Event is FINISHED

HatchEduオンラインセミナー #2「教育格差って何だろう?〜 新しい解決策を生み出そう〜」

Description

HatchEduでは、今春の第2期プログラム開講に先駆け、「教育プロジェクトを新たに立ち上げたい人」と「教育をプロボノとして支援したい人」のためのセミナーを2月より順次開催します。
第二弾となる今回のオンラインセミナーのテーマは「教育格差って何だろう?〜 新しい解決策を生み出そう〜」。
「教育における不平等」は多様な形で、また意外と身近なところに存在しています。このセミナーでは、登壇者として、インクルーシブ教育で先端的な実践と発信をされている野口 晃菜さん(LITALICO研究所 所長 / インクルーシブ教育研究者)、日本における社会起業の基盤形成をリードし、近年は単親家庭支援にも取り組まれている藤沢 烈(一般社団法人RCF 代表理事)さん、HatchEduメンターでもあり、社会経済的に困難な状況に置かれる子どもたちに対し包括的な支援を提供している李 炯植さん(NPO法人 Learning for All 代表理事)をお迎えし、参加者の皆様と共に、具体的なアクションのアイデアについて話し合うための場としてこのセミナーを開催いたします。モデレーターは、HatchEdu運営メンバーの小林りん(ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン代表理事)が務めます。

尚、このセミナーは、HatchEdu2期プログラム募集説明会も兼ねています。

イベント詳細
◆日時
 2021年2月15日(月) 20:00 - 21:30

◆構成
【第1部】「教育格差を新たな角度から考える」(20:00 - 21:10)
 登壇者 
   野口 晃菜(LITALICO研究所 所長 / インクルーシブ教育研究者)
   藤沢 烈(一般社団法人RCF 代表理事)
   李 炯植(NPO法人 Learning for All 代表理事)

 モデレーター
   小林りん(ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事)

 ※登壇者、モデレーターのプロフィールは文末を参照

【第2部】 HatchEduプログラム説明会(21:10 - 21:30)

◆視聴方法 
 Zoom配信

◆視聴方法
 開始時刻になりましたら、イベント視聴ページのZoomミーティングURLからご参加ください。※イベント視聴ページはお申し込みいただいた方のみアクセス可能です。

◆録画について
 当日はセミナーを録画しますが、発言者のお顔とお名前のみが録画され、発言されない参加者の方のお顔やお名前は録画には映り込まない設定となっておりますのでご安心ください。尚、録画はHatchEduの2期応募者の方のみに共有され、公開・アーカイブ配信の予定はございませんので何卒ご了承ください。
 
◆参加対象
 HatchEduプログラムにご応募の予定のない方も含め、どなたでもご参加いただけます。
 定員に達しましたら早期に締め切る場合がございます。

主催団体:HatchEduについて 
HatchEduは、「教育プロジェクトを新たに立ち上げたい人」と「プロボノとして教育事業を支援したい人」のための新しい実践的プログラムを提供しています。

ウェブサイト:https://www.hatchedu.org/
 
今後も教育に関わる多様なトピックのセミナーを予定しておりますので、イベント案内をご希望される方は以下よりフォローをお願いいたします。

 Peatix: https://hatchedu.peatix.com/
 Twitter:https://twitter.com/hatch_edu
 Facebook:https://facebook.com/hatchedu.jp/

◆登壇者プロフィール
・野口 晃菜(LITALICO研究所 所長 / インクルーシブ教育研究者)
 博士(障害科学)。小学校6年生の時にアメリカへ渡り、障害児教育に興味を持つ。高校卒業時に日本へ帰国、筑波大学にて多様な 
子どもが共に学ぶインクルーシブ教育について研究。その後小学校講師を経て、障害のある方の教育と就労支援に取り組む株式会社LITALICOにてLITALICO研究所所長として、一人ひとりに合わせた支援・教育の実現のための仕組みづくり、学校・自治体との共同研究、少年院・刑務所との連携などに取り組む。
 文部科学省「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議」委員、第11期東京都生涯学習審議会委員、日本ポジティブ行動支援ネットワーク理事、日本LD学会国際委員など。著書に「発達障害のある子どもと周囲の関係性を支援する」「インクルーシブ教育ってどんな教育?」などがある。

・藤沢 烈(一般社団法人RCF 代表理事)
 1975年京都府生まれ。一橋大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て独立し、NPO・社会事業等に特化したコンサルティング会社を経営。東日本大震災後、RCF復興支援チーム(現・(一社)RCF)を設立し、情報分析や事業創造に取り組む。総務省地域力創造アドバイザー、新公益連盟理事、Jリーグ理事、復興庁東日本大震災の復興施策の総括に関するWG構成員、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会聖火リレー委員等を歴任。
 著書に『人生100年時代の国家戦略―小泉小委員会の500日』(東洋経済新報社)、『社会のために働く 未来の仕事のリーダーが
生まれる現場』(講談社)、共著に『東日本大震災 復興が日本を変える-行政・企業・NPOの未来のかたち』(ぎょうせい)、『ニッポンのジレンマ ぼくらの日本改造論』(朝日新聞出版)
   
・李 炯植(NPO法人 Learning for All 代表理事)
 兵庫県生まれ。東京大学教育学部卒業。同大学在学中、認定非営利活動法人Teach For Japanの一事業であったLearning for Allに参画し、常勤職員として全国の学習支援事業の統括業務に従事。その後2014年に、特定非営利活動法人Learning for All を設立、同法人代表理事に就任。「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」幹事。2018年にはForbes「30 UNDER 30 JAPAN 2018」に選出される。
 生活困窮世帯が多い地域で生まれ育ち、家庭や経済的な困難を抱えた友人と出会う中で、生まれた環境で人生の可能性を制限されてしまう人の存在を実感する。大学進学後、課題をリアルに知る自分だからこそ「子どもの貧困」という社会課題の解決に取り組むべきだと思い、Learning for All の活動を始め、困難を抱えた子どもへの無償の学習支援や居場所支援を展開。これまでにのべ約7,000人以上の子どもを支援。

◆モデレータープロフィール
・小林りん(ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事)
 経団連からの全額奨学金をうけて、カナダの全寮制インターナショナルスクールに単身留学した経験を持つ。その原体験から、大学では開発経済を学び、前職では国連児童基金(UNICEF)のプログラムオフィサーとしてフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。圧倒的な社会の格差を目の当りにし、リーダーシップ教育の必要性を痛感。学校を設立するため、2008年8月に帰国し、構想から7年の歳月を経て2014年8月開校。
 略歴:1993年国際バカロレアディプロマ資格取得、1998年東大経済学部卒、2005年スタンフォード大教育学部修士課程修了。 受賞歴:アエラ「日本を立て直す100人」(2012年) 日経ビジネス「チェンジメーカー・オブ・ザ・イヤー」(2013年) 日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2015」(2014年) 財界「経営者賞」(2016年)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#914136 2021-02-10 01:42:45
More updates
Mon Feb 15, 2021
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
視聴チケット(無料) FULL
Organizer
HatchEdu
555 Followers

[PR] Recommended information