Event is FINISHED

臨床育児保育研究会 #12

Description
4月の臨床育児保育研究会のご案内です。

いよいよ新年度がスタートします!
今年度も臨床育児保育研究会をよろしくお願いします。


2008年の保育所保育指針の改定では「保育の質の向上」のために
「保育の内容の自己評価」として 保育士らの実践を評価することが盛り込まれました。
そのため2009年3月に自己評価ガイドラインが作成されました。

今回の指針の改定では「振り返りを通した質の確保」が検討課題として
あげられ 2020年3月には「保育所における自己評価ガイドライン2020年改訂版」が作成
されました。また6月にはガイドラインを踏まえ 現場で取り組むための「ハンドブック」も
作成されており 事例から具体的に学ぶことがわかりやすく解説されております。

今回はこのガイドライン、ハンドブックをよりわかりやすく
汐見先生に解説していただくことにいたしました。
できれば 事前に資料に目を通されると より理解が深まると
思います。
資料はインターネットで
厚労省 保育所自己評価ガイドライン
    保育所自己評価ガイドラインハンドブック
と検索し、保存 あるいは印刷しておかれると良いと思います。

日時 2021年4月13日(火)午後8時から10時
オンライン開催 ズームで行います。
講師は 会の代表汐見稔幸 になります。
会の後半にグループセッションでフリートークをしていただきます。
参加される方は
参加券をピーティックスより購入しご参加ください。

参加券を購入した方には 
ズームアドレスに入り会にご参加ください。
ピーティックスからも配信されます。

ご不明な点があれば 
2020ikujihoiku@gmail.com まで ご連絡ください。

Tue Apr 13, 2021
7:00 PM - 11:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加券 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
臨床育児保育研究会
508 Followers

[PR] Recommended information