『性風俗サバイバル』(ちくま新書)出版記念イベントVol.2 『水商売サバイバル 水の世界の緊急事態』

Description

<今回のテーマ> 「水の世界」のソーシャルアクション

2020年は、「夜の街」という言葉が、繰り返しメディアで報道された一年間でした。

新宿歌舞伎町をはじめ、キャバクラやホストクラブなどの接待を伴う社交飲食店、デリバリーヘルスやソープランドなどの性風俗店が集う歓楽街は、「夜の街」という言葉でカテゴライズされ、濃厚接触が蔓延している空間=新型コロナの感染拡大の元凶であるとして名指しで非難され、世間から苛烈なバッシングを受けることになりました。

こうした理不尽な扱いや風評被害に抗うべく、「水」の世界=歓楽街で水商売を営む事業者は、各地で団結して行動を起こしました。署名を集め、独自の感染対策ガイドラインを作り、メディアを集めて記者会見を行い、国に対する要望を提出しました。

目の前の困難にただ振り回されるのではなく、困難を生み出している社会構造そのものに対する働きかけ=ソーシャルアクションを起こすことによって、自分たちの生活と仕事、そして街を守ろうとしました。

一方、同じ「夜の街」の住人の中でも、「風」の世界=性風俗で働く人たちの多くは、団結することも、国に対して声を届けることもできず、社会の中で孤立したまま、困窮状態に追い込まれていきました。

そうした中で動いたのは、これまで夜の世界の現場で動いてきた支援団体でした。

「風」の世界では、主に支援団体が中心となって、コロナ禍で生活に困窮した女性たちへの相談支援や署名キャンペーン、政策提言やクラウドファンディングなどのソーシャルアクションが実行されました。

「夜の街」とひとくくりにされている水商売の世界と性風俗の世界、それぞれの世界で、2020年の一年間、ネガティブな出来事・ポジティヴな出来事を含めて、どのような動きが起こったのか、そして、それぞれの世界は今後どのような方向に向かっていくべきなのか。

「水」の世界の声を集めて、国や社会に対して様々なソーシャルアクションを起こした一般社団法人日本水商売協会代表理事の甲賀香織さんと、「風」の世界で約三千人の女性の相談支援を行った風テラスの坂爪真吾が、コロナ禍の「夜の街」の一年間、そしてこれからの展望を語り尽くします。

<イベントの概要>

●開催日 2021年4月28日(水) 19時00分~21時00分(120分) オンライン開催

●登壇者 甲賀香織さん(一般社団法人日本水商売協会代表理事)、坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)

●定員 50名 

●参加費

◆新書を予約・購入済みの方・・・1,000円

◆一般参加(新書未購入の方)・・・2,000円(新書を郵送いたします)

◆寄付参加・・・5,000円(著者サイン本を郵送いたします)



 ⇒Amazonでのご注文はこちら!

*本イベントの収益は、風テラスで行っている、生活に困窮している性風俗従事者の女性と子ども(母子世帯)への食料支援のために全額活用させて頂きます。2000円分の参加費で、一世帯に3日分の食料を送ることができます。


<ゲストのプロフィール>



甲賀香織(こうが・かおり)さん Twitter @kaorikohga

1980年 埼玉県生まれ。2002年 青山学院大学文学部卒業
2003年 出産後、無農薬栽培のお米の通販事業を立ち上げる
2006年 (株)ベンチャー・リンクに入社。(株)カーブスジャパンに出向し、創業期スーパーバイザーとして600店舗を支援。
2008年 水商売の現場経験のため銀座『ル・ジャルダン』に入店。
2010年 (株)TrueHeartを設立。
2011年 「お水大学」を創設。多数の方々の独自のノウハウをまとめる。
2018年 一般社団法人日本水商売協会を設立。

趣味・特技

運動。クラブチームに所属して陸上競技(短距離)を走る。
料理。どんなに忙しくても、毎日手料理を作るのが日課。

好きな言葉 清廉潔白


坂爪真吾のプロフィールはこちら


<当日のタイムスケジュール>

18時45分 ズーム受付開始

18時55分 諸注意

19時00分 開始の挨拶~ゲストの自己紹介

19時05分 第一部 甲賀さんの発表「コロナ禍における一般社団法人日本水商売協会の活動」(50分)

<予定しているテーマ>

・そもそもコロナの前から存在していた課題とは(公的支援や融資からの排除など)

・2020年4月:change.orgでの署名活動、国・東京都に向けての陳述

 「休業をしている間の店舗家賃の補償」「最低限の人件費の補償」
 「無担保無利子融資の斡旋」「持続化給付金から接待飲食業を除外しないよう要請」

  ⇒それぞれ、どのようなロジックで改善を訴えて・どこまで実現できたのか

・こうした動きに対する世間・業界内からの反応や評価は?

