Event is FINISHED

乙武洋匡×紗倉まな「愛のカタチはそれぞれだ!」『ヒゲとナプキン』(小学館)刊行記念

Description

※本イベントは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リアルタイム配信のみの開催となります。当日ご来店いただいてもイベントをご観覧いただくことはできません
※本イベントはリアルタイム配信のみでの開催ですので、録画でご視聴いただくこともできませんのでご注意ください


600万部ベストセラー『五体不満足』著者・乙武洋匡さんが満を持して放つのが、LGBTQ小説『ヒゲとナプキン』です。

乙武さんは、その執筆意図について、「本書はトランスジェンダーの青年の葛藤と、家族を築くことへの苦悩と希望を描いた作品です。私たちが『ふつう』だと思っていることに疑問を投げかける作品になっています」と語っています。

「ふつう」とは何だろう――そうした意味では、この方の作品からも、同種の問いを読み取れます。

AV女優として活動しながら、『春、死なん』が野間文芸新人賞候補となったことが話題となった紗倉まなさん。同作の背景について紗倉さんは、「老人や母の性愛を描くことで、世間が抱く理想像や役割から彼らを解放したかった」といいます。

本イベントは乙武さん、紗倉さんをお招きして、それぞれの「愛のカタチ」を語ります。
あなたの「ふつう」も壊れること必至(?)、のトークイベントです。

どうぞお見逃しなく!

【出演者プロフィール】

乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)
1976年東京都生まれ。1998年、早稲田大学在学中に上梓した『五体不満足』は600万部のベストセラーに。卒業後、スポーツライター、小学校教諭などを務める。おもな著作に、『だいじょうぶ3組』『自分を愛する力』『車輪の上』『ただいま、日本』など。noteにて定期購読マガジン「乙武洋匡の七転び八起き」を配信。


紗倉まな(さくら・まな)
1993年千葉県生まれ。工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。15年にはスカパー! アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。著書に小説『最低。』『凹凸』(いずれもKADOKAWA)、エッセイ集『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)『働くおっぱい』(KADOKAWA)スタイルブック『MANA』(サイゾー)がある。

【出演】
乙武洋匡(作家)
紗倉まな(小説家・AV女優)

【日時】
2020年11月22日(日)
19:00~21:00

【場所】
リアルタイム配信

【入場料】
配信参加 1,500yen(税別)
配信参加+サイン本(『ヒゲとナプキン』 1,500yen+1,500yen(税別)
配信参加+サイン本(『春、死なん』 1,500yen+1,400yen(税別)
配信参加+サイン本(『ヒゲとナプキン』『春、死なん』 1,500yen+1,500yen+1,400yen(税別)+送料520yen

Sun Nov 22, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
【配信参加】(1500円+税) SOLD OUT ¥1,650
【配信参加+サイン本】1500 ticket +1500『ヒゲとナプキン』(+税)※イベント後の発送となります SOLD OUT ¥3,300
【配信参加+サイン本】1500 ticket +1400『春、死なん』(+税)※イベント後の発送となります SOLD OUT ¥3,190
【配信参加+サイン本】1500 ticket +1500『ヒゲとナプキン』+1400『春、死なん』(+税)+送料520 ※イベント後の発送となります SOLD OUT ¥5,060
Organizer
本屋B&B
24,938 Followers

[PR] Recommended information