Event is FINISHED

クリエイティブシティーキャンプ
山梨県富士吉田市ワーケーションプログラム「SHIGOTABI」第1部、第2部

Description

「クリエイティブシティーキャンプ」
(Scroll down for English description)


クリエイティブ・シティー・キャンプは「未来の暮らし・街づくり」をテーマにその道の世界中のフロントライナーとともに研究分野や取り組みの紹介を通して、私たちが住むこれからの街のあり方を考えるためのイベントです。今回はバルセロナと東京に着目し「持続可能な街」のキーワードをもとにオンラインで登壇者とつなぎ、SARUYA HOSTEL から配信いたします。

また、参加者とともに富士吉田市をマテリアルに、こうなったらいいなといった妄想や、こうあるべきだという課題解決までを考え、まちづくりの未来を描きます。このセッションを通じて議論することで、前向きな未来を考えるためのきっかけになればと思います。「持続可能な街」をヒントに、これから私たちが住みたいと思えるような、面白い街はどんなものかを探ります。

今回のテーマは「持続可能で住みやすい街とはどんな街か」を議論します。新型コロナウイルスの影響により、ソーシャルディスタンスやフィジカルディスタンスを保つことの必要性が高まる中、密集した働き方や、都市集中型の暮らしを避け、地方でオンラインや遠隔で仕事をしながらスローな暮らしを送ることに関心が持たれ始めています。地方都市などの街はどのようにして持続可能な街づくりを行い、どのような魅力を発信していくべきなのか…

第1 部では、日本語にてサーキュラーエコノミー、スローシティをキーワードに持続可能性を考えます。セーフキャストからアズビー・ブラウン、ナマケモノ倶楽部から辻信一をお招きしています。江戸時代の研究やアジア文化の研究に触れながら未来を考えます。FabCafe 東京のケルシー・スチュワートもコメンテーターとして参加します。

第2部ではFabCafe バルセロナのデビッド・テナ・ヴィンセント、シティー・オブ・フューチャーのパブロ・バレロ、FabLab バルセロナのトーマス・ディアスをお招きして、現在イノベーションが起きやすいFABの概念について触れつつ、FABの観点から未来のまちを考察します。後半には参加者が対話したり質問したりする時間を設けます。

https://shigotabi.com/


【会場】
オンライン開催 *チケットをご購入後随時URLをお送りいたします。

配信元:SARUYA HOSTEL
山梨県富士吉田市下吉田3丁目6−26

【トーク】 

第1 部「環境と持続可能な街」 *日本語+

司会: 馬場亮河 (慶應義塾大学SFC 学部生)

ゲスト:アズビー・ブラウン ( セーフキャスト )/
    辻信一 ( ナマケモノ倶楽部 )/
    八木毅 (株式会社DOSO 代表取締役)

   

第2 部「流動性と持続可能性な街」 *英語+通訳付

司会: ケルシー・スチュワート (ファブカフェ東京 CCO)

ゲスト:トーマス・ディアス ( ファブラボバルセロナディレクター・ファブアカデミー)/
    デビッド・テナ・ヴィンセント( バルセロナファブカフェ代表)/
    パブロ・バレリオ(シティーオブフューチャー)/

通訳:竹内ウィリアム勇太

【スケジュール】

-2.6 Sat-
トーク第1部(Zoom)     11:00~12:30

トーク第2部(Zoom)     18:00~19:30


【チケット】

¥ 0 オンライン参加

*非常事態宣言を受け、オンラインのみの開催となります。


【参加】

各100名まで


【講師プロフィール】

第1 部「環境と持続可能な街」

アズビー・ブラウン(Safecast)

 1956年米国生まれ。イエール大学にて彫刻・建築を学び1980年卒業。東京大学大学院工学部建築学科修士課程を1988年修了。金沢工業大学未来デザイン研究所創業者。日本建築・デザインについての代表的な著書として次がある。「The Genius of Japanese Carpentry」1989年初版, 2014改訂版;「Small Spaces」1993年初版;「The Japanese Dream House」 2001年初版;「The Very Small Home」 講談社インターナショナル 2005年。5年間の研究の後、2009年に「Just Enough」を出版(講談社インターナショナル /Tuttle)。 3.11の直前に、日本語版『江戸に学ぶエコ生活術』 も出版。2011年3月の福島第一原発事故が発生して以降、市民科学を基礎とした影響力のある国際的ボランティア団体、Safecast(セーフキャスト)にて研究者の第一人者として組織を引っ張る。団体の活動内容は主に、混在する環境データをよりオープンに使える新たなテクノロジープラットフォームを開発することで、未来の環境保全や防災などをより良い方向へと導いている。アズビーさんは様々なメディアや本において、信憑性が高く、信念に忠実で、根拠立った批判をし、個性的な意見を世界に発信している。福島災害の影響に関するSafecastレポートの主著者としても活躍。1985年以来日本に住んでいる。


