Event is FINISHED

2/9【オンライン開催・参加無料】文章作成アドバイスツール『文賢』説明会 ~文賢の基本がわかる~

Description

文章作成アドバイスツール『文賢(ブンケン)』の導入を検討されている方へ、【オンライン説明会】を開催します。

●文章作成アドバイスツール『文賢』
https://rider-store.jp/bun-ken/

文賢は、人の気持ちに寄り添う、新しい「文章作成アドバイスツール」です。
独自に研究を続けた「100を超える視点」を用いて文章をチェックし、より良い文章を書くための改善点をクラウド上で提案します。

ウェブライダー広報担当の赤木が、文章作成アドバイスツール『文賢』の基本機能や活用方法について、ご説明します。

「読みやすくわかりやすい文章が書けず、悩んでいる・・・」
「ライターさんの書いた文章の確認・編集作業に時間がかかっている・・・」
「カスタマーサポートでメールを書くことが多いが、文章に不安がある・・・」

というような方にご活用いただけるツールです。
ぜひ一度、『文賢』はどんなことができるのか、説明会でご覧いただければと思います。

ご自宅やオフィスから視聴可能ですので、文賢に興味のある方はぜひ、お気軽にご参加ください。

▼その他の開催日程はこちらから
https://peatix.com/group/7196885

==================================
※本イベントは新型コロナウイルス感染拡大予防のため、司会者および運営スタッフも在宅にて参加させていただく可能性がございます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただけると幸いです。

●開催日程
2021年2月9日(火)13時00分~14時00分

※オンライン説明会では、Zoom(https://zoom.us/jp-jp/meetings.html)を使用いたしますので、お手数ですが事前にアプリのインストールをお願いいたします。(インストールは無料です)
※説明会の前日までに視聴URLとパスワードをご連絡いたします。
(セキュリティ面を考慮し、パスワードを発行、ご入力いただいております)
また、事前に接続テストを行いますので、開始5分前に指定のURLにアクセスし、パスワードを入力ください。

●参加費
無料

●定員
10名(先着順)

●対象者
文賢の導入をご検討されている方

●当日のプログラム(内容は予告なく変更になる可能性があります)
  1. 『文賢』の特徴・基本機能のご紹介
  2. 各機能のデモンストレーションと活用事例
  3. 質疑応答タイム
  4. 説明会終了後、希望者のみトライアルアカウント発行
※オンラインでご参加いただく際、カメラのオン・オフはどちらでも構いません。
※プログラム1、2の間は、マイクをミュートにしていただきますよう、お願いいたします。

●キャンセルポリシー
やむを得ず参加がむずかしくなってしまった場合は、本ページの「主催者へ連絡」より、その旨をご連絡ください。
(参加人数に限りがあるため、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます)

==================================
https://www.youtube.com/watch?v=9tEk7e9JPX0&feature=youtu.be

■『文賢』とは?


『文賢』は、独自に研究を続けた「100を超える視点」を用いて、あなたの文章をチェックします。
そして、より良い文章を書くための改善点を提案します。

読みやすくわかりやすい文章や、人を傷つけない文章を書くためには、多くの人のチェックが必要です。
文賢はあなたの文章をサポートする、心強いパートナー。

個人でもチームでも、使い方に合わせてカスタマイズできるため、企業やメディアのルールやレギュレーションに合わせて、設定を細かく変更できます。

さらには、文賢には、情報や感情を具体的に表現するための「文章表現」や「言い回し」が多数用意されています。
それらの表現を用いることで、文章の魅力が増し、より多くの人に読んでもらえるようになります。

リリースから2年が過ぎ、今では、上場企業、中小企業、個人事業主、教育機関、アーティストの方まで。さまざまな方にお使いいただいています。


■文賢でチェックできること(一部を紹介)

