の挑戦へのモチベーションを維持して来たのか等、参加者の皆様のアントレプレナーシップ・チャレンジ精神を刺激するお話を聞かせていただきます!


・日時

3/22(水)19:00~21:30


・当日スケジュール

18:30      開場

19:00 ~ 20:00 第1部:基調講演

20:00 ~ 20:50 第2部:会場からの Q&A

20:50 ~ 21:30 第3部:名刺交換会兼ねた交流会(ソフトドリンクのみ)


・会場

INTILAQ東北イノベーションセンター

(仙台市若林区卸町2-9-1)

会場までの道のりはこちら

http://intilaq.jp/access/


・由佐泰子氏プロフィール

仙台市出身。宮城学院高等学校・青山学院大学経済学部卒。日本貿易振興機構アジア経済研究所開発スクール修了後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校教育・情報学大学院で修士号を取得。

WFPマラウィ事務所でプログラム・ポリシー・オフィサー。

宮城学院高等学校の教師を経て、青年海外協力隊(ベネズエラ)・WFP(ペルー)・UNICEF (スーダン)と、世界の様々な地域で勤務。東日本大震災時にはセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンで災害緊急支援分野に従事するなど国内外問わず活躍している。

現在はアフリカWFP マラウイ国事務所にて学校給食プログラムの運営に従事。



主催:INTILAQ東北イノベーションセンター(http://intilaq.jp/

後援:仙台市


お問合せ先

mail: reception@intilaq.jp

電話:022-357-0543

Wed Mar 22, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
INTILAQ東北イノベーションセンター
Tickets
参加無料 FULL
Venue Address
宮城県仙台市若林区卸町2-9-1 Japan
Directions
地下鉄東西線卸町駅徒歩5分
Organizer
IMPACT Foundation Japan
973 Followers