辻 信一(ナマケモノ倶楽部)

「Slow is Beautiful」を信念に、環境運動、文化運動、スロービジネスを展開するNGO団体「ナマケモノ倶楽部」を1999年に共同創設。低エネルギー・循環型ライフスタイル、非暴力・平和を手本に、環境負荷の少ない社会の実現を目指す。また、いのちや自然、人とのつながりを大切にしていくことをゆっくりで行う「スロー社会」を目指す。


八木 毅 (株式会社DOSO 代表取締役、デザイナー、アーティスト)

静岡県出身。グラフィックデザイナー。L’École Nationale Supérieure d’art de Dijon 大学院卒業。
2009 年、フランスから帰国後に都内でアーティスト、グラフィックデザイナーとして活動。2015 年より富士吉田にてSARUYA HOSTEL を創業、SARUYA アーティストインレジデンスを運営する。2020 年株式会社DOSO 設立。



馬場 亮河 (慶應義塾大学SFC 学部生)*司会

コロンビア出身。過去7カ国で生活。慶應義塾大学SFC 在学。都市計画コミュニティーを研究。現在は富士吉田市を中心にまちづくりの活動を展開中。今回のイベントの企画、コーディネート。



第2 部「流動性と持続可能性な街」

デビッド・テナ・ヴィンセント ( バルセロナファブカフェ代表)

デジタルファブリケーショングローバルネットワークであるFabCafe Barcelona のCEO。物理学をメジャーに課題解決や不確実な未来に必要となる数学的理論や電気工学、機会の実践的使用を含んだ複数のプロジェクトを立ち上げる。これらのスキルはFabCafe で求められるまちの大学や企業の統合と資源のマネジメントにおいて発揮される。


トーマス・ディアス ( ファブラボバルセロナディレクター・ファブアカデミー)

Tomas Diez は、ベネズエラ生まれのアーバニストであり、デジタルファブリケーションと、都市や社会の将来への影響を専門とする。カタルーニャ先端建築研究所のFab City ResearchLaboratory の創設者であり、デジタルファブリケーションの設計の講師。Royal College of Artsのデザイン製品の講師であり、Exploring EmergentFutures プラットフォームの共同リーダー。彼は、Fab City、Fab Conferences、Fab Academy などのFab Foundation でプロジェクト、イベント、プログラムを世界中で展開している。

Tomas Diez is a Venezuelan Urbanist specialized in digital fabrication and its implications on the future cities and society. He is the co-founder and director of Fab Lab Barcelona at the Institute for Advanced Architecture of Catalonia (IAAC), and is a founding partner of the Fab City Global Initiative. He is also the director of the recently launched Master in Design for Emergent Futures at IAAC.

パブロ・バレリオ (シティーオブザフューチャー)

ネットワーク、IoT、セキュリティ、モバイル技術、スマートシティに焦点を当てたIT エコシステムの出版物を定期的に寄稿している、著名なテックジャーナリスト。テクノロジーと都市がよりスマートな未来に向けて協力していくための方法を模索。


ケルシー・スチュワート  (ファブカフェ東京 CCO)

アメリカ合衆国出身。フロリダ大学で心理学の学士課程(2009)と宗教学の修士課程(2015)を修了。バリスタとエスプレッソトレーナーとして2008 年からスペシャリティコーヒーの世界に没頭し、FabCafe オープン間もない2012 年に、コーヒー繋がりの友人の紹介によってFabCafe を知る。その後JET プログラム(2014-2017)を通して、福岡県で英語を教えながら日本語を磨き、2017 年にLoftwork とFabCafe に入社。入社以来、バリスタ、カフェアドバイザー、FabCafe グローバルネットワークのコミュニケーションコーディネーター、FabCafe ウェブサイトライター、デザイン思考ワークショップのファシリテーターと幅広く、業務を務める。また、FabCafe CCO として、FabCafe GlobalNetwork のまとめ役を務め、世界各地のFabCafe のローカルクリエイティブコミュニティの育成と、それらのコミュニティとグローバルネットワークを繋ぐことを行っている。 加えて、持続可能な開発目標の短期的な解決策を作成することを目的とした2 日間のデザインソンであるGlobal Goals Jam(GGJ)の東京開催の主催者でもあり、本イベントを過去に東京、バンコク、香港の複数都市で企画・実施した。




