Event is FINISHED

【無料】ローカルの時代へ!持続可能な地域をつくる、ローカルならではの尖った挑戦のあり方とは?

Description
「ローカルの時代へ!」

世界的なパンデミックの到来により、「グローバルに張り巡らされたネットワーク」「人の移動の自由」をはじめ、世界規模で「これまでの当たり前」が大きく変化しました。また、一人ひとりの暮らしや生き方の変化により、ローカルにも変革の時が訪れています。

仕事においてもオンライン化やリモートワークが浸透する中、ローカルでの暮らしや2拠点居住へのハードルが下がり、自然豊かな環境への移住や、ローカル起業、副業兼業等に注目が集まっています。

本イベントでは、人口約4万8千人、阿蘇の外輪山を源とする豊かな水資源と肥沃な大地に恵まれ、県内有数の農林畜産業が盛んな地域でありながら、車で熊本市まで約40分、くまもと空港まで約30分、阿蘇までも約30分という、「都市と農村」が絶妙に融合した「熊本県菊池市」を事例に、

・銀行・IT業界経験と海外駐在経験をお持ちの江頭実菊池市長
・国内外を飛びまわるビジネスクリエイターで「最強の縄文型ビジネス」著者の谷中修吾氏
・山口県周防大島に移住し「瀬戸内ジャムズガーデン」を起業・経営する松嶋匡史氏

を交え、パンデミックによる世界の変化や日本の地方創生への影響等を踏まえながら、持続可能な地域をつくるローカルでの尖った挑戦のあり方について討論します。


[熊本県菊池市 菊池渓谷]

【こんな方におすすめ】
・ローカルな暮らしや生き方、起業に興味をお持ちの方
・都市と農村のバランスがとれた街への移住等興味をお持ちの方
・地方での副業兼業に興味をお持ちの方
・菊池市民や菊池市に興味をお持ちの方

【イベント概要】
日時:2020年12月11日(日)18:30-20:00
・形式:オンライン(zoom使用)
・参加費:無料
・申し込み:本peatixページよりお申込み下さい

【登壇者紹介】
■江頭 実 氏(熊本県菊池市長)

熊本県菊池市出身。菊池高校、九州大学経済学部を卒業後、(株)富士銀行(現みずほ銀行)入行し、主に海外部門に従事。
ドイツ、ニューヨーク、ロンドン、スイスなどに駐在し、スイス富士銀行社長、ロンドン支店長などを歴任し、2009年からソフトバンク(株)に勤務。
2013年4月菊池市長選に出馬し、初当選後、現在2期目。菊池米コンクール創設(本年8年目)、九州米コンクール創設(本年4年目)、大型育苗工場(竹内園芸)誘致、田島工業団地完売(ニフコ、阿蘇製薬、経済連)を行った。
現在も農業や観光のシナジーによる経済のエンジンづくり、市民や来訪者の健康増進を目指す『癒しの里きくち』を推進中。

松嶋 匡史 氏(株式会社瀬戸内ジャムズガーデン 代表取締役)

「新婚旅行先パリでジャム屋と出会い、手作りジャム専門店を高齢化率日本一と言われた瀬戸内の島、周防大島(山口県)にて創業。
耕作放棄地を再開墾し自社農業部門を設立し苺・ブルーベリーなどを栽培。地域で生産されている果実類は既存農家からフェアトレードで仕入れ、地域農家への経済循環と共働の仕組みを構築。工房ではテロワールを大切にしたヴィンテージジャム造りを行い、直営ブティックにて販売まで手掛ける6次産業化を実践(6次化で農林水産大臣賞を受賞)。ジャムの食べ方を提案するカフェ・ギャラリーを併設し、訪れる観光客は年間7.5万人になっている。高齢化率日本一だったことを移住後に知り、地方創生が始まる前から島へのUIターンを応援する会「島くらす」を立上げ、移住先進地として広く知られるようになる。更に地域内経済循環を促すため、観光協会副会長として観光関連事業にも参画。地域内の農業生産者や店舗事業者、障がい者支援施設などを巻き込んだ地域全体6次産業化を実践。
最近では恩送りプロジェクトとして青少年の起業家教育やキャリア教育・里山資本主義インターンシップなど次世代育成に取り組むとともに、全国各地の里山資本主義的取り組みを手助けし、海外発信の取り組みとして英字新聞JapanTimes社とともにSatoyama推進コンソーシアム設立に関わるなど、活動の幅を広げている。

