Event is FINISHED

「学びの個別最適化」を考える1日 〜産学官民で語り合う教育DX〜

Description

◆ 概要 ◆
 GIGAスクール構想を皮切りに、教育のDX(デジタル・トランスフォーメーション)に対する取り組みが各自治体で進んで参ります。その中で、学習(スタディ)ログ、教育データ活用、LMSといった言葉が飛び交い始めました。その先にある「学びの個別最適化」とは一体何か。これまでの教育とは何が異なりどのような効果があるのか、そして現代の技術(デジタルテクノロジー)でその実現は可能なのか、限界はどこか。産学官民の多様な視点から議論し、教育DX実現の未来への道筋を探ります。各セッションの幕間には参加の皆様の意見を取りまとめ、その内容を次の議論に向けて展開していく等、インタラクティブなセッションにしていきます。


【日時】 2021年6月19日(土)14:00-21:00

【配信方法】セッション:Youtube Live
      参加者インタビュー:Zoom
      ※前日までに、視聴用URLをご連絡致します。

【参加費】 無料 
      ※本イベントは無料(要申し込み)となります
      ※メディア関係者の方は、メディアパスでのお申し込みをお願い致します。
 
【事前準備】こちらの資料を事前にご覧頂くと、セッションや参加者インタビューにより有意義にご参加いただけます。
      「未来の教室」とEdTech研究会-第2次提言
       「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~(答申)(中教審第228号) 【令和3年4月22日更新】
       教育データの利活用に関する有識者会議 論点整理(中間まとめ)


◆タイムテーブル◆ 印刷用のタイムテーブルはこちら
14:00~14:20 [T0−01]ご挨拶・開催趣旨(Youtube Live)
佐藤昌宏(一般社団法人教育イノベーション協議会 代表理事)
森田朗(次世代基盤政策研究所(NFI)代表理事)


14:20~15:05 [T1−01]個別最適な学びと協働的な学び(Youtube Live)
板倉寛(文部科学省 初等中等教育局企画官)


15:05~15:50 [T1−02]教育データ利活用(Youtube Live)
桐生崇(文部科学省 教育DX推進室長)


15:50~16:35 [T1−03]GIGAスクールと教育評価(Youtube Live)
福本徹(国立教育政策研究所 総括研究官)


16:35~16:50 参加者インタビュー(Zoom)
河合琢也(教育アドバイザー)
◎野本竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)
イベント参加者の声を広く伺わせていただき、取りまとめます。


16:50~17:00 参加者インタビューのまとめ(Youtube Live)
佐藤昌宏(一般社団法人教育イノベーション協議会 代表理事)
◎河合琢也(教育アドバイザー)
◎野本竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)


17:00~17:45 [T2-01]社会のDXと教育(Youtube Live)
吉田 宏平(内閣官房IT総合戦略室 参事官)
高谷浩樹(内閣官房 IT総合戦略室 デジタル改革関連法案準備委員)


17:45~18:30 [T2-02]デジタルテクノロジーの限界と可能性(Youtube Live)
橋田 浩一(東京大学 大学院情報理工学系研究科・教授)
開 一夫(東京大学・教授)


18:30~19:15 [T2-03]未来の教室における個別最適化(Youtube Live)
浅野大介(経済産業省 サービス政策課長(兼)教育産業室長)


19:15~19:30 参加者インタビュー(Zoom)
河合琢也(教育アドバイザー)
野本竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)
イベント参加者の声を広く伺わせていただき、取りまとめます。


19:30~19:40 参加者インタビューのまとめ(Youtube Live)
佐藤昌宏(一般社団法人教育イノベーション協議会 代表理事)
河合琢也(教育アドバイザー)
野本竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)


19:40~20:40 [T3-01]パネルディスカッション(Youtube Live)
板倉寛(文部科学省 初等中等教育局企画官)
高谷浩樹(内閣官房IT総合戦略室 デジタル改革関連法案準備委員)
福本徹(国立教育政策研究所 総括研究官)
橋田 浩一(東京大学 大学院情報理工学系研究科・教授)
浅野大介(経済産業省 サービス政策課長(兼)教育産業室長)


20:40~21:00 [T3-02]ラップアップ(Youtube Live)
佐藤昌宏(一般社団法人教育イノベーション協議会 代表理事)
森田朗(次世代基盤政策研究所(NFI)代表理事)




