Event is FINISHED

いのちキャンペーン2021~川崎からオンライン開催

Description
2015年2月、川崎の多摩川河川敷で悲しい事件がありました。
山も海もそして、多摩川もある自然豊かなふるさと、川崎から、一人ひとりの子どものいのちを大切にしよう、との願いを込めて「いのちキャンペーン~川崎から愛を込めて~」がスタートしました。




凍てつく多摩川の河川敷で起きた悲しい事件・・・あれから6年、

川崎は、社会は、子どもたちにやさしく変化したのだろうか?
今、コロナ禍の中、
誰にも助けを求めることができずに困っている子どもがどこかにいるかもしれない。
今こそ、おとなが「つながろう」
子どもを被害者にも加害者にもしないために、おとなができることを考えよう。

「いのちキャンペーン2021〜川崎からオンライン」として今年はハイブリッド方式で開催します。



今、あらためて「わすれない」ことを掲げ、
人と人との絆を断ち切るかのようなコロナ禍の今こそ、
子どもたちのために、おとなが繋がっていることを知らせたい。

川崎市川崎区を中心に、子どもたちのことを日々思い、活動する方々を招き、
子どもたちに、「私たちがここにいるよ、助けを求めていいんだよ」というメッセージを発信します。
子どもたちへのメッセージも募集。
Zoomにより全国どこからでもご参加ただけます。

==================

いのちキャンペーン2021〜川崎からオンライン

日時:2月14日(日)午後2時から4時
場所:川崎市教育文化会館からオンエアー(ZOOM) 
定員:100名(一般参加者はオンラインのみ)
参加費:無料

==================

<当日の内容>
★子どもたちへのメッセージ映像
 原点の多摩川の河川敷から、テーマ曲「わすれない」
★CAPプログラムの紹介
★調査報告
 調査から見えてきたこと「子どもの権利でおとなが繋がる」目を向けよう、身近にあること
★パネルディスカッション
「今を生きる子どもたちを被害者にも加害者にもしないために」
 ~川崎市教育文化会館から~(ZOOMにて配信)
パネリスト:西野博之さん(NPO法人フリースペースたまりば理事長)
      宮越隆夫さん(川崎区地域教育会議議長)
      鈴木 健さん(川崎市ふれあい館 副館長)
      大野恵美さん(川崎市教育委員会)
      圓谷 貴さん(弁護士・神奈川少年友の会 会員) 他
*一般の方はZoomからの参加となります
★まとめ

<参加について>
Peatixよりお申込みいただいた方へ、当日のZoom IDを送ります。
今を生きる子どもたちへのメッセージも是非お願いいたします。
活動を継続していくために寄付も募っています。

いのちキャンペーンについてはこちらへ


主催:認定NPO法人エンパワメントかながわ
本イベントはトヨタ財団しらべる助成「子どもの権利×かわさきの未来プロジェクト」として開催します

Sun Feb 14, 2021
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
(無料)オンライン参加チケット FULL
(1000円寄付)オンライン参加チケット SOLD OUT ¥1,000
(500円寄付)オンライン参加チケット SOLD OUT ¥500
Organizer
いのちキャンペーン~川崎より愛をこめて
59 Followers

[PR] Recommended information