■谷中 修吾 氏(ビジネスプロデューサー/BBT大学 グローバル経営学科長・教授)

ビジネスプロデューサー。BBT大学 経営学部グローバル経営学科 学科長・教授/BBT大学大学院MBA 教授。静岡県出身。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻卒。3歳からマリンバ演奏で舞台経験を重ね、クリエーターとして様々な創作表現活動に従事。外資・戦略コンサルティングファーム Booz Allen Hamiltonを経て現職。国内最大級の地方創生イノベータープラットフォーム「INSPIRE」を立ち上げ、超絶まちづくりの集合知を社会にシェアする取組を展開。地方創生分野において、内閣府、総務省、環境省、農林水産省、文部科学省で有識者を務める。OECD(経済協力開発機構)農村イノベーション専門家会議エキスパート委員。 慶應義塾大学SFC研究所「地域デザイン・ラボ」総合プロデューサー。世界30ヶ国を遍歴し、国内外の地域創生に専門知見を持つ。著書『最強の縄文型ビジネス』(日本経済新聞出版社)。

【ファシリテータ】
渡邉知(株式会社ファイアープレイス 代表取締役)

宮城県仙台市生まれ。電通グループ企業の人事部採用グループマネジャ−、経営計画室勤務を経て、2008年より(株)リクルートへ中途入社。大手企業の人材採用・育成支援部門で営業活動に従事した後、2011年よりじゃらんリサーチセンター エリアプロデューサー/研究員。主として都市圏から地域への交流人口増をテーマにした社会課題に関わる。複数回の営業MVP、TOPGUN AWARD受賞(2010年度)。2014年よりISIDオープンイノベーション研究所。ビジネスプロデューサーとして、主にICTを活用した地域コミュニティづくりに携わる。2015年、コミュニティ起点の「場づくり」を事業ドメインとする(株)ファイアープレイス設立。
ビジョンは「全ての人がビジョンを介して有機的に繋がり合う社会の実現」。繋がりをデザインしたい。豊かなコミュニティを育むことで幸せになりたい。そのほか、東京都観光まちづくりアドバイザー、静岡県地域づくりアドバイザー、(株)さとゆめ社外アドバイザー、一般社団法人SIDELINE理事も務める。自分で名付けた肩書きは、イグナイター(火付け役)。

【プログラム】
※18:20 待機室オープン※
18:30 オープニング
18:50 パネルディスカッション
19:50 質疑応答(※チャットにて受付)
20:00 終了
※スケジュールや内容は予告なく変更になる場合がございます。

【参加方法】
◆オンライン(Zoom)で実施いたします。あらかじめZoomアプリのインストールをした上での参加を推奨します。
◆インターネット環境、カメラ、マイク付のパソコンもしくはスマートフォンが必要です(画面共有いたしますのでパソコンでの参加を推奨します)。
◆前日までにご登録いただいたメールアドレスにZoomURLをお送りいたします。
◆開始時間10分前になりましたら、URLにアクセス可能となります。

【協力】
一般社団法人INSPIRE

【参考情報:熊本県菊池市について】
・菊池市ホームページ:https://www.city.kikuchi.lg.jp/
・きくち暮らしのすすめ:https://www.city.kikuchi.lg.jp/ijuteiju/

[熊本県菊池市 竜門ダム]

<お問い合わせ>
株式会社さとゆめ
kenshu_info@satoyume.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#852827 2020-12-08 00:28:23
More updates
Fri Dec 11, 2020
6:30 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加券 FULL
Organizer
株式会社さとゆめ
53 Followers

[PR] Recommended information