【参加につきまして】

Zoom入室に関して問題がある場合はRyoga.baba@gmail.comまでお知らせください。


【キャンセルにつきまして】

・キャンセルについて、お申し込み後のキャンセルの場合は本サイトPeatixを通じて、14日前までにご連絡をお願い申し上げます。
それ以降のキャンセルはお受けしておらず、すでにお支払いいただいたとしても、参加費の返金はお受けできません。
・期限までにキャンセルされた場合であって、すでに参加費をお支払いいただいているときは、Peatixの規定により、下記のとおり参加費が返金処理されます。
クレジットカードでお支払の場合:キャンセル手数料はかかりませんので、全額が返金されます。

-----------------------English Description---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-About-

Creative City Camp is an event to think and discuss about the future of the cities we live in, through the introduction of research fields and initiatives with front liners from around the world on the theme of "future living and city planning". This year, we will focus on Barcelona and Tokyo.

It will be broadcasted from SARUYA HOSTEL, connecting the speakers online based on the keyword "sustainable city".
In addition, we will introduce Fujiyoshida as a material to think about the imagination of what it would be like to be in Fujiyoshida, as well as the solutions to the problems that need to be solved, and draw the future of urban development. We hope that this session will provide an opportunity to think about a positive future through discussion. Using "sustainable city" as a hint, we will explore what kind of interesting city we would like to live in in the future.

This year's theme will be "What kind of city is sustainable and livable? As the impact of the new coronavirus increases the need to maintain social and physical distance, there is a growing interest in avoiding dense work styles and urban-intensive lifestyles, and living a slower life in rural areas, working online and remotely. How should local cities and other towns create sustainable cities and what kind of attractions should they promote...?

In the first part of the seminar, we will consider sustainability in Japanese with the keywords of circular economy and slow city. We have invited Asby Brown from Safecast and Shinichi Tsuji from the Sloth Club. Kelsey Stewart of FabCafe Tokyo will also participate as a commentator.

In the second part, David Tena Vincent of FabCafe Barcelona, Pablo Valero of City of Future, and Thomas Diaz of FabLab Barcelona will be invited to discuss the concept of FAB, which is currently prone to innovation, and consider the city of the future from the perspective of FAB. The second half of the session will be a dialogue between the participants. In the second half, there will be time for participants to interact and ask questions.

https://shigotabi.com/


【Venue】
We will send you the URL after you reserve the ticket on Peatix.
Distributed by: SARUYA HOSTEL
6-26, Shimoyoshida 3-chome, Fujiyoshida-shi, Yamanashi

【Talk】 
Part 1: "The Environment and Sustainable Cities" *Japanese+English Interpretation
Moderator: Ryoga Baba (Keio University SFC)
Guest: Asby Brown ( Safecast ) /
    Shin-ichi Tsuji (Sloth Club)/
Tsuyoshi Yagi (CEO of DOSO Co.)/
   
Part 2: “Global trends in sustainable mobility and cities” *English with Japanese interpretation
Moderator: Kelsie Stewart (CCO, FabCafe Tokyo)
Guest: Thomas Diaz (Director of FabLab Barcelona, Fab Academy)/
    David Tena Vincent ( President of Fabcafe Barcelona)/
    Pablo Valerio ( City of Future ) /
Interpreter: William Yuta Takeuchi

【Schedule】
-2.6 Sat-.
Talk Part 1 (Zoom) 11:00~12:30
Talk Part 2 (Zoom) 18:00~19:30


【Ticket】
¥ 0 - Online participation
In response to the declaration of a state of emergency, this event will be held online only.


