次代の農と食を語る会 vol.26 あらためて知る 都市農業の歴史と役割、そして生活者とのコミュニケーション

Description
「次代の農と食」を語り合うトークセッション。生産、流通、小売、IT、デザイン、料理人といった垣根をこえてつながり合い、深め合い、出会いと交流が生まれるサロンを目指して毎月開催しています。

 
【今回のテーマ】

 
9月に開催した「有機農家と慣行農家の対話」では、東京都国分寺市にて農業を営む中村克之さんに「慣行農業」の立場からご出演いただきましたが、同時に「都市農業」についても色々なお話を伺うことができ、終了後のアンケートでは「都市農業に対するイメージが変化した/知らなかった」という声が多数寄せられました。

多くの生活者にとって本来より身近な存在であるはずの都市農家ですが、これまで両者の接点は限られていました。そのため、物理的にはお互い近くに暮らしているにもかかわらず、生活者は農業を知らず、農業者も生活者の考えていることがなかなかわかならいというギャップを抱えていました。

しかし近年では、農業者による様々な試みや働きかけを受けて、変化も起こっています。そこで今回は、都市農業を盛り上げるために活躍されている、東京都三鷹市の植木生産農家、JA東京青壮年組織協議会委員長をつとめる須藤金一さんをゲストにお迎えします。

かつて「都市に農地は不要」と断じられた時代から、農業者たちが農地を守るために奮闘してきた歴史の物語、そして今まさに求められている多面的な機能、これからの持続可能な社会作りに向けて都市農業が果たしていく役割について、あらためて詳しく伺っていきます。

都市農業を媒介に、農業者と生活者のコミュニケーションが日常になっていくことで、農業にまつわる誤解や思い込みが解消され、単なるトレーサビリティをこえた「顔の見える関係」が生まれていくのではないでしょうか。

シリーズ「農業のやさしい未来を考える」では、農と食にまつわる正しい理解と経験知の共有、そして分断を乗り越えるフェアなコミュニケーションのあり方を参加者の皆さんと一緒に考えていきます。ぜひご参加ください。



【イベント概要】
  
◆ 日時:2020年12月4日(金)19:00開始 20:30終了予定

◆ ゲスト:須藤金一(植木生産農家、JA東京青壮年組織協議会委員長)
https://machino.tokyo/sudo_kinichi/

◆ 会場:オンライン配信 zoomを使用します。参加予定の方にURLをお送りします。

◆ 申込方法:peatix

◆ 参加費
一般:1,500円
次代の農と食をつくる会 会員:無料 

「次代の農と食をつくる会」会員の方は、各種イベントが参加費無料+過去のイベントアーカイブが見放題です。
月額2,000円(税込)。会員登録の詳細はこちらから
  
 

【ゲストプロフィール】


◆ 須藤 金一


昭和53年、東京都三鷹市に生まれる。

一橋大学経済学部卒業後、三和銀行に入社。銀行員として、様々な業種との関りの中で「経営」を学ぶ。26歳で家業の「須藤園」を継ぎ就農。就農と同時に、JA東京むさし青壮年部に入部。盟友たちとの活動を通じ、協同活動の魅力に目覚める。

平成27年よりJA東京むさし三鷹地区青壮年部部長、三鷹市教育委員。平成29年よりJA東京青壮年組織協議会理事・副委員長を歴任。令和元年には同委員長、および全国農協青年組織協議会監事に就任。都市農業の価値を広く伝えるべく、日々精力的に活動している。

〇経営品目 植木2.9ha ブルーベリー、かんきつ 10a
https://machino.tokyo/sudo_kinichi/

 
◆ 主催・問合せ:一般社団法人 次代の農と食をつくる会 
〒107-0052 東京都港区赤坂3-19-1 東京農村4F 担当:間宮(事務局)
info@jidainokai.com / http://jidainokai.com
 
 
◆ 次代の農と食をつくる会について

・誰もが農のある時間を持つことができて、
・規模の大小やスタイルを問わず、多様な生産者どうしが情報交換したり想いを語り合えて、
・生産者、流通業者、生活者(つくる人、運ぶ人、食べる人)が互いの日常をもっと知り合える、

そんな【農と食に関わる多様な人たちのネットワーク、場、仕組をつくる】ことを目指し、さまざまな分野のメンバーが全国から集い、結成されました。
http://jidainokai.com/
Fri Dec 4, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費(一般) ¥1,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 3, 2020.

Organizer
次代の農と食をつくる会
302 Followers

[PR] Recommended information