・ライブ配信(オンラインキャバクラ、ライバー)への移行の成否

・キャバクラ・クラブ・ホストクラブ等、業種の垣根を超えた連携をどうやって作ったか

・「独自の権利の主張ではなく、普通に扱ってほしいだけ」というメッセージは、国や社会にどこまで伝わったのか

・「夜の街」という差別的な造語で一括りにされることが、感染拡大防止の流れを阻む結果につながった?

・感染対策を徹底しても、来客やイメージ回復につながらないジレンマ

・感染対策もせず、自粛要請にも応じない店が儲かる・女性が集まるという矛盾

・メディアを通しての広報活動・記者会見等で注意した点、苦労した点など

・「接待飲食店におけるコロナウィルス対策ガイドライン」ができるまで

・店舗ごとの感染対策の違い、意識の差

・国の示したガイドラインへの批判「ひとくくりにして批判せず、本質的な解決を」

・行政との連携、実践と効果

・首都圏以外の地域・店舗での活動や連帯はあったのか

・換気をしたくても、法律で窓が開けられない?

・2021年、二回目の緊急事態宣言をめぐる様々な問題

 時短要請に従う店舗、従わない店舗間でのトラブル
 協力金の不平等性(大規模店舗、家賃が高額な店舗には不十分な協力金)
 営業時間短縮の問題点(他地域への出稼ぎ、個人営業による制御不能のリスクなど)

・水商売の仕事を失い、無職となった女性の行き先は

・研究機関との連携による実態調査

・コロナ禍の2年目、国に対する要望・提言・・・etc


19時55分~20時25分 第二部:対談 甲賀香織×坂爪真吾 「水」と「風」のソーシャルアクション(30分)

・「風」の世界のソーシャルアクション・・・性風俗の世界で起こった動きの総括

・「水」と「風」の違いを比較する

・これまでの業界団体、これからの業界団体のあるべき姿

・アフターコロナの世界における「夜の街」の在り方・・・etc

(5分休憩)

20時30分~21時00分 第三部:参加者との質疑応答(30分)

21時~21時45分 終了~オンライン懇親会(45分)

⇒懇親会へのご参加は任意・入退室自由です。

 
<参加に関する諸注意>

1. イベントの最中は、マイクはミュートでお願いいたします。

2. カメラは、オフ(顔出しなし)・オン(顔出しあり)、どちらでもOKです。

3. 質疑応答の時間、ゲストに質問がある方は、チャットで「質問希望」と書き込んでください。司会が指名いたしますので、ミュートをオフにして口頭で質問するか、チャットに質問事項を書き込んでください。

4. イベントのご感想は、ツイッター等のSNSでハッシュタグ「#性風俗サバイバル」をつけて発信してください。


<ご寄付のお願い>

風テラスでは、寄付を通して活動をサポートしてくださる方を募集しております。

詳細は、以下のページをご覧ください。



【ご支援のお願い】困難を抱える女性たちとつながり、支援を届ける


⇒次回のイベントも、合わせてお申し込みください!


5月6日(木)『性風俗サバイバル』(ちくま新書)出版記念イベントVol.3 石井光太×坂爪真吾 コロナ後の「夜の街」はどこへ向かうのか

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#979346 2021-04-14 14:02:42
More updates
Wed Apr 28, 2021
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
新書『性風俗サバイバル』購入済みの方 ¥1,000
一般参加(新書未購入の方) ¥2,000
寄付参加 ¥5,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Apr 27, 2021.

Organizer
一般社団法人ホワイトハンズ
381 Followers
Attendees
7

[PR] Recommended information