Ticket is not available

【WEBセミナー】新規ビジネス創出に向けたルールメイキングの実践~規制のサンドボックス制度の活用事例

Description
(2020/11/24追記)
本イベントのお申込みフォームについて、こちらのページhttps://zelojapan.com/seminar/9547 )に変更しております。
新規お申込みの方は、上記ページをご参照くださいませ。

なお、すでにお申込み済みの方につきましては、上記ページから再度お申込みいただく必要はございません。
皆様のご視聴をお待ち申し上げております。


----------

新規ビジネスの創出にあたり、現行規制との関係が問題になるケースは少なくありません。

本イベントでは、新規ビジネス立ち上げ時や、既存ビジネスを変更する際などに利用できる規制改革スキームの概要をご紹介します。
また、規制のサンドボックス制度を実際に利用し、「電子契約システムを用いたマンスリーマンション事業に係る定期借家契約書面の作成に関する実証」を行ったgooddaysホールディングス株式会社様から、制度利用に至った背景や実際の実証実験の内容などをご紹介いただきます。

実例をご紹介いただいた後には、内閣官房、事業者、弁護士の三者によるディスカッションを通じて、規制のサンドボックス制度を利用する際の実際の動き方について深堀りしていきます。

新規ビジネス創出に向けたルールメイキングの実践についてご関心をお持ちの方、是非ご参加ください!

※こんな方におすすめです。

  • スタートアップ経営者・ビジネス開発担当の方
  • 新規ビジネスの立ち上げに取り組むビジネスパーソン
  • スタートアップを支援する弁護士・専門家・ベンチャーキャピリスト


【開催日時】

12/9(水)17:00~18:30
(CIC Tokyoよりオンライン配信)

【登壇者情報】


浦野 亮一 内閣官房成長戦略会議事務局 参事官補佐
2018 年 12 月より、現職の内閣官房成長戦略会議事務局(旧 日本経済再生総合事務局)にて「規制のサンドボックス制度」を担当。


小野 誠人 gooddaysホールディングス 電子署名サービス開発担当
2015年より不動産賃貸業向けに電子署名サービスの開発・販売を担当。不動産業における書面交付や押印に対する規制緩和を進めるべく、規制のサンドボックス制度を活用した実証実験を2020年9月より実施中。


官澤 康平 弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業
2011年東京大学法学部卒業、2013年東京大学法科大学院修了。2014年長島・大野・常松法律事務所入所。2019年8月、法律事務所ZeLoに参画。弁護士としての主な取扱分野は、M&A、ジェネラル・コーポレート、訴訟・紛争、危機管理・コンプライアンス、ルールメイキング/パブリックアフェアーズなど。


南 知果 弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業
2012年京都大学法学部卒業、2014年京都大学法科大学院修了。2016年西村あさひ法律事務所入所。2018年4月、法律事務所ZeLoに参画。スタートアップ支援、パブリックアフェアーズ、FinTechを中心に幅広く業務を行う。一般社団法人Public Meets Innovation Legal Community Manager。消費者庁「消費者のデジタル化への対応に関する検討会AIワーキンググループ」委員(2020年)。


松田 大輝 弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業
2018年東京大学法学部卒業。2020年法律事務所ZeLo・外国法共同事業参画。
弁護士としての主な取扱分野は、スタートアップ、パブリックアフェアーズ、規制対応、ジェネラル・コーポレート・ガバナンスなど。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#835442 2020-11-24 09:57:13
More updates
Wed Dec 9, 2020
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット ON HOLD
Organizer
法律事務所ZeLo・外国法共同事業
81 Followers

[PR] Recommended information