【Participation】
Up to 100 people
【Speakers Profile】

Part 1: “The Environment and Sustainable Cities”

Azby Brown (Safecast)
 Born in 1956 in the United States. He studied sculpture and architecture at Yale University, graduating in 1980. Graduated from Yale University in 1980 with a degree in sculpture and architecture, and received a master's degree in architecture from the University of Tokyo in 1988. He is the founder of the Kanazawa Institute of Technology's Future Design Institute and is the author of several books on Japanese architecture and design. “The Genius of Japanese Carpentry, first published in 1989”, revised in 2014; “Small Spaces”, first published in 1993; “The Japanese Dream House”, first published in 2001; “The Very Small Home, Kodansha International”, 2005. In 2005, after five years of research, he published “Just Enough” in 2009 (Kodansha International/Tuttle). Since the Fukushima Daiichi nuclear accident in March 2011, he has been leading the organization as a leading researcher at Safecast, an influential international volunteer organization based on citizen science. The organization's main focus is to develop a new technology platform that allows for more open use of mixed environmental data, which will lead to better environmental protection and disaster prevention in the future. In various media and books, Azby has shared his credible, faithful, well-founded criticism and unique opinions with the world. He is the lead author of the Safecast report on the effects of the Fukushima disaster and has lived in Japan since 1985.


Shinichi Tsuji (Sloth Club)
Shinichi Tsuji co-founded the Sloth Club in 1999, a non-governmental organization that promotes environmental, cultural, and slow business activities based on the belief that "Slow is Beautiful”. It aims to realize a society with less environmental impact, following the model of low-energy, recycling-oriented lifestyles, non-violence, and peace. He also aims to create a "slow society," where people take their time to cherish life, nature, and the connections between people. Meiji University professor.


Tsuyoshi Yagi (CEO of DOSO Inc., Designer, Artist.)
Born in Shizuoka Prefecture, Japan. Graduated from L'École Nationale Supérieure d'art de Dijon. After returning from France in 2009, he worked as a graphic designer in Tokyo, established SARUYA HOSTEL in Fujiyoshida in 2015, and runs SARUYA Artist-in-Residence program.


Ryoga Baba (Keio University SFC undergraduate student)
*Moderator
Born in Colombia and has lived in seven different countries. Currently a student at Keio University SFC. Studying urban planning and community making. He is currently involved in community design activities mainly in Fujiyoshida City. Planned and coordinated this event.




Part 2: Global trends in sustainable mobility and cities.
David Tena Vincent (President, Barcelona FabCafe)
David Tena Vincent is the CEO of FabCafe Barcelona, a global network of digital fabrication companies, and has launched several projects that include mathematical theory, electrical engineering, and the practical use of opportunity, all of which are necessary for problem solving and an uncertain future, with a major in physics. These skills will be applied in the integration and resource management of the city's universities and companies required by FabCafe.


Tomas Diez (Director of FabLab Barcelona and Fab Academy)
Tomas Diez is a Venezuelan-born urbanist specializing in digital fabrication and its impact on the future of cities and society. He is the founder of the Fab City Research Laboratory at the Catalan Institute of Advanced Architecture, a lecturer in Design for Digital Fabrication, a lecturer in Design Products at the Royal College of Arts, and co-leader of the Exploring Emergent Futures platform. He has developed projects, events, and programs around the world for the Fab Foundation, including Fab City, Fab Conferences, and Fab Academy.


Pablo Valerio (City of the Future)
Pablo Valerio is a renowned tech journalist who regularly contributes to IT ecosystem publications focusing on networking, IoT, security, mobile technologies and smart cities. He explores ways in which technology and cities can work together towards a smarter future.


Kelsie Stewart (CCO, FabCafe Tokyo)
*Moderator
Originally from the United States. Kelsie oversees the FabCafe Global network. In FabCafes across Asia, Europe and America, Kelsie strategizes and aligns Fab synergies to empower everyone to take the initiative to make and share their ideas with local and global communities. Kelsie is also the Tokyo organizer for the Global Goals Jam (GGJ), a two-day designathon and community which aims to create short term solutions for the Sustainable Development Goals. Kelsie has organized sustainability and design thinking workshops in Tokyo, Bangkok and Hong Kong.

[For more information on participation]
If you have trouble joining, please contact through Peatix messaging.

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#901995 2021-01-30 02:28:29
More updates
Sat Feb 6, 2021
11:00 AM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
第1部トーク オンライン参加 FULL
第2部トーク オンライン参加 FULL
Organizer
山梨県富士吉田市ワーケーションプログラム「SHIGOTABI」
133 Followers

[PR] Recommended information