Event is FINISHED

中国ゲーム関連企業向け、日本ゲーム市場と商習慣説明ウェビナー 日本企業へのアプローチのコツ

Description
中文页面
http://hdxu.cn/fP9e8

日本ゲーム企業にビジネスの提案をしたい、ミーティングのアポイントを取りたい、と思っても、なかなかうまく行かないという中国ゲーム企業の担当者は多いのではないでしょうか。

日本の企業は個人事業者から大企業まで、知らないところからいきなりメールが来てもほとんど返信しません。

え!?何故?
せっかく有益なビジネス提案をしたのに!

と思うかもしれませんが、日本は独特の商習慣があり、ゲーム業界も同様です。
日本の有力なゲーム事業者と新たに取引を始めるには、日本風の準備と工夫が必要です。

このウェビナーでは、日本ゲーム市場の最新情報と、日本独自の商習慣について、日本ゲームメディア担当者が中国企業向けに解説します。

■イベント概要
開催日時:
2021年5月6日(木)
16時~17時(CST)※日本時間17時~18時

開催場所:
オンライン(Zoom)
※URLはメール等でご連絡します。また、チケット申し込み後peatixにログインした状態で本イベントページの参加ボタンからも視聴可能です。

参加費:
無料


■講演項目
日本ゲーム市場のトレンドについて
・モバイルゲーム市場
・コンシューマ&PCゲーム市場
・eスポーツ市場

日本企業の商習慣
・最初のアプローチ
・ゲーム業界の習慣
・日本人が重視していること
・協業時の注意
・日本の消費税

※講演項目は現時点で予定しているもので、今後調整される可能性があります。


■登壇者
株式会社SQOOL
代表取締役
加藤賢治

2013年よりゲーム情報サイト「SQOOL.NET(https://sqool.net/)」を運営。
攻略やレビューなど多様な記事の制作を通して、国内外の数千のアプリゲームをプレイしてきた経験を持つ。
中国、台湾、オランダ、フィンランド、ベトナムなどの国で、ゲームベントやゲーム開発者への取材経験から得た知見を生かして、日本アプリゲームの海外展開のサポートも実施。最近は特に中国への展開サポートを多く手がけている。


QooApp Limited
プラットフォーム & パブリッシング事業責任者
仲 建豪(ちゅう けんごう)

日本、台湾のゲーム業界で10年以上のパブリッシング経験を持つ。台湾ゲーム会社で繁体字圏向けパブリッシング業務、及び日本上場ゲーム会社でゲームの海外パブリッシングを経験。
現在QooAppゲームプラットフォーム(https://apps.qoo-app.com/)のグローバル運営とゲームパブリッシング、二次元に関わる様々な提携業務や、日本支社の日本ゲーム企業の海外進出サポート業務の統括責任者。


■関連URL
SQOOL
https://sqool.co.jp/

QooApp
https://corp.qoo-app.com/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#998466 2021-05-05 11:52:55

[PR] Recommended information