Event is FINISHED

【満員御礼】暮らしの処方箋第五弾『蜜蜂の冬仕込み』

Description



自分を知り、自分に合った暮らしを学ぶ



____________________________________________________________


睦月『蜜蜂の冬仕込み』

ミツバチの暮らしから学ぶことはたくさんあります。ミツバチは、寒い時期は巣のなかで、春に向けてエネルギーを蓄えていきます。
春の桜が咲く頃に、盛んに外に出て、蜜を運んでくるために巣箱の中でせっせと準備しているのです。

私たちの生活も、もともとは季節に合わせて冬前に保存食を作ったり、庭の草木から獲れるものを食べたりしながら、ライフスタイルを構築してきました。

2021年の暮らしの処方箋は、季節を先読みしながら暮らしていくミツバチのように、周りの環境に合わせた暮らし方を学んでいきます。
なかなか外に出られない今だからこそ、ミツバチのように、おうちの中でエネルギーを蓄えながら、季節がめぐり外にでられる時期になったときのための準備をしていきましょう。

『ミツバチ』と『保存食』をテーマに、薬草使新田理恵氏による睦月(和暦では2月のことを睦月と言います)の暮らしの処方箋講座に加え、Marutaの近くの深大寺養蜂園の百合の木蜂蜜を使用したMaruta特製「発酵蜂蜜」をご自宅にお届けします。



蜂蜜をそのまま食べるのも美味しいですが、発酵させると少し味が変化するだけでなく、料理にアレンジしやすくなるので、Marutaのお料理やドリンクでもしばしば登場します。

新田理恵氏のレクチャーでは陰陽の考え方と直結している和暦について触れながら、冬〜春に向けて前向きになる暮らし方をミツバチから学んでいきます。自然を頼りに生きるための観察力や判断力を養いましょう。


🐝当日はなんと特別ゲストとして深大寺養蜂園の養蜂家さん、杉沼さんにもご参加いただき、蜂蜜の世界についてお話していただけることに・・・!またとない機会ですのでぜひお楽しみに^^

____________________________________________________________

【日程】2月12日(金) 18:00-19:30

【タイムテーブル】
18:00-19:00 薬草使、新田理恵氏講座『ミツバチから学ぶ睦月の暮らし方/保存食、発酵蜂蜜について』
19:00-19:30 オンラインセッション(発酵蜂蜜のお試しやQ&A)
※今回はオンラインのみの開催、Marutaからのライブ中継です。
オンラインセッションでは、インタラクティブに講師や参加者同士で質問ややりとりができる時間となります。
チャットでのやりとりも可能です。

【参加費】
(オンライン) 3500円
※2/5までにお申し込みの方は、イベント当日までに蜂蜜とレシピをお届けします。2/6以降お申し込みの方は、イベント終了後にお届け予定になります。
 
【参加費に含まれるもの】
・薬草使、新田理恵氏の講座
・深大寺養蜂園の蜂蜜 <通常/発酵蜂蜜小瓶>(通常蜂蜜と発酵蜂蜜の食べ比べも行います)
・発酵蜂蜜の作り方と、Maruta石松シェフ考案、発酵蜂蜜をつかったドリンクと料理へのアレンジレシピ
  レシピ内容▷▶︎
発酵蜂蜜とリコッタチーズのサラダ

水出し黒文字茶と発酵蜂蜜


【こんな人におすすめ】
・発酵、保存食に興味のある方。
・薬草、ハーブを暮らしに取り入れたい方。
・体の不調を薬草で整える方法を知りたい方。
・日々の暮らしにもっと手間ひまをかけたい方。
・都心で生活していながら自然に触れたいと考える方。
・食と健康について興味がある方。
・自然との共生、季節に合わせた暮らし方を知りたい方。
・丁寧な暮らしを実践したい方。
・Marutaの料理やドリンクをおうちでも作ってみたい方。

____________________________________________________________

◇『暮らしの処方箋サロン』とは

『暮らしの処方箋サロン』では、季節のテーマに合わせて、インプット→アウトプットのサイクルで学んだことを自分の中に落とし込みながら、自分なりのライフスタイルを一緒に考えていきます。

