Event is FINISHED

マイクロプラスチック・ストーリーオンライン上映会

Description
「マイクロプラスチック・ストーリー  ぼくらが作る2050年」
映画視聴と、監督を交えてのアクション座談会


イベント内容

 海外の映画祭で6つの賞を受賞したドキュメンタリー映画、「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」(原題・Microplastic Madness) 日本語字幕版を1月30日から2月7日の間に各自オンライン視聴していただき、2月7日には映画の共同監督・プロデューサーの佐竹敦子氏と、ZOOMで繋がり、私たちができるアクションを皆さんと話し合います。


開催の主旨
 今、世界を騒がせているマイクロプラスチック問題。私たちが日々、何気なく使っているプラスチックが、劣化し、破砕して、マイクロプラスチックとなり、それが海の生物などに取り込まれて、まわりまわって、私たちが食べている魚を通して私たちの体に帰ってきます。マイクロプラスチックは、海の中だけでなく、あらゆるところで見つかっており、ヒトは毎週、クレジットカード1枚分のプラスチックを食べているとの研究論文もあります。非常に深刻な問題ですが、この問題にニューヨーク市の子どもたちが、自分たちにできることは何かを、自ら考えて立ちあがりました。子どもたちの活動に、勇気づけられるすばらしい映画です。この映画のすばらしさを一人でも多くの人と一緒に分かち合えたらと思い、上映会を企画しました。また、座談会では、長野県池田町でも、他の地域でも地元から起こせるアクションを佐竹監督と話し合って行きたいと考えています。

スケジュールと参加の方法
1月30日(0:00)〜2月7日(23:00)

お申込みいただいた皆様に、この期間内有効な映画のリンクとパスワードをお送りします。

皆様の端末で各自期間内に映画をご視聴いただきます。(リンクとパスワードは、あくまで個人視聴とさせていただきます。一つの端末で複数の方でご覧になる場合はできればご家族内などに限定いただき、このような素晴らしい映画を作成してくださった監督の活動を支援するためにも、人数分お申込みいただければ幸いです。)

なお、常にパソコンをチェックしているわけではありませんので、お申込みいただいてから、リンクトパスワードをお送りするのに少々お時間がかかる場合があります。多少のお時間がかかることはご理解いただけますようよろしくお願いいたします。


2月7日

前日の2月6日までに座談会参加用のZOOMリンクとパスワードをお送りします。

2月7日11:00 座談会用のZOOMリンクにアクセスしていただき、座談会開始

 監督の自己紹介と映画の背景など

 感想のシェアなど

 質疑応答

12:00 座談会終了(残りたい方には若干の延長も可)



映画紹介
 ニューヨーク、ブルックリンの5年生たちが世界的に大きなプラスチック汚染問題を学び、彼らの視点でこの問題の根幹が何かを問いただし、解決に向かって自分たちのコミュニティーからアクションを広げて行くまでの2年間を追った長編ドキュメンタリー。

  映画では子供達の素朴な疑問を丁寧に重ねていきながら、専門家がそれに答えて行き、そしてアニメーションをふんだんに使ってこのプラスチック汚染問題を子供から大人までわかりやすく解き明かして行く。子供達のまっすぐな熱意から希望が滲み出る「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」は世界の29の映画祭に選定され、6つの賞を受賞している。

映画の公式サイト(予告編もこちらから) www.microplasticstory.org



映画ではもうすぐ日本語吹き替え版の制作に取り掛かるそうです。子役の声優を一般公募でオーディションし、合格した子たちをプラ削減アンバサダーとして認定するという制作プロセスそのものが啓発活動になる楽しい企画とのこと。たくさんの方々に応募いただくためにもぜひまずは映画をご覧ください。

観客コメント
「奇跡のような映画が出来た!子供達から未来へのヒントをもらう」環境活動家・プロダイバー 武本匡弘

「海洋プラスチック汚染が世界的な問題となる中で、子供たちが自分たちの足でデータを集め、そして社会を動かしていく様は圧巻。ネットを活用した授業も、こんなことまで出来るのか!と驚きの連続でした。」大阪商業大学公共学部准教授、NPO法人プロジェクト保津川代表理事 原田禎夫



「海のプラスチックごみの根本解決に向かう子どもたちの生の声で伝えられる映像は強く心に響きました!制度をも変えようとするその行動力に大きな拍手。私たちも頑張らねば!」全国川ごみネットワーク事務局 伊藤浩子



監督プロフィール
佐竹敦子(英名:Atsuko Satake Quirk)環境活動家 ドキュメンタリー映像作家

マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年 共同監督&プロデューサー



 1966年生まれ。埼玉県さいたま市出身。1993年に広告代理店を辞職して単身渡米、ニューヨークで17年間映画、コマーシャル、テレビ番組などの制作プロデュースに関わる。2007年からボランティアで続けていた環境教育活動が、2010年より本業に。映像作家として環境教育のドキュメンタリー制作も同時に開始する。現在ニューヨークを拠点とするNPO団体カフェテリアカルチャーにてメディアディレクターをつとめながら、合衆国環境保護庁やニューヨーク市教育委員会と密接に活動、ビデオ制作と実際公立の小中学校に出向いての環境教育を行なっている。

 主な作品に「School Lunch in Japan - It’s Not Just About Eating」(YouTubeで3,000万回再生) また東京都制作の海ごみをテーマにした短編ムービー(2017)、そして海ゴミをテーマにした短編ドキュメンタリー「みんなの海だから」(2013) が8つの映画祭に入選、NY市国際映画祭での最優秀短編ドキュメンタリーを受賞した他、コスタリカ、インドの映画祭でも受賞を果たしている。ニューヨーク市マンハッタン在住。日本大学芸術学部放送学科卒業。佐竹のプロフサイト:www.atsukoquirk.com



カフェテリア・カルチャーについて 
「マイクロプラスチック・ストーリー ぼくらが作る2050年」(原題・Microplastic Madness) をプロデュースしたカフェテリア・カルチャーはニューヨーク市を拠点とする非営利の環境教育団体で、2009年にStyrofoam Out of Schools として創設され、ニューヨーク市の学校給食で使用されていた発泡スチロールのトレー廃止を主導した。それが全米10都市での廃止に繋がり、現在年間約5億枚のトレーが堆肥化可能なものに変わっている。

 団体ではニューヨーク市内の公立小中学校での環境教育プログラムを活動基盤とし、常に学校を拠点とした政策提言活動やプラスチック削減のキャンペーンを行なっている。環境教育プログラムは、シェルターや市営住宅に住む生徒が多く、また人種的にもアフリカ系アメリカ人やヒスパニック、ラテン系の多い学校で行われている。常に、科学とデータに基づいた問題解決策を生徒たち自身でデザインして行くこと、メディアやアート、ビジュアルを駆使してメッセージを伝えて行くことをモットーに、子供達が環境問題だけでなく様々な社会問題に対する自分たちの声を発信し、アクションを起こすスキルを身につけルためのプログラムを提供している。

 カフェテリア・カルチャーは2015年、北アメリカ環境教育協会主催のUL Innovative Education Award for advancing environmental STEM education で北米で5団体にしか与えられない優秀賞を受賞。また2013年にはアメリカ環境保護庁のEnvironmental Quality Award を受賞している。

カフェテリア・カルチャーのウエブサイト:www.cafeteriaculture.org
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#902774 2021-01-31 02:42:39
Jan 30 - Feb 7, 2021
[ Sat ] - [ Sun ]
12:00 AM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
マイクロプラスチック・ストーリー上映会 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
池田町プラスチック問題を考える有志の会
58 Followers

[PR] Recommended information