Event is FINISHED

【オンライン配信専用】狂言・ダンス・音楽による「兵士の物語」

Description
このチケットは2021年2月10日(水)オンライン配信専用チケットになります。



コロナ禍でも何かできることはないのか、我々は今何をすべきか?と考えた時に、第一次世界大戦直後に疲弊した状況下で何か上演できるものはないかとストラヴィンスキーが創り出した「兵士の物語」を思い出した。副題は『読まれ、演じられ、そして踊られる』である。そうだ「兵士の物語」なら個別の稽古が可能だ!お客様には普遍的な人間の滑稽さを芝居で、小編成ではあるが管弦楽の音楽、そしてダンスを同時に楽しんでもらえる。別々に稽古するならば全く違うジャンルを組み合わせてみようと、日本古来から伝わる喜劇「狂言」と近代に生まれたコンテンポラリーダンス、そして指揮者がいない管弦楽団「カメラータかなっく」(かなっくホールレジデント室内楽団)による「狂言とダンスと音楽による『兵士の物語』」の上演に至りました。

『兵士の物語』(The Soldier’s Tale )とは?
ロシアの民話を元にイーゴリ・ストラヴィンスキー が作曲し、シャルル・フェルディナン・ラミューズ が台本に起こし、1918 年 9 月 28 日ローザンヌ劇場で初演された朗読とバレエと音楽により上演される作品で、巡業できるよう小回りのきく少人数で構成されている。あらすじは、休暇中の兵士が、故郷を目指す途中に一休みしてヴァイオリンを弾いていると老人(悪魔)が現れ、兵士をそそのかして「金のなる」本とヴァイオリンを交換させる。富をなし、富を失いながら相手を騙し合い、最後に勝つのは…?「豊かさ」とは何なのか?現代に至るまで変わらない人間たちに問いかける、人間の普遍性をシニカルに描く作品です。

I asked myself “is there anything we can do during the Corona pandemic,” and remembered the “Story of Soldiers” by Stravinsky. He too asked if there were anything that could be done during the impoverishment caused by World War 1. Our subtitle is “Read, Perform and Dance,” which we can perform and practice individually in The Soldier`s Tale.

For our performance “The Soldiers Tale through Kyogen, Dance and Music” by “Camerata kanack” (Kanack Hall Resident Indoor Orchestra) we have mixed an eclectic selection of genres; “Kyogen” from ancient Japan and contemporary dance born of the modern era. Our audience will enjoy the humorous nature of a small group in many roles, whilst enjoying the music and dance of a small orchestra.

What is The Soldier`s Tale?

Composed by Igor Stravinsky and written by Charles Ferdinan, The Soldier’s Tale was first performed in 1918 and is based on Russian Folklore. It comprises a small group of people able to tour nationally. The theme “what is wealth” is played out as a cynical depiction by a small group in universal roles aimed at individuals out of touch with the present day.

【出演者プロフィール】
□髙澤祐介(狂言方)
昭和47年生。三宅右近に師事。昭和62年「痺」で初舞台。平成10年「三番叟」、平成12年「釣狐」、平成14年「金岡」を披く。
フランス、ドイツ、モスクワ、スペイン、ブラジル他、多数の海外公演にも参加。狂言会「祐の会」を主催。能楽協会会員。重要無形文化財保持者。
Yusuke Takazawa (Kyogen) was born in 1972 and studied under Ukon Miyake. Mr. Takazawa’s first stage performance, titled “Shibiri” was in 1987. He performed "Sanbaso" in 1998, "Fishing Fox" in 2000, and later "Kanaoka" in 2002. He has participated in many overseas performances including those in France, Germany, Russia, Spain, Brazil amongst others. He has organized the Kyogen group "Yu no Kai" and is a member of the Nohgaku Performing Arts Association. He is one of the holders of important yet intangible Japanese cultural property.