万人に効く健康法はこの世に存在しません。
自身の健康のためにできる最善の道は、インターネットや薬局で得られる情報を頼るのではなく、自分を知り自分の感覚に従うことです。その感覚は、季節、気分、体調など時間や環境によっても人それぞれ異なります。
社会にとって必要のないもの、自分にとって必要のないものを削ぎ落としていきながら、自分に最も重要なものを残し、大事にしていくことで、自分自身の治癒力を高めていきましょう。

____________________________________________________________

【ゲスト】

◆shok・shok
和の薬草について、「食」と「植」の視点から、薬草ガーデニング活動や、都内の農園や近郊の山野でみられる薬草を都会くらしの人々へ届ける情報発信を行う。

■會澤 佐恵子

AWAI design代表/ADDReCデザインパートナー/ランドスケープ・デザイナー。
文化と素材を大切にし、対話から風景を調律するという姿勢で関係性をデザインする。日本とシンガポールを中心に世界各地の庭や風景を考える。建築やランドスケープデザインを礎に、異業種・職人やアーティストとの協業など、職能を超えた活動を行う。

代表作に「アマン東京ロビーの石庭」、「八幡屋旅館別邸内観デザインおよび監修」、「HDB(シンガポールの公団住宅)外構改修計画」等。

「海外で建築を仕事にする2-都市・ランドスケープ編」共著(2015年、学芸出版社発行)、AXIS web magazineインタビュー「アートから生物多様性の再構築までを手がけるランドスケープデザイン」(2017年、https://www.axismag.jp/posts/2017/05/76231.html)、 等


■新田 理恵

薬草使/TABEL株式会社 代表
管理栄養士であり国際中医薬膳調理師。食を古今東西の文化と学問からとらえ、すこやかで慈しみのある食卓を提案する。

2014年から日本の薬草文化のリサーチをはじめ、各地を紡ぎながら伝統茶{tabel}を立ち上げる。2018年より薬草大学NORMも開始。
監修のお仕事の代表例は、Found MUJI「植物とすこやかな暮らし/2016」(企画・商品監修)、群言堂「からだ想いの里茶」(商品監修)など。

著書に「薬草のちから(晶文社)」がある。
https://tab-el.com/


■石松一樹


Restaurant Maruta Head Chef
エコール辻 フランス校卒業後、レストラン「KM(カーエム)」など都内有数のレストランで研鑽を積み、2015年渡豪。オーストラリア・メルボルン市街のレストラン「Brae」でシェフ ダン・ハンターに師事。

Farm to Kitchenに影響を受け、日本での「ローカルファースト」を追求している。2017年「Maruta」のレストランプロジェクトに参加、シェフに就任。

「Maruta」の活動以外にも、飲食店などのでメニュー開発など多岐にわたり活動を行う。2019年8月26・27は東日本大震災復興支援プロジェクト「リボーンアート・フェスティバル2019」に「Reborn-Art DINING」で参加。



【画像掲載及び肖像権について】
イベント開催中、録画レコーディングをさせていただきます。また、オンライン画面のスクリーンショットやカメラ撮影も行う予定です。本イベントで撮影した画像、動画について、有限会社グリーン・フラッグス及び株式会社グリーン・ワイズ(運営)が下記の定める使用範囲において無償で使用することについて同意した上でご参加ください。

★使用範囲
  1、有限会社グリーン・フラッグス及び株式会社グリーン・ワイズが作成する営業ツール、提案書
  2、有限会社グリーン・フラッグス及び株式会社グリーン・ワイズが運営するウェブサイト、Youtube、Instagram、Facebookを含むSNS




Updates
  • タイトル は 【満員御礼】暮らしの処方箋第五弾『蜜蜂の冬仕込み』 に変更されました。 Orig#916359 2021-02-12 00:27:01
More updates
Fri Feb 12, 2021
6:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンラインチケット<Maruta発酵蜂蜜瓶とおうち料理レシピつき> SOLD OUT ¥3,500
Organizer
Maruta
75 Followers

[PR] Recommended information