Event is FINISHED

BtoB企業における商取引のデジタル化の進め方 〜 コロナ禍で減少する取引をデジタルで加速する手法 〜(第3回)

Description

2020年11月19日(木) 14:00 Zoomウェビナー にて、『BtoB企業における商取引のデジタル化の進め方 〜 コロナ禍で減少する取引をデジタルで加速する手法 〜』を開催いたします。


ウェビナー概略


従来繰り返し指摘されているとおりですが、日本のデジタル化は立ち遅れています。新型コロナウィルスによる感染拡大によって、改めてその事実が明らかになりました。アナログな業務がリモートワークを始めとする、企業活動の全てに足かせとなってきています。この状況から脱するためにも、どこからデジタル化を始めて行けばいいのか。

これまで、事業会社においてIT化の推進を内外で推し進めてきた立場から、これからコロナ禍を乗り越えていくための手段としてお話いたします。

このウェビナー で得られるもの


・何故、今デジタル化なのか
・企業をデジタル化することで得られること
・これからデジタル化を始めるためのポイント
・デジタル化を実現した企業の事例
・商取引のデジタル化


背景


成長を続けるBtoB-EC、市場規模は344兆円に上昇し、EC化率はついに30%を突破いたしました。しかし、EC(eCommerce)市場が、30%を超えたと言われても、中小企業の皆さまには実感が少ないのではないでしょうか。


impress社「成長を続けるBtoB-EC。市場規模は344兆円に上昇。EC化率はついに30%を突破!」より

市場規模の拡大は、大手企業を中心に成長してきているのであり、中小企業の実態とはかけ離れているのが実情です。主な原因としては、「eCommerceの知見がなく、どこから始めればいいのか分からない」、「eCommerceのシステム費用を捻出できない」、「営業から物流、経理まで調整すべき部門が多岐に渡るためプランニングが難しい」などではないでしょうか。

また、小規模事業者、中規模企業共に、「コストの削減、業務効率化」、「営業力・販売力の維持・強化」が経営課題となっており、eCommerceへの取り組みが遅れている原因ではないでしょうか。


第2節 経営課題とIT の活用 - 中小企業庁 - 経済産業省

本ウェビナー では、これらの経営課題を考慮しつつ、なぜ今eCommerceなのか。eCommerceの取り組みの必要性と、得られる成果について共有しつつ、将来において中小企業がeCommerceに取り組んだときの展望を皆さまにお伝えいたします。

このウェビナー を通じて、eCommerceに対する懸念を払拭し、より明るい未来を描けるお手伝いとなれば幸です。


対象の方


これから、Shopifyでビジネスを始めるBtoB企業さまを対象としております。
 ・営業責任者様
 ・新規事業の担当者様
 ・情報システムの担当者様
 ・経営企画室の担当者様


ウェビナー 概要


タイトル:ECサイトで実現するBtoB取引のデジタル化 〜 コロナ禍で減少する取引をデジタルで加速する手法 〜
開催場所:Zoom ウェビナー (開催日前日までにZoom URLをお送りいたします)
募集人数:100人
参加費:無料


スケジュール


14:00〜 ウェビナー
14:50〜 FAQ
15:00  終了


登壇者略歴



株式会社 gootbox
デジタルマーケティングアーキテクト
渡部 知記

ソフトウェアエンジニアとして社会人をスタートし、大手SI'reにて受託業務に従事した後、ejworks.comに転籍しCTOに着任、SONOKOでIT推進室長として、自社の基幹システムやECサイトなどのシステムの構築/運営に携わる。その後、デリバリー側に転じ、IMJではストラテジックプランナー、ミックスネットワークではマーケティングコンサルタントなどを歴任、主にグローバル企業のマーケティングの実行をリアル/デジタルの両面で支援。

DevRelCon Tokyo 2019 オーガナイザー
CMC meetup スタッフ
JP_Stripes(Stripe ユーザー会 東京支部) スタッフ
合同会社 MaP design Founder
合同会社 Backbone Technology Founder
Thu Nov 19, 2020
2:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料受講券 FULL
Organizer
BtoB企業ためのeCommerce活用方法
7 Followers

[PR] Recommended information