信仰を哲学する#1「祈願」

Description

願いを心に手を合わせ、目を閉じて、それが叶いますようにと念じる…


「祈願」という行為は、国や民族、時代や文化、宗教や信仰心を超えて、私たち人間の文化として存在してきたのではないでしょうか。

私たちはなぜ祈り、願うのか。それはどのような営みなのか。
皆さんと一緒に、「哲学対話」(※)という方法で考えてみたいと思います。

宗教不問、無宗教という方も、どなたでもご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○日 時:1月28日(木)20:00-22:00
○テーマ:「祈願~祈ること、願うこと」
○参加費: 無料
○定 員:15名
○主 催: 山下真実、安本志帆

山下真実(やましたまこと)
キリスト教会牧師。元キリスト教系小学校教諭。 青少年の居場所づくりに関心をもちつつ、対話的コミュニケーションを軸に、教会や地域において対話の場を開いている。みんなの哲学対話@ふじみ野主催。 専門はキリスト教礼拝と賛美歌の歌詞、言葉の研究。

安本志帆(やすもとしほ)
みんなのてつがくCLAFA代表。元幼稚園教諭。
幼児教育を通して人間教育の観点から哲学対話を捉え、幼児から高齢者まで様々な人と哲学対話実践をおこなっている。

CLAFA対話のアトリエ、犬てつ、高浜市やきものの里かわら美術館、全国の小中高大学で外部講師として哲学対話のファシリテーターを務めるほか、異業種間の哲学対話の企画運営や当事者研究、哲学対話の個人セッション(哲学相談)もおこなう。
著書に『こどもと大人のてつがくじかん』( LANDSCHAFT)。



※「哲学対話」とは、テーマに基づいて参加者が一緒に「問い」を立て、深めていく、自由な対話の時間・場です。
テーマや哲学に関する知識が無くても参加することができます。
大切にしていることには、以下のようなことがあります。
・何でも話していい(話さなくてもいい)
・人の話に否定的な態度を取らない
・知識よりも自分の経験から話す
・まとまらなくてもいい
Updates
  • タイトル は 信仰を哲学する#1「祈願」 に変更されました。 Orig#876046 2021-01-06 05:46:22
Thu Jan 28, 2021
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 FULL
Organizer
CLAFA対話のアトリエ
108 Followers

[PR] Recommended information