□伊藤キム(コンテンポラリーダンス)
87年、舞踏家・古川あんずに師事。95年「伊藤キム+輝く未来」を結成。96年バニョレ国際振付賞、02年第一回朝日舞台芸術賞・寺山修司賞。05~06年にバックパックを背負って半年間の世界一周の旅に出る。11年「輝く未来」を解散。13年京都・本能寺創建600年の記念イベント『本能寺のD』で演出・振付・出演、国内外をツアー。14年六本木アートナイト2014パレードの監修。青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。京都造形芸術大学客員教授。2015年、新カンパニーGEROを結成して10年ぶりに創作活動を再開。
Kim Ito (contemporary dance) studied under the Butoh dancer Anzu Furukawa in 1987, later he formed "Kim Ito + Shining Future" in 1995. Mr. Ito won the Bagnolet International choreography Award in 1996, and the first Asahi Performing Arts Award at the Shuji Terayama Awards in 2002. He embarked on a half-year back-packing trip around the world from 2005 to 2006. "Shining future" dissolved in 2011 after which he directed, choreographed and performed on tour, both domestically and internationally, at the 600th anniversary event of "Honnoji D" in Kyoto, during 2013. Mr. Ito supervised the Roppongi Art Night Parade in 2014 and later completed a designer Training Program at the Aoyama Gakuin University Workshop. He has been visiting the professor at the Kyoto University of Art and Design and, more recently, has re-started performances at the company GERO’s 10th anniversary events since 2015.

□川又明日香(Vl.)
3歳からヴァイオリンを始める。ジュネーヴ州立高等音楽院修士課程ソリストコースをMaggy Breittmayer賞を得て修了。第2回仙台国際音楽コンクール審査委員特別賞。第37回茨城県新人賞受賞。2010年にソロアルバム「i」をリリース。2019年11月に放送され
たNHK BSプレミアム「クラシック倶楽部 無言館・祈りI 」に出演。現在はフリーの演奏家としてソロや室内楽、都内主要オーケストラのエキストラ奏者、ゲスト首席として客演等幅広く活動している。
Asuka Kawamata (Violinist) has practiced the violin since she was 3 years old.
Miss Kawamata completed a soloist Master's degree from the Geneva University of Music, achieving the Maggy Breittmayer Award. She later came 2nd place at the Sendai International Music Competition Jury Special Award and went on to win the 37th Ibaraki Prefectural New Face Award. Miss Kawamata released her solo album "i" in 2010. She has appeared on NHK BS Premium "Classic Club Mugonkan / Prayer I" which was broadcast in November 2019. Currently, She is active as a freelance performer in a wide range of fields working solo and in chamber music and major orchestras in Tokyo, and in guest performances as a special chief.

□菅沼希望(Cb.)
千葉県柏市出身。14歳よりコントラバスを始める。村上満志、山谷明恵両氏に手ほどきを受ける。東京藝術大学を卒業後、同大学院修士課程在学中に渡独し、フランクフルト音楽・舞台芸術大学にて学ぶ。これまでに池松宏、C.Schmidt、永島義男、西山真二、村上満志、山谷明恵、吉田秀の各氏に師事。新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者。
Nozomi Suganuma (Contrabass player) is from Kashiwa city, Chiba prefecture. He
has practiced the Contrabass since he was 14 years old and was taught by Mitsushi Murakami and Akie Yamatani. After graduating from Tokyo University of the Arts he travelled to Germany, while attending the master's degree program at Tokyo University of the Arts, and studied performing arts at the Frankfurt University of Music. He has studied under Hiroshi Ikematsu, C.Schmidt, Yoshio Nagashima, Shinji Nishiyama, Mitsushi Murakami, Akie Yamatani, and Hide Yoshida. He is the principal player of the New Japan Philharmonic Orchestra.

□西川智也(Cl.)
大阪教育大学卒業。東京藝術大学大学院修士課程修了。N響アカデミー修了。第9回東京音楽コンクール木管部門第1位、第24回日本木管コンクールクラリネット部門第1位、第23回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第2位および聴衆賞受賞。日本フィル、東京フィル、群馬交響楽団などと共演。オーケストラ奏者・室内楽奏者として東京・春・音楽祭など各地の音楽祭に出演。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。現在、群馬交響楽団首席クラリネット奏者。
Tomoya Nishikawa (Clarinet player) graduated from Osaka Kyoiku University and the NHK Symphony Academy as well as completing the master's degree program at Tokyo University of the Arts. He won 1st prize in the Wind Section of the 9th Tokyo Music Competition, 1st prize in the clarinet section of the 24th Japan Woodwind Competition, 2nd prize in the wind section of the 23rd Takarazuka Vega Music Competition and the Audience Award. He has performed with the Japan Philharmonic Orchestra, the Tokyo Philharmonic Orchestra, and the Gunma Symphony Orchestra. As an orchestra player and chamber musician, he has performed at various music festivals such as the Tokyo Spring music festivals and he has appeared on NHK-FM`s "Recital Nova". Currently, he is the principal clarinet player of the Gunma Symphony Orchestra.