【登壇者紹介(敬称略)】

◆佐藤昌宏
デジタルハリウッド大学大学院 教授
一般社団法人教育イノベーション協議会 代表理事

92年NTT入社。99年無料ISPライブドアの立上げに参画。02年デジタルハリウッド株式会社執行役員に就任。日本初の株式会社立大学院の設置メンバーの1人として学校設立を経験。04年E-ラーニングシステム開発事業を行う株式会社グローナビを立上げ代表取締役に就任。09年同大学院事務局長や産学官連携センター長を経て、2017年には一般社団法人教育イノベーション協議会を設立、代表理事に就任。現在は専任教授として学生指導を行う。また、内閣官房教育再生実行会議技術革新WG委員、経産省未来の教室とEdTech研究会座長代理など教育改革に関する国の委員や数多くの起業家のアドバイザーなどを務める。著書に「EdTechが変える教育の未来」(インプレス)がある。

◆森田 朗
一般社団法人次世代基盤政策研究所(NFI)代表理事、東京大学名誉教授

1976年東京大学法学部卒業、同大学院法学政治学研究科教授、同公共政策大学院院長、国立社会保障・人口問題研究所所長、津田塾大学総合政策学部教授、研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)センター長(非常勤)などを歴任。財務省関税・外国為替等審議会会長代理、総務省政策評価審議会会長代理、厚生労働省中央社会保険医療協議会(中医協)元会長。
著書に『会議の政治学・Ⅱ・Ⅲ』慈学社出版2006、14、16、『制度設計の行政学』慈学社出版2007、『新版・現代の行政』第一法規出版、2017他。2020年に、データを活用した政策形成を図る手法を研究するNFI(Next Generation Fundamental Policy Research Institute、次世代基盤政策研究所)の代表理事に就任した。


◆板倉寛
文部科学省 初等中等教育局企画官

島根県教育委員会総務課長など島根県で3年間勤務、在英国日本国大使館参事官などロンドンで3年7ヶ月勤務、学習指導要領を担当する教育課程企画室長等を経て、現職。現在、学びの先端技術活用推進室長、GIGA StuDX推進チームリーダー、国際企画調整室長を併任。



◆桐生 崇
文部科学省 教育DX推進室長

文部科学省において教育関係法令の制度新設や改正などを担当。内閣府PKO本部、大分県教育委員会、パリのOECD日本政府代表部等の勤務も経験。2019年より文科省初中局で先端技術活用、教育データを担当し、教育データ標準やMEXCBTなどのプロジェクトを手がける。2021年4月より現職。



◆福本徹
国立教育政策研究所 総括研究官

国立教育政策研究所総括研究官、および、(独)国立特別支援教育総合研究所研究協力者。専門分野は、情報教育、教育課程、カリキュラム開発、特別支援教育(病弱、知的障害など)。国立教育政策研究所では、資質・能力育成に関するプロジェクト研究に参画。 (独)国立特別支援教育総合研究所では、知的障害教育におけるアクティブ・ラーニング・教育課程編成やICT活用、病弱教育におけるICT活用に関する研究に参画。福岡教育大学附属福岡小学校、山口大学教育学部附属山口小学校、福井大学教育学部附属義務教育学校、町田市立第五小学校、千葉県立流山高等学園など研究開発学校の運営指導委員を務める。



◆吉田宏平
内閣官房IT総合戦略室 参事官

1994年郵政省入省、携帯電話の新規事業者参入や番号ポータビリティなど情報通信行政を中心に従事したのち、2013−15年株式会社電通に出向。その後総務省において医療デジタル化、テレワーク導入促進、ケーブルテレビ等地域メディア担当を経て2018年より現職。昨年のコロナ対策以降政府のデジタル政策の強化が急務となり、その司令塔となるデジタル庁の本年9月1日設立に向けた準備に参画中。



◆髙谷浩樹
内閣官房 IT総合戦略室 デジタル改革関連法案準備委員

エネルギー工学専攻後、平成6年に当時の科学技術庁入庁。同庁や省庁再編後の文部科学省では研究行政を主なフィールドとして担当。平成30年より2年間、初等中等教育局情報教育・外国語教育課長としてGIGAスクール構想の立ち上げに参画。令和2年8月より理化学研究所に勤務するとともに、10月より内閣官房でデジタル改革の検討にも参加。



