Event is FINISHED

NTTアドバンステクノロジ、Cueform×ユカイ工学が実現する、「フェーズフリー」な防災システム。東日本大震災から10年。これからの防災システムのあり方を問う。

Description

災害が同居する国、日本。

高齢者の独居世帯へ、非常時に防災情報を効果的に伝えなければならない一方で、防災専用のシステム・機械の運用コスト負担は無視できない現実がある。


地域ごとの防災情報発信システムを提供するNTTアドバンステクノロジ、家にあるテレビにプッシュ型の情報提供を行うCueform。この2社がユカイ工学のコミュニケーションロボット『BOCCO emo』を利用した、新しい防災情発信のカタチを紹介する。

■このイベントはこんな方におすすめ

・防災や介護に関わる自治体関係者
・防災に関わるサービス提供者、機器メーカー
・事業会社の新規事業担当者
・防災のあり方に興味のある方


日時:
2021年2月24日(水)17:00~18:00

開催方法:
Zoom

プログラム:

  1. 各社事業紹介
  2. パネルディスカッション
    ◇震災から10年、現在の防災の取組や、IT活用状況
    ◇今後の防災のあり方について
    ◇フェーズフリー導入の課題
    ◇ユカイ工学をパートナーとして選んだ理由や社内説得について
    ◇コミュニケーションロボットへの期待値
    ◇今後、ユカイ工学と共に目指したい世界

  3. 質疑応答



スピーカー:


NTTアドバンステクノロジ株式会社
Value Co-creation事業本部 まちづくりビジネスユニット担当部長 
野田 和正 

1996年 NTTアドバンステクノロジ入社。eラーニングシステムの研究開発や経営企画などの部門を経て、2018年より自治体向け防災情報配信システムの提案に携わる。現在は「まちづくり」の視点で、地域の安心・安全の発展に貢献するサービス創出を担当。自治体業務のICT化、見守りサービス等について、社内外と連携して取り組んでいる。



株式会社Cueform 
取締役 有吉 順

丸紅の事業会社にて黎明期からクリエーターやコンシューマ向けパッケージソフトの製品企画/開発、海外製品輸入/ローカライズ、マーケティング、事業開発等に従事。ASUS社PR業務やSIer等を経て、Cueformの設立に参画。プッシュ型情報提供サービス「テレビ・プッシュ」の事業企画、システム開発・運用、普及活動等の事業化を務める。


ユカイ工学株式会社
CEO 青木 俊介

東京大学在学中に、チームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。「ロボティクスで世界をユカイに」というビジョンのもと家庭向けロボット製品を数多く手がける。2014年、家族をつなぐコミュニケーションロボット『BOCCO』を発表。2017年、しっぽのついたクッション型セラピーロボット『Qoobo』を発表。2015 年よりグッドデザイン賞審査委員。


モデレーター:



ユカイ工学株式会社
COO 鈴木 裕一郎
外資系IT企業、コンサルティング会社を経て、SaaS型サービスを提供するスタートアップ企業に転じ、執行役員・COOとして成熟市場の法人営業、チームマネジメントを担当。2018年からユカイ工学へ参画し、BOCCOを中心とした法人営業を統括。根っからのBOCCOユーザー。

■企業情報
NTTアドバンステクノロジ株式会社
1976年の創立以来、NTTグループの技術的中核企業として、NTT研究所のネットワーク技術、メディア処理技術、環境技術、ナノデバイス技術などの多彩な先端技術のみならず、国内国外の先端技術を広く取り入れ、それらを融合してお客様の課題を解決し、お客様にとっての価値を提供し続けている。


株式会社Cueform
誰もが自然に情報を取捨選択できるよう、人々の行動のきっかけ(Cue)となる情報を最適な形に加工(form)して提供するサービスを行うことを目的として創業。ご家庭のテレビ向けに、高齢者や主婦など様々な人がストレスなく身近な生活情報や防災情報等の有用情報を得られるプッシュ型情報サービス「テレビ・プッシュ」を提供。


ユカイ工学株式会社
「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャー。自社製品の製造、販売ノウハウを元に、顧客の要望に合わせて、ハードウェアの設計・製造、ソフトウェアやアプリ開発、センサーや部品の調達を迅速、柔軟に対応する体制を整えている。

Wed Feb 24, 2021
5:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
ユカイ工学
372 Followers
Attendees
58

[PR] Recommended information