Event is FINISHED

【アーカイブ配信の受付は4/30〜5/9まで】オープン講座「映画を聴く 番外編・黒沢清の音響/音楽を語る」 講師:ゲイリー芦屋、岸野雄一

Description

ーーーーーーーーーーーーーーー
▷本講座は参加費無料です。5月9日までアーカイブ動画による後追い視聴が行えます。

※リアルタイム受講はおかげさまで満席となりました、有難うございます!!

放送時間:3時間5分

ーーーーーーーーーーーーーーー

事前のご質問有難うございました、以下に公開いたします!!

■質問







ーーーーーーーーーーーーーーー
岸野雄一が講師を務める本校『映画を聴く』の公開ガイダンスとして、『黒沢清の音響/音楽』をテーマにしたオープン講座を行います。

ゲストには、黒沢清監督「CURE」「LOFT」「ニンゲン合格」他、現在までに50作を越えるドラマ・映画の劇伴を手がける作曲家のゲイリー芦屋氏を迎え、黒沢清監督の諸作品を具体例に、映画における音響の思考やプロセスを解説します。

聞き手は美学校「映画を聴く」講師の岸野雄一氏。岸野氏は立教大学時代から黒沢監督の自主制作映画に関わり、黒沢監督の「地獄の警備員」「893タクシー」「打鐘・男たちの激情」の音楽プロデューサーを手掛けています。

黒沢監督の音楽的な嗜好や、発注の独自なセンス、ダビング(MA)でのこだわりなど、実際の現場を見てきた二人が、黒沢映画の音響/音楽の魅力を、時に分析的に、時に趣味的に、縦横無尽に語り尽くします。

また、2人が手掛けていない作品、例えば最新作の「スパイの妻」などについても、トピックは及びます。黒沢作品を通して、映画における音響/音楽の役割が浮かび上がる講座となります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
講 師:ゲイリー芦屋、岸野雄一
参加費:無料


ーーーーーーーーーーーーーーー
◆オンライン講座に関して

本講義はオンライン授業です。

・リアルタイムでのご参加のほか、アーカイブによる後追い視聴も可能となっております。当日参加が難しい方も是非アーカイブ視聴をご利用ください。

・アーカイブ動画は、講座終了後、用意が出来次第お申込みの方全員に視聴リンクを送付いたします。
アーカイブ動画は5/09までお申し込みいただけます。

・終了後に本講座を知ったという方も、お申し込み期間内であればご視聴頂けます。

※アーカイブ動画の申し込み期限は5/09視聴期限は5/10までとなりますのでご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
◆講師プロフィール

ゲイリー芦屋(ゲイリー・あしや)
’66年東京生まれ。作・編曲家。トイロ・ミュージック所属。映画・ドラマ・舞台の音楽を中心に活動。黒沢清監督「CURE」「LOFT」他、現在までに50作を越えるドラマ・映画の劇伴を手がけている。近作は今泉力哉監督「愛がなんだ」「mellow」、日テレ「ボイス110緊急指令室」など。作家としての活動の傍、岸野雄一、ALi(anttkc)との映像音楽ユニット、ヒゲの未亡人のメンバーして国内外で精力的に作品を発表している。ソロアルバムとしては映像音楽作品集『ウラムの螺旋』がある。


岸野雄一(きしの・ゆういち)
音楽家、オーガナイザー、著述家など、多岐に渡る活動を包括する名称としてスタディスト(勉強家)を名乗る。東京藝術大学大学院映像専攻、立教大学現代心理学部、広島市立大学芸術学部にて「映画におけるサウンド・デザイン」の教鞭を執る。音楽レーベル運営として“Out One Disc”を主宰し、OORUTAICHIやGangpol&Mitなど個性豊かなアーティストをプロデュース。オーガナイザーとしてはSparks、Max Tundraなどの海外アーティストを招聘。アーティストとしては、音楽劇『正しい数の数え方』が文化庁第19回メディア芸術祭エンターテインメント部門で大賞を受賞した。近年では、都内コンビニにDJブースを持ち込んだ『レコードコンビニ』や、盆踊りをアップデートするプロジェクトが話題を呼ぶなど、常に革新的な『場』を創造している。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#994481 2021-04-30 03:28:55
More updates
Mar 27 - May 10, 2021
[ Sat ] - [ Mon ]
1:30 PM - 12:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
リアルタイム参加チケット(アーカイブ込み) FULL
アーカイブ視聴チケット FULL
Organizer
美学校
518 Followers

[PR] Recommended information