考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロンonlineワークショップ

Description

考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロンonlineワークショップ

文化財論文ナビ×博物館・図書館連携で拡げるオープンな文化財情報


日 時
:2021年7月18日 13:00~17:30
会 場:オンライン開催(Zoomを使用します)

主 催:考古形態測定学研究会

参加資格等:とくにありません。このテーマに関心のあるあらゆる方のご参加を歓迎いたします。

 ※オンライン開催です。Zoomをご準備いただき、通信料金等は参加者各自でご負担ください。

定 員:450名 ※参加用Zoomリンクは申し込みをいただいた方にのみお知らせいたします。事前申し込みをいただいていない方はご参加いただけません。当日、参加申し込み者リストにもとづき、Zoom上での参加承認をいたします

参加費:300円 ※事務局経費に充てさせていただきます

趣旨説明:考古学・文献史・建築史・美術史に関連する文献その他の情報の蓄積はますます大きくなっていますが、地方自治体や小規模施設・組織を中心に、所在確認・検索・利用が困難なまま、事実上、死蔵されていることが少なくありません。そのような中、奈良文化財研究所がホストする「全国遺跡報告総覧」*に文化財論文ナビ*が実装されました。CiNiiの選別登載ポリシーから漏れてしまう市町村立博物館等刊行物や地方の研究会・同人組織の刊行物も含めた広範な文化財関係文献情報のプラットフォームとしての展開が期待されます。
 本ワークショップでは「全国遺跡報告総覧」と文化財論文ナビの現状と利用方法、今後の展望を知るとともに、市町村立博物館、地方史研究、学校教育、図書館など密接に関連する分野*の実務専門家とともに、文化財オープンデータ・オープンサイエンスの可能性を議論します。

※全国遺跡報告総覧とは:「全国遺跡報告総覧」は、埋蔵文化財の発掘調査報告書を全文電子化して、インターネット上で検索・閲覧できるようにした“報告書のインデックス”です。「総覧」は、全国遺跡資料リポジトリ・プロジェクトによって構築された遺跡資料リポジトリ・システムとコンテンツを国立文化財機構 奈良文化財研究所が引き継ぎ、運用しているものです。
 貴重な学術資料でありながら、流通範囲が限られ一般に利用しづらい報告書をインターネット上で公開することで、必要とする人が誰でも手軽に調査・研究や教育に利用できる環境の構築を目指しています。(全国遺跡報告総覧トップページより)

※文化財論文ナビとは:これまで国立国会図書館雑誌記事索引CiNii Articles学術情報検索の対象外だった発掘調査報告書所収の論考や、市町村博物館や埋蔵文化財センターの刊行物についても文化財の調査研究に資するものとして全国遺跡報告総覧において論文・記事単位での登録を行ない、DOIの付与などにより検索できるようにしました。登録情報はIRDBを経由してCiNiiBooksCiNiiArticlesでも検索可能になるため、これまで学術情報として検索しづらく埋没してしまっていた地方史資料などを効果的に利用できるようになることが期待されます。(なぶんけんブログ「文化財論文ナビの公開 -全国の博物館・埋文センターの論文情報にアクセスしやすくする-」

※関連分野との連携:全国遺跡報告総覧・文化財論文ナビでは、登録対象を広く文化財関係情報としたことで、考古学・埋蔵文化財にとどまらない、各種有形文化財、歴史史料等、地域の歴史や文化を知る・理解する上で重要な資料のアーカイブとなることが期待されます。

  • 博物館:博物館刊行物を無償で公開できます。類似刊行物の自動表示機能で、全国から閲覧されやすくなります。展示等のイベントも登録できるためリアルな事業への波及も見込めます。博物館の基本機能である調査研究・教育普及について、機能強化できるヒントがあるかもしれません。
  • 図書館:いわゆる灰色文献に関する情報が多数登録されています。PDFが登録・公開されている資料では、レファレンスに活用できます。国会図書館サーチやCiNii Articlesにも連携しているため、書誌情報にそれぞれの書誌コードがあるため、利用者は所蔵館へのアクセスも可能です。また知の拠点としての新たな図書館機能の役割を考えるきっかけがあるかもしれません。
  • 学校教育:Gigaスクールによりインターネット接続端末が個別配布されつつある学校教育現場においても、子どもたちが自ら一次資料を検索・利用することが可能になります。地域学習にも有効です。そうしたオープンな文化財情報利活用のハブとしての全国遺跡報告総覧・文化財論文ナビの有効な利用方法についても提示します。
  • 文化財担当者:文化財専門家は多くの報告書や紀要類を刊行しています。既にインターネット公開している機関も多数あります。さらに活用効果を高めるため文化財部局だけではなく関連機関と連携することで、より効果的な事業となるかもしれません。

登壇者野口 淳(考古形態測定学研究会・奈良文化財研究所客員研究員)
    阿児雄之(東京国立博物館)
    高田祐一(奈良文化財研究所)
    持田 誠(浦幌町立博物館)
    宮澤優子(高森町子ども読書支援センター)
    福島幸宏(慶應義塾大学文学部)
    佐藤 悠(大阪市立図書館)

プログラム

  • 13:00~13:10 趣旨説明(野口)
  • 13:10~13:40 解説:「全国遺跡報告総覧」と文化財論文ナビ(高田)
  • 13:40~14:00 ハンズオン:全国遺跡報告総覧・文化財論文ナビをさわってみる
  • 14:00~14:10 (休憩)
  • 14:10~15:40 クロス(ファイア)トーク ※1テーマ約30分、ファシリテーター(阿児)
  • 市町村立博物館刊行物問題      持田×高田
  • 地域史料と学校図書館         宮澤×福島
  • 歴史・考古学研究ソースのオープン化 佐藤×野口
  • 15:40~16:00 (休憩)
  • 16:00~17:20 徹底討論:文化財情報のオープン化、何をめざすのか、何をするのか ※ファシリテーター(阿児)
  • 17:20~17:30 まとめ(福島)

内 容

  • 解説・ハンズオン:「全国遺跡報告総覧」と文化財論文ナビについて、検索・利用方法だけでなく、登録公開の仕組みまで解説し、また具体的な利用手順をハンズオン形式で体験します
  • クロストーク:隣接するけれど直接の交流や議論が少ない各分野の専門家が、共通する・連携するテーマについて直球で意見交換し、文化財論文ナビの利活用の可能性を議論します
  • 徹底討論:クロストークで提起され・発見された論点について登壇者全員でさらに深掘りし、文化財情報のオープン化の目標・到達点を明確にします。事前に寄せられた意見等も適宜取り上げながら今後の具体的取り組みについても論じます
※考古学・文化財のためのデータサイエンス・サロンonlineについて
 本サロンは、2019年度、3D計測、VR、計測機器、解析図化などについて実践的な取り組みにつながるテーマを取り上げてきました。しかしながら新型コロナウイルス感染症の流行によって、会場に集まっての議論やデモが難しい状況となってしまったため、2020年3月に予定していた第7回は中止とせざるを得ず、その後の開催も困難となってしまいました。
 そこでオンライン開催に形態をかえて、あらたなスタートを切ることといたします。今後は、特定のテーマ・トピックに関する情報・意見交換の場と、技能・操作経験を共有するためのチュートリアル/ハンズオンの2本立てとして展開していく予定です。
 引き続きよろしくお願いいたします。
Sun Jul 18, 2021
1:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加 ¥300

On sale until Jul 18, 2021, 10:00:00 AM

Organizer
考古形態測定学研究会
599 Followers

[PR] Recommended information