Event is FINISHED

二酸化炭素濃度計の購入を検討されている方必見! まん延防止等重点措置で義務化された二酸化炭素濃度計の選び方と換気の方法

Description

CO2センサー(二酸化炭素濃度計)の購入を検討されている方必見!

まん延防止等重点措置で義務化された二酸化炭素濃度計の選び方と換気の方法

新型コロナウイルスの感染者数の再拡大し始め、大阪府、兵庫県、宮城県、東京都、京都府、沖縄県とまん延防止等重点措置(まん防)が発令されました。
それに伴い換気の基準に役立てることができる二酸化炭素濃度計の設置が義務化されました。

今まで馴染みのなかったCO2センサー(二酸化炭素濃度計)。ECサイトでも5000円から数万円するものまであり、何が違うのかどれを選べばよいのかわからないものです。

cynapsでは、CO2センサーの購入を検討している方にCO2センサーの選び方とCO2センサーを使った換気の方法を知ってもらい、CO2センサー購入の参考にしていただくことを目的に本セミナーを企画しました。

----------------------------------------

▼このセミナーで得られること

  • なぜ感染症対策に換気が必要なのかがわかる
  • 換気対策になぜCO2センサーが必要なのかがわかる
  • CO2センサーにはどんな種類があるのかどういう仕組で測定されているかがわかる
  • 感染症対策に最適なCO2センサーがわかる
  • 自分の業種にあったCO2センサーを購入できる
▼こんな方におすすめです!
  • CO2センサーの購入を義務化された飲食店経営者さま
  • きちんと対策をして集客・売上増を実現したい事業者さま
  • 働く環境の安全性や安心を高めたい中小企業担当者さま
----------------------------------------

「CO2センサーの選び方と換気の方法セミナー」概要
開催日時:2021年5月12日(水)15:00~16:00
開催方法:Zoomウェビナーにて実施
参加費用:無料
申込方法:申込ページよりお申込みください
対象者 :中小企業、事業者の担当者様、飲食店オーナー様

ご紹介内容:
  1. CO2センサーの原理と種類について
  2. 業種別の最適なCO2センサーの選び方
  3. CO2センサーを用いた換気方法

----------------------------------------

講師紹介


cynaps株式会社 代表取締役
岩屋 雄介(かんきしゃちょー@換気エバンジェリスト)
Twitter:@kankisyacho

<経歴>
工学院大学 電気電子情報工学科卒業後、フィールドアプリケーションエンジニアとして電機系メーカーに就職。その後ベンチャー企業に転職してIoTなどの新規事業立ち上げに従事する。2017年にデジタルマーケティング企業のアイリッジに入社し、大手企業のアプリのコンサルティングを複数社担当したのち、新規事業としてノーコードでAmazaon Alexa向けアプリが作れるツール「NOID」を起案。2018年に国内初のサービスとしてローンチし、事業の責任者を務める。コロナ禍を受け一念発起し、2020年3月に換気アラートシステム「hazaview」などを提供するIoTスタートアップ・cynapsを設立。換気エバンジェリストとして換気方法の研究を行うほか、各社のCO2計測器の検証なども行っている。


国内初・「密」リスクと熱中症を定量計測し、警告と対策を表示する「hazaview」について

cynapsの換気アラートシステム「hazaview」は、CO2濃度・温度・湿度の複合センサーを搭載した、感染症と熱中症のリスク低減IoTソリューションです。産業用の高性能センサーにより室内の状況を正確に計測し、厚生労働省が定める基準値をもとにリスクを判断して、スマートフォンやサイネージなどのデバイス上に警告や対策を表示します。CO2濃度から密閉・密集状況を判断し新型コロナウイルスなどの感染症対策を促すだけでなく、温度・湿度から熱中症対策もできる点が国内初となっています。昨年8月より保育園や病院、自治体、博物館、企業オフィス等さまざまな環境での実証実験実施後、10月に商用化し、企業や飲食店等での導入が進んでいます。
https://hazaview.com/
Wed May 12, 2021
3:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Organizer
cynaps株式会社
1 Follower

[PR] Recommended information