□柿沼麻美(Fg.)
東京藝術大学を経て同大学大学院修士課程を修了。第33回日本管打楽器コンクールファゴット部門第1位及び文部科学大臣賞、東京都知事賞を受賞。第26回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第1位及び兵庫県知事賞受賞。第13回東京音楽コンクール木管部
門第3位入賞。これまでに新日本ハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、千葉交響楽団と協演。現在、千葉交響楽団及び横浜シンフォニエッタ ファゴット奏者。
Asami Kakinuma (Bassoonist) graduated and completed the master's degree program from Tokyo University of the Arts. She won the 1st prize in the bassoon section and the Minister of Education`s 33rd Japan wind and Percussion Competition, 1st prize and the Hyogo Governor's Award in the wind section of the 26th Takarazuka Vega Music Competition and 3rd prize in the wind section of the 13th Tokyo Music Competition. She has performed with the New Japan Philharmonic orchestra, the Tokyo City Philharmonic Orchestra, and the Chiba Symphony Orchestra. Currently, she is a bassoonist at the Chiba Symphony Orchestra and Yokohama Sinfonietta.

□野田 亮(Tp.)
東京藝術大学卒業。チューリッヒ芸術大学修士課程修了。2011年チューリッヒ歌劇場管弦楽団ボランタリアート研修生。第22回日本管打楽器コンクール入賞。小澤征爾音楽塾VII、塾生。現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席トランペット奏者。Brass Ensem
ble ZERO 東京、ピリオド楽器によるオーケストラL'orchestre d’avant-gardeメンバー。
Ryo Noda (Trumpet player) graduated from Tokyo University of the Arts and completed the master's degree program from Zurich University of the Arts. He was a Zurich Opera Orchestra Voluntary Art trainee, in 2011 and won the 22nd Japan Percussion Instrument Competition. He was a student of the Seiji Ozawa Music Academy VII. Currently, he is the principal trumpet player of the Tokyo Philharmonic Orchestra. As well as a member of the Brass Ensemble ZERO in Tokyo and the orchestra L'orchestre d'avant-garde which utilizes period instruments.

□髙瀬新太郎(Tb.)
東京藝術大学卒業。これまでにトロンボーンを黒金寛行、栗田雅勝、古賀慎治、石川浩の各氏に師事。第10回チェジュ国際金管楽器コンクール金管五重奏部門第1位。第35回日本管打楽器コンクール、第16回東京音楽コンクール金管部門共に第2位。ズーラシア
ンブラスお友達プレイヤー(スマトラトラ)の他、Menagerie Brass Quintet、Libertas Brass Quintet各メンバーとしても活動。神奈川フィルハーモニー管弦楽団契約団員を経て、東京都交響楽団首席トロンボーン奏者。
Shintaro Takase (Trombone player) graduated from Tokyo University of the Arts and has studied trombone under Hiroyuki Kurogane, Masakatsu Kurita, Shinji Koga, and Hiroshi Ishikawa. He won 1st prize in the brass quintet section of the 10th Jeju International Brass Competition and 2nd prize in both the 35th Japan Percussion Instrument Competition and the 16th Tokyo Music Competition Brass Division. He is also a member of Menagerie Brass Quintet and Libertas Brass Quintet, as well as a member of Zoorasian Brass friends (as Sumatran tiger). After working as a contract member of the Kanagawa Philharmonic Orchestra, he is currently the principal trombone player of the Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra.

