Ticket is not available

Event is FINISHED

「うちばやしゼミ」〜実践を通じて写真家たちの表現と文脈を学ぶ〜

Description
本講座は写真表現における重要なキーワードを身につける為のワークショップです。そして、自分の作品がどの「写真の文脈の下」にあるのかを知る機会になる オンライン講座となります。

 講師には、写真史家、写真評論家として活躍中の打林俊先生をお迎えして、座学としての写真史の講座だけでは理解しにくい「写真の文脈」をわかりやすく解説していただき、撮影の宿題を通して「知識」だけでなく「体験」として学びます。

こんなひとにオススメ
・写真表現を噛み砕いて教えて欲しい方
・趣味の作品から作家活動をこれからしたいと考えてる方
・最近マンネリだなと思っている方
・実際に写真史の本を買ったけど、読んでもわからなかった方
・写真史と作家の作品を知らないけど、実は興味がある方


開催概要
*1テーマにつき、座学1コマと宿題写真講評1コマの2回講座
*座学(第1金曜日)20:00〜21:30
*宿題講評&ディスクカッション(第4金曜日)20:00〜22:00
*欠席者にはzoom 録画にて後日視聴ができます(一定期間限定)

5月14日(金)講義:タイポロジーについて 
5月28日(金)宿題講評&ディスカッション

6月4日(金)講義:シミュレーショニズム(アプロプリエーション) 
6月25日(金)宿題講評&ディスカッション

7月2日(金)講義:provoke ( 森山大道、中平卓馬、高梨豊)
7月30日(金)宿題講評&ディスカッション

8月 6日(金)講義:ピクトリアリズム
8月27日(金)宿題講評&ディスカッション

9月3日(金) 講義:ドイツモダニズム写真(モホイ=ナジ、レンガー=パッチュetc.)
9月24日(金)宿題講評&ディスカッション

10月1日(金)講義:ステージドフォトとセルフポートレート
10月22日(金)宿題講評&ディスカッション


参加費

12回チケット
71,280円 (税込)T.I.P. 会員
79,200円(税込 )一般

6回チケット (5月/6月/7月)
37,620円 (税込)T.I.P. 会員
41,382円(税込 )一般

ーーーー( 2021.04.16 更新!)
1.分割支払い希望承ります!
クレジットカード 月々請求 6回払い 分割手数料なし(1か月ごとに請求書発行)
お問合せフォームよりお申し込みください。(Peatixから申し込みせずに)
追ってメールにてお返事をいたします。

問い合わせフォームはこちら
https://tip.or.jp/contacttip

<問い合わせフォームに下記内容項目を記入ください>
①「うちばやしゼミ(分割支払)希望」とお書きください
②名前
③電話
④メールアドレス
⑤お支払方法 クレジット or 振込

2.一括支払いをされた方(6か月分)にはなんと!
 今夏発売予定の飯沢耕太郎さんと打林先生 共著の「日本の写真集600冊を紹介した本」をプレゼント!
 (発売後の発送になります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
場所:オンライン
定員:10名(最少催行人数 7名)* 状況によっては若干の追加募集もあります
※ T.I.P.会員の割引チケットを使用の方は申し込み前に事務局までご連絡ください。
※開催の10日前からキャンセルチャージ(参加費の100%)が発生します。あらかじめご了承ください。

参加条件:
ミラーレス一眼程度のカメラ使用している方
オンライン環境のある方(zoomを利用)
※入室URLは初回開催の前日12:00にメールにてお送りいたします。

推奨:
簡単な画像加工ができる方(アプリは問いません)
gmailが利用可能な方(Google Driveを利用)
※gmailは無料で利用可能です。


講師プロフィール:打林俊(写真史家/写真評論家)

 1984年東京生まれ。2010-2011年パリ第1大学招待研究生を経て、2014年日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了。
博士(芸術学)。美術評論家連盟会員。2016〜2018年度日本学術振興会特別研究員(PD)。主な著書に『絵画に焦がれた写真-日本写真史におけるピクトリアリズムの成立』(森話社、2015)、『写真の物語-イメージ・メイキングの400年史』(森話社、2019)、共著に“A Forgotten Phenomenon: Paul Wolff and the Formation of Modernist Photography in Japan”(Dr. Paul Wolff & Tritschler: Light and Shadow-Photographs 1920-1950, Kehrer, 2019)、「アンリ・マティスの写実絵画不要論における写真をめぐって」(『イメージ制作の場と環境-西洋近世・近代における図像学と美術理論』、中央公論美術出版、2018)など。2015年、花王芸術・科学財団 美術に関する研究奨励賞受賞。


「写真の物語ーイメージメイキングの400年史」(森話社、2019)

[プライバシーポリシー]
個人情報の取り扱いに関する同意文
お申し込みいただいた方の個人情報を以下のリンクのように取扱い保護いたします。
お読みいただき、同意していただいた上でお申込ください。
Tokyo Institute of Photography


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#999345 2021-05-06 07:04:28
More updates
Fri May 14, 2021
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
T.I.P. 会員(12回チケット) SOLD OUT ¥71,280
一般(12回チケット) SOLD OUT ¥79,200
T.I.P. 会員(6回チケット)*5月/6月/7月分 SOLD OUT ¥37,620
一般(6回チケット)*5月/6月/7月分 SOLD OUT ¥41,382
Organizer
TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
484 Followers

[PR] Recommended information