  • 誤った言葉はないか?
  • 誤った敬語はないか?
  • 気をつけるべき商標と固有名詞はないか?
  • 誤用しやすい言葉はないか?
  • 話し言葉・砕けた表現はないか?
  • 重複表現はないか?
  • 不快語はないか?
  • ポリティカル・コレクトネスに配慮できているか?
  • 具体的にした方がよい指示語がないか?
  • 冗長な表現を使用していないか?
  • 同じ助詞の連続使用はないか?
  • 同じ文末表現の連続使用はないか?
  • 二重否定表現はないか?
  • 一文に読点が4つ以上存在していないか?
  • 50文字以上の文に読点があるか?
  • 漢字で書くほうがよい言葉があるか?
  • ひらがなで書くほうがよい言葉があるか?
  • カタカナで書くほうがよい言葉があるか?
  • 表記揺れしていないか?

■文賢をオススメしたい方

  • 少しでも読みやすく、わかりやすい文章を書きたい方
  • 文章の「校閲・推敲」に時間がかかっている方
  • 「文章表現」や「言い回し」の引き出しを増やしたい方
  • たくさんのライターさんの文章をチェックしている方
  • お客さまとのメールのやりとりが多い方
  • プレスリリースを書く機会が多い方
  • FacebookやTwitterなどのSNSによく文章を投稿している方

■文賢を活用いただいている方々の声

「どんな文章を書くときも、必ず文賢を通すようになりました。
今、20アカウント契約させていただいており、文章を書く機会の多いチームはみんな文賢を使っています」
(メディア編集者)

「文章表現機能のおかげで、自分が今まで使ったことがない言い回しに出会えるのが楽しい。
以前より、表現豊かな記事が書けるようになりました」
(ライター)

「音声読み上げ」の機能が何気に便利です。
自分が書いた文章を、音声で読み上げてもらうことで、不自然な文章にすぐ気付けます。
リズムが悪い文章って、人に伝わりづらい文章だと思っているので、記事公開前に音声読み上げを使うようにしています。(ブロガー)

「ウェブライダー社の代表である松尾氏が出版された『沈黙のWebライティング』を読んでSEOの基礎などを学びました。
文賢の推敲ルールは、本に書かれていた「見やすい・わかりやすい文章を書くためのノウハウ」に沿っているので、さらにライティングの品質が上がっています」
(SEOディレクター)

「文賢は、ただ指摘するだけでなく、きちんと改善点を教えてくれる。
校閲や推敲機能で指摘されたとき、コメントに例文が表示されるところがいいですね」
(カスタマーサポート)

「オリジナルの文章表現を文賢の辞書設定にどんどん追加して、自分ならではの類語辞典をつくっています。
ちょっと裏技的な使い方なんですがフレーズではなく、注意すべきコメントを入れることで、自分だけのフィードバックツールとして使えるのも便利です」
(Webディレクター)

「初期設定での文賢は背景がホワイトで爽やかな印象なのですが、個人的にはダークモードがカッコよくてオススメです。
目が疲れず、作業しやすいです」
(デザイナー)

「文賢って、ちょっと人間っぽさ感じる校正ツール。
指摘してくるコメントが「~ではないですか?」「~しませんか?」と、問いかけてくる形式なので。
この「問いかけ」によって、文章を深く考えるきっかけをもらっています」
(経営者)

「炎上予防につながるアドバイスを、カスタマイズできるので社内に導入しました。
ブログを書く社員や、SNS投稿などをおこなう社員だけでなく、プレスリリースを書く広報も文賢を使っています」
(経営者)

「漢字のひらく・とじるなど細かなルールを一括管理できるので、記事の表記がバラバラにならなくなりました。
複数チームでの業務にも使いやすいです」
(メディア編集者)

「実はこれまで他社の校正ツールを使っていたのですが、今は文賢と併用しています。
誤字脱字の検出力は他社ツールのほうが高いと感じるのですが(本音ですみません)、わかりやすい文章を書くためのアドバイスは文賢のほうが優れているので、表現力を高めたいときに文賢に頼っています」
(広報)

[PR] Recommended information