Event is FINISHED

リアル版「ほんとのはなし-自分の環世界を見つめよう-」KYOTO STEAM-世界文化交流祭-

Description
「ほんとのはなし-自分の環世界を見つめよう-」 リアル版


テーマ:
これからのリアルの過ごし方

内容:
テーマに沿った本からそれぞれに喚起された、自分自身が感じたことや思い出したこと(環世界)を話し合い、新たな気づきをさがす読書会です。


日時:
3月28日(日)
1回目 11:00~12:30
2回目 14:30〜16:00

会場:
ロームシアター京都 3F パークプラザ

料金:
1,500円

持ち物:テーマに沿った本1冊 (できれば思い入れのある本、または目を通した本)

同じ地球に生きていても、虫や動物はそれぞれに異なった感覚に基づいて環境を知覚し、人間とは全く違う世界を感じて生きています。私たち人間も、感覚こそ同じものの、それぞれの経験や性格、それに基づく考え方によって、同じ時間や空間を過ごしながら、異なる世界の受け止め方をしているように思います。 コロナ禍において、これまでの価値や考え方、習慣等が大きく変化している中、様々な人の新たな環世界(※)に触れることは、今の生活をより良く考え直すヒントが隠れているかもしれません。 テーマにそって、それぞれが持ち寄った本を元に、みなさんそれぞれがの思うこと、感じたことなど(環世界)を話し合い、言葉を重ねていきます。目的や結果に向かう過程ではこぼれ落ちていたかもしれない、新たな気づきを探る読書会です。

※環世界:ドイツの生物学者であり哲学者であるヤーコプ・ヨハン・バロン・フォン・ユクスキュル(1864〜1944)が提唱した、すべての生物は自分自身が持つ知覚によってのみ世界を理解しており、すべての生物にとって世界は客観的な環境ではなく、生物各々が主体的に構築する独自の世界である、という考え方。 ーーーーー








ファシリテーター:
川上 洋平 / Youhei KAWAKAMI
book pick orchestra代表、選書家/ブックセレクター

人と本の出会いをつくる「book pick orchestra」代表。ひとりずつ話を聞いて即興で本を選ぶイベント「SAKE TO BOOKS」、人と本から、本と本、人と人をつないでいくワークショップ「Sewing books」をはじめ、美術館やギャラリー、オフィス、ホテルなどさまざまな場所で、本のある空間をつくる。本棚に選書するだけではなく、どのように人が本と出会い、本とともに時間を過ごしていくかを考えながら、人と本をつなぐ体験をデザイン・企画している。






企画:
磯谷 香代子 / Kayoko ISOGAYA
CCCアートラボ株式会社 ディレクター

University of the Arts London LCC 修了。2018年よりKYOTO STEAMに携わり、アート×フードマーケットなど、まちとアートの接点を増やす企画を行う。2018年度文化庁メディア芸術祭京都展「ゴースト」プロジェクトチームメンバー、京都岡崎 蔦屋書店、和歌山市民図書館内アートディレクションなど。




ロゴデザイン:
TAKAIYAMA inc.



ご不明な点がございましたら「kyoto-okazaki_event@ccc.co.jp」に事前にお問い合わせください。
Sun Mar 28, 2021
11:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
対話参加者 11:00-12:30 SOLD OUT ¥1,500
対話参加者 14:30-16:00 SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
京都市左京区岡崎最勝寺町13 Japan
Organizer
京都岡崎蔦屋書店
214 Followers
Attendees
5

[PR] Recommended information