(DAY 7) ヨーロッパ文芸フェスティバル 2020 (European Literature Festival)

Description

こちらはヨーロッパ文芸フェスティバル第7日目(最終日)を、ヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)の会場で観覧いただくための予約ページです。
各イベントの詳細は、公式サイト https://eulitfest.jp をご覧下さい。

This is the registration site for the offline attendance at the venue for DAY 7 of the European Literature Festival 2020.
For details on the individual events, please visit our website: https://eulitfest.jp


(English follows Japanese)

ヨーロッパ各国の作家や翻訳者が日本の識者と共に朗読やレクチャー、対談、パネルディスカッションに参加するヨーロッパ文芸フェスティバル。
4回目となる本年は、コロナ禍の影響により、主としてオンライン配信で注目のヨーロッパ人作家や作品を紹介します。
また、本年は特別に15人のヨーロッパ人作家の作品(短編または長編の抜粋)を期間限定で公開します。
ほとんどが日本で初めて紹介されるものです。トークイベントと合わせてお楽しみください。


(DAY7) ヨーロッパ文芸フェスティバル2020

📅11/27(金)

⌚18:00 - 19:45

7-1 朗読&トーク:小椋彩/アンナ・ツィマ/クロージングイベント(中継あり)

第1部ではノーベル文学賞作家オルガ・トカルチュクをめぐる翻訳家小椋彩とポーランド広報文化センター所長の対話、第2部では東京在住のチェコ人作家アンナ・ツィマとチェコ文学翻訳家・研究者の対話をお届けします。

登壇者:【第1部】小椋彩(翻訳家)、マリア・ジュラフスカ(ポーランド広報文化センター所長)、【第2部】アンナ・ツィマ(『シブヤで目覚める(仮)』)、阿部賢一、須藤輝彦

The first part is a discussion on Nobel Literature Prize laureate Olga Tokarczuk between her translator Hikaru Ogura and the director of the Polish Institute, followed by a dialogue with Czech author Anna Cima, who currently resides in Japan.

DAY 7 European Literature Festival 2020

📅27 NOV.

⌚18:00 - 19:45
1-1 Dialogues: Hikaru Ogura / Ana Cima
Speakers: (part1) Hikaru Ogura (translator) and Maria Żurawska (Director, Polish Institute in Tokyo); (part 2) Anna Cima (author of I Wake up in Shibuya), Kenichi Abe, and Teruhiko Sudo

Fri Nov 27, 2020
6:00 PM - 7:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自由席 *予約後キャンセルを希望する方はご連絡ください ON HOLD
Venue Address
港区南麻布4丁目6−28 ヨーロッパハウス Japan
Organizer
ヨーロッパ文芸フェスティバル(European Literature Festival)
1,289 Followers

[PR] Recommended information