Event is FINISHED

Higgaion Selah
Reading performance vol.3

Description
※お知らせ 
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を鑑み、会場での観覧を中止しいたします。
イベントは非公開で収録し、後日、オンラインで閲覧いただけるようにいたします。
楽しみにしてくださっていた皆さまには、大変申し訳ありません。
何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。


Higgaion Selah〈ヒガヨン・セラ〉 

「三田文學」にも登場した詩人、奥間埜乃さん、藤原安紀子さんが リーディング・パフォーマンスとして行なっている〈ヒガヨン・ セラ〉を新年最初のイベントとして開催することになりました。
(「三田文學」編集部)

reading peformance
〈ヒガヨン・セラ〉
今日この場を、詩を感得するための、ひとつの洞窟と呼ぼう。
そしてこの試み<ヒガヨン・セラ>は詠う身体が奏でる歌へ感応、 詠いあげられた詩の奪還を目指すといおう。
身体としての言葉を聴き、身体を口にし、他者の沈黙を厭わず、 響き入る未然の声を救い、とぎれとぎれに、〈ヒガヨン・セラ〉、 つぶやけばいい。
そのとき、肉声は可能な地平線を超え,、踊り、 軽やかなステップで朗笑する。

奥間埜乃 OKUMA Nono
1975年生まれ。早稲田大学学部、 学習院大学大学院日本文学日本近現代詩博士前期課程修了。現在、 緩和医療学医学研究科博士課程在籍。2019年、第一詩集『 さよなら、ほう、アウルわたしの水』。

田中教順 TANAKA Kyojun
1986年生まれ。 東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻音楽音響創造分野博 士後期課程修了。DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN(dCprG)等のバンドにドラマーとして参加。 演奏活動と研究活動を並行して行なっている。

藤原安紀子 FUJIWARA Akiko
​1974年生まれ。第40回現代詩手帖賞受賞。詩集に『音づれ る聲』(第16回歴程新鋭賞受賞)、『フ ォ ト ン』、『ア ナザ ミミクリ an other mimicry』(第31回現代詩花椿賞受賞)、『どうぶつの修 復』(第35回詩歌文学館賞受賞)。詩誌「canalis」 編集同人。

山本草介 YAMAMOTO Sosuke
1976年生まれ。早稲田映画祭グランプリ受賞。 第二十回東京学生映画祭第三位受賞。神奈川映像コンクール( 審査委員長 大島渚)優秀賞受賞。佐藤真、東陽一、ペドロ・ コスタなどの映画監督作品に演出助手として参加。映画『 もんしぇん』監督。
2020年、初の著書『一八〇秒の熱量』を上梓。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#890157 2021-01-19 13:12:35
More updates
Sun Jan 31, 2021
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
非公開
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
非公開 Japan
Organizer
三田文學編集部
192 Followers

[PR] Recommended information