【アーカイブ動画視聴】阿部大樹×柴田元幸 「悪童と親友―ハックルベリー・フィンと精神科医サリヴァン」 『翻訳目錄』(雷鳥社)刊行記念

Description

※本イベントは1月17日(日)の15時〜16時30分に開催されました
※本チケットは期間限定の販売です
※アーカイブ視聴できる期間は、3月23日(火)〜4月30日(金)です
______________________________________

【アーカイブ動画視聴につきまして】
・Vimeoの限定公開URLを発行いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後に視聴用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください
______________________________________
(以下はイベント告知文です)

H.S.サリヴァン『精神病理学私記』にて第6回日本翻訳大賞を受賞した、阿部大樹さんの初の単行本『翻訳目錄』の刊行を記念して、オンライン配信のトークイベントを開催します。

放浪少年ハックルベリーと逃亡奴隷ジムを主人公にした『ハックルベリー・フィンの冒けん』。そして孤独な幼少期を送った精神科医サリヴァンが遺した『精神病理学私記』。
この二つの作品には、瑞々しい時代のアメリカを舞台背景にして、「悪童に囲まれて育つこと」「たった一人の親友をもつこと」の意味と屈折、二種類の人生観が織り込まれているようです。

翻って、どうでしょう。
私たちは幼いころの体験をどのように飲み込み、そして大人になってから書き表すでしょうか。

『ハックルベリー・フィンの冒けん』をはじめ多数のアメリカ文学を翻訳されている米文学者、柴田元幸さんと、『精神病理学私記』を翻訳した精神科医の阿部大樹さんによる、贅沢な対談イベントです。

ぜひご参加ください!

【出演者プロフィール】
阿部大樹(あべ・だいじゅ)
1990年生まれ。新潟県出身。精神科医。東京都立松沢病院、川崎市立多摩病院神経精神科等で勤務。2018年より『サンフランシスコ・オラクル』日本語版の翻訳・発行を行う。訳書にサリヴァン『精神病理学私記』(日本評論社)、ルース・ベネディクト『レイシズム』(講談社学術文庫)がある。

柴田元幸(しばた・もとゆき)
1954年、東京生まれ。米文学者・東京大学名誉教授。翻訳家。アメリカ文学専攻。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞受賞。『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞受賞。トマス・ピンチョン著『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞受賞。アメリカ現代作家を精力的に翻訳するほか、『ケンブリッジ・サーカス』『翻訳教室』など著書多数。文芸誌「Monkey」の責任編集を務める。現在、朝日新聞の金曜夕刊にジョナサン・スウィフト「ガリバー旅行記」の新訳を連載中。

Mar 23 - Apr 30, 2021
[ Tue ] - [ Fri ]
9:30 PM - 11:55 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
【アーカイブ動画視聴】1,000円+税 ¥1,100

On sale until Apr 30, 2021, 11:55:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Apr 29, 2021.

Organizer
本屋B&B
26,996 Followers

[PR] Recommended information