Event is FINISHED

コロナ禍の今だから考える「お金」「働く」「暮らす」の未来~「半農半Xという生き方」の現在

Description
■概要
「半農半Xという生き方」という本の著者でもあり、半農半X研究所代表として、そのコンセプトの実践者でもある塩見直紀さん。
そして、「持続可能な資本主義」「幸せな人は『お金』と『働く』を知っている」などの著者でもあり、元鎌倉投信取締役・資産運用部長、現株式会社eumo(新しいコミュニティ電子通貨)の代表でもある新井和宏さん。
このお二人の贅沢な対談をとおして、これからの地方の未来、北海道の未来を考えます。
(追記)
※後日アーカイブ配信致します。

《テーマ》 
コロナ禍だからこそ考えたい「お金」「働く」「暮らす」の未来~自分のX(天職)と地域のX(宝物)をどう活かす?

《内 容》
18:45 開場
19:00 開会
講演①:『働く、暮らすを考える~半農半Xという生き方の現在』
塩見直紀さん(半農半X研究所代表/総務省地域力創造アドバイザー)

講演②:『お金と働くを考える~株式会社eumoの挑戦』
新井和宏さん(株式会社eumo代表取締役/ソーシャルベンチャー活動支援者会議(SVC)会長)

パネルトーク『自分のX(天職)と地域のX(宝物)をどう活かす?』(質疑応答含)
塩見 直紀さん×新井 和宏さん×広田 まゆみ(北海道議会議員)

20:45 まとめ、告知など

21:00 終了


■登壇者紹介(敬称略)
塩見直紀/半農半X研究所 代表
1965年、京都府綾部市生まれ、同市在住。株式会社フェリシモを経て、2000年に半農半X研究所を設立。21世紀の生き方、暮し方として、「半農半X」というコンセプトを提唱。著書は台湾、中国、韓国でも翻訳され、海外講演もおこなう。綾部ローカルビジネスデザイン研究所、半農半Xパブリッシング(1人出版社)代表。総務省地域力創造アドバイザー、AtoZMaker。

新井和宏/株式会社eumo 代表
世界最高峰といわれた資産運用会社で働き、リーマンショックを機に金融のあり方に疑問を抱く。その後に鎌倉投信を仲間とともに立ち上げた。「志ある会社を応援する」。その投資姿勢が共感を呼び、「R&Iファンド大賞」のNISA/国内株式部門で最優秀ファンド賞も受賞。そして2018年に、共感資本社会の実現を目指して、株式会社eumo(ユーモ)を設立。


■日時
2021年2月22日(月)19:00-21:00


■料金
オフライン参加(限定15名) 5000円
オンライン参加        3500円


■開催方法
オフライン:SapporoIncubationHubDRIVE(北海道新聞社本社ビル2階)
オンライン:Zoom(後日アドレスを送らさせて頂きます。)


■申込方法
Peatixの「チケットを申し込む」ボタンから申し込みください。
また、後日メールにて詳細などをお知らせいたしますので
メールアドレスの記入はお間違いないようお願い致します。
決済方法は、クレジットカード、コンビニ/ATM、Paypalからお選びいただけます。
申込締切は2月21日(日)です。
※コンビニ/ATM払いは申込締切前日で締め切られますのでご了承ください。


■開催者挨拶
北海道議会議員の広田まゆみです。 企業やNPOなど現場の実践者のみなさんと、行政、そして、私たち議員が 北海道の未来に活かしていくための共通認識、共通言語を共有できたら そんな思いで、毎年2月に政経セミナーを開催してきました。 コロナ禍の真っただ中ではありますが、 この厳しいときだからこそ開催を決めました。 初めての試みでオンライン開催です。 コロナ感染症そのものの対策ももちろん重要ですが、 むしろ、限りある地球資源のなかで 私たちがこれからどんな経済活動を行うのか どんな働き方、暮らし方をしていくのか そのことを根本から問い直す機会でもあると思うのです。 高校生、大学生にもご参加いただきたいと思っています。経済的事情のある方はお問い合わせください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#917277 2021-02-12 12:13:03
Mon Feb 22, 2021
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
オフライン参加(限定15名) SOLD OUT ¥5,000
オンライン参加 SOLD OUT ¥3,500
Venue Address
札幌市中央区大通西3丁目6 道新ビル 2階 Japan
Organizer
北海道議会議員広田まゆみ 企業家後援会 広志会
17 Followers
Attendees
24

[PR] Recommended information