□篠崎史門(Perc.)
学習院高等科、上野学園大学音楽学部卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。東京芸術劇場WOA第1期生。幼少よりヴァイオリンを始め、奥田雅代、父・篠崎史紀の各氏に師事。打楽器を岡田全弘、久保昌一、坂本優希、佐野恭一、故・塚田吉幸、安江佐和子の各氏
に師事。北九州国際音楽祭への出演を始め、各地の音楽祭、プロのオーケストラ等に客演。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団・首席ティンパニ奏者。横浜市神奈川区民文化センターかなっくホールレジデントアーティスト。pearlアーティスト、Gunma Percussion Society理事。
Shimon Shinozaki (percussion instrumentalist) graduated Gakushuin High School and Ueno Gakuen University in addition to graduating Toho Gakuen University school of music. He started playing the violin from an early age and studied under Masayo Okuda and his father Fuminori Shinozaki. He studied percussion under Masahiro Okada, Shoichi Kubo, Yuki Sakamoto, Kyoichi Sano, the late Yoshiyuki Tsukada and Sawako Yasue. He has appeared at the Kitakyushu International Music Festival and performed as a guest at various music festivals and professional orchestras. Currently he is the principal percussion instrumentalist [timpanist] in the Kanagawa Philharmonic Orchestra. He is a Kanack hall Resident Artist and has been a “Pearl” artist and director of the Gunma Percussion Society.

【スタッフ】
脚本・演出:齊藤実雪(かなっくホール)
演出助手:太田 巡
後  見:花柳梨道・戸塚治虫
舞台監督:二瓶浩一(JSS)
照  明:白木 彩(JSS)
音  響:松倉佑夏(JSS)
映像配信:株式会社ジェー・エス・エス
英語字幕:アンEスタジオ
日本語訳:西 久美子

主催:横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール指定管理者(横浜メディアアド・清光社共同事業体)
後援:神奈川区
協力:パール楽器製造株式会社
助成:神奈川県「神奈川県文化芸術活動再開加速化事業補助金」


【キャンセルポリシー】
お申込みいただきましたイベントが中止となる場合は、事前にご連絡いたします。
ただし、天候、交通事情、現地事情その他の事由による場合は、この限りではありません。
お客さまのご都合で参加をキャンセルされる場合には、チケット支払い確定後の払い戻しは原則受け付けておりません。
ご了承ください。


【スムーズにイベントを視聴いただくため、いくつかのご案内をいたします】
▶イベント開催前:
一般的なライブ配信同様、快適なご視聴のために、高速で安定したインターネット環境(持続速度 5 Mbps以上) から接続してください。

視聴に必要な機器・環境
[PC]
Windowsの場合
ー Windows 10
ー Edge、Firefox、Chromeいずれかの最新版
Macの場合
ー macOS 10.14以上
ー Edge、Firefox、Chromeいずれかの最新版

[スマートフォン]
iPhoneの場合
ー iOS 11以上。Safariの最新版
Androidのスマートフォンの場合
ー Android 8以上。Chromeの最新版

ライブ配信はPeatixアカウントで購入された有効なチケットをお持ちの方のみが視聴できます。イベント当日にライブ配信に参加するため、チケットを購入した際に利用したPeatixアカウントでログインできるようにしておいてください。Peatixからの購入完了メールや24時間前に送信されるリマインドメール、Peatixのマイページから視聴ページにお越しいただけます。

※参考:オンラインイベントへの参加方法/Peatix help
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001934587

▶ライブ配信中:
※配信がスタートすると視聴画面に再生アイコンが表示されますので、そちらをクリック/タップしてください。開始時間になってもしばらく表示がされない場合、ブラウザーの再読み込み (リロード) をお試しください。

※ご視聴いただけない場合やご視聴中配信が止まってしまった場合、下記をお試しください。
・ブラウザーの再読み込み (リロード)
・他ブラウザまたは他の端末でのご視聴

※通信環境によって、画質や音質が下がる場合がありますので、予めご了承ください。

※1チケット、1視聴となっております。複数の端末やブラウザー、タブで視聴ページを開いた場合、しばらくの時間視聴できない場合がございます。予めご了承ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#912055 2021-02-08 08:20:58
More updates
Wed Feb 10, 2021
7:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン配信専用チケット SOLD OUT ¥2,000
オンライン配信専用チケット SOLD OUT ¥1,000
Organizer
神奈川区民文化センターかなっくホール
41 Followers

[PR] Recommended information