◆橋田浩一
東京大学 大学院情報理工学系研究科・教授

電総研とICOTと産総研を経て現在は東京大学と理化学研究所でデータの分散管理とAIの研究に従事。ベンチャー企業3社のファウンダーであり、最近ますます研究成果の社会実装に傾倒中。



◆開一夫
東京大学・教授

「学び」とは?「個別」とは?「最適」とは?発達認知科学的立場とテクノロジーの立場から考えている。博士(工学、慶應義塾大学大学院計算機科学専攻)。電子技術総合研究所を経て現職。監修した赤ちゃん学絵本(「もいもい」、「ウルシー」、「モイモイとキーリー」)は、日本語だけでなく、中国語、英語、ベトナム語に翻訳されている。




◆浅野大介
経済産業省 サービス政策課長(兼)教育産業室長

2001年入省。資源エネルギー(石油・ガス)、流通・物流・危機管理、知的財産管理、地域経済産業、マクロ経済分析等の業務を経て、2015年6月より資源エネルギー庁資源・燃料部政策課長補佐(部内総括)、2016年7月より商務流通保安グループ参事官補佐(大臣官房政策企画委員)として部局再編を担当し、教育サービス産業室(現:教育産業室)を立ち上げ。2017年7月より大臣官房政策審議室企画官、10月より教育産業室長を兼務。2018年7月よりサービス政策課長に着任。教育産業室長は引き続き兼務。


【参加者インタビュー ファシリテーター】
◆河合 琢也(教育アドバイザー)
◆野本 竜哉(一般社団法人iOSコンソーシアム 代表理事)


【共催】  
・一般社団法人 教育イノベーション協議会
・一般社団法人 次世代基盤政策研究所(NFI)

【協力 】
・一般社団法人 ICT CONNECT 21
・一般社団法人 教育情報化推進機構

【使用ツール】
・イベントの配信は、Youtube Liveを予定しておりますが、平行して、参加者インタビューのためのZoom Roomを立ち上げます。
・※Zoomについての説明を、ページ下部に記載しています。参加者インタビューに参加される方は、各自ご準備下さい。

【推奨環境】
・WiFi環境
・PCやスマートフォンの電源を確保できる場所
※意見交換会場に参加される方のみ
・2台の端末(YouTube LIVE視聴用と、Zoom参加用)

【Zoomについて】
「Zoom」は、PC・スマートフォンからオンライン会議に参加することができる無料アプリケーションです。
事前に、PCやスマートフォンへのインストールをお願い致します。
インストール方法: Zoomヘルプセンター https://bit.ly/3cjn5Hz
(「Zoom」インストールの所要時間は5分程度かかります。)

  2台の端末をご用意いただくと安心です。


◆ 注意事項 ◆
「学びの個別最適化」を考える一日「学びの個別最適化」を考える1日 〜産学官民で語る教育DX〜(以下、本イベント)は以下の場合、当団体の判断により本イベントへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由などについては、ご回答いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
・法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められる場合
・「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成4年3月1日施行)による暴力団およびその構成員ならびにその関係者、その他の反社会勢力であると認められる場合
・合理的な範囲を超える負担を求められた場合
・他の参加者に著しく迷惑を及ぼすおそれがあるとき、及び、参加者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき
・講演者ならびに講演者の所属先に帰属する情報を当事者ないし主催者の許可なく撮影、録音する行為をした場合。
・イベント参加者または関係者の個人が特定できる画像や映像を当事者の許諾なく、公の場で掲出したり、他人と共有したりする行為をした場合。
・イベント主催者もしくは会場側の利用規則に反する行為をした場合。
・注意事項に同意頂けない場合

『コンテンツについて』
・セッション開催時間は目安で、状況により変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。
・掲載日程は催行を保証するものではございません。
・スピーカー、企画内容は変更になる場合がございます。

『その他』
・本イベントは、開催期間中、参加登録者ご本人のみの参加となります。参加登録者ご本人以外による代理参加はお断りしています。
・関連するサービスの定期的または緊急な保守または更新を行う場合があります。





Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1043868 2021-06-17 00:38:57
More updates
Sat Jun 19, 2021
2:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
視聴パス FULL
視聴+参加者インタビューパス FULL
メディアパス FULL
Organizer
一般社団法人教育イノベーション協議会
993 Followers
Attendees
574

[PR] Recommended information