Event is FINISHED

事前登録制|全国誌ソトコト編集長指出氏の特別講演+茨城県北ローカルベンチャースクール生の最終プレゼン発表。あなたも審査員の1人!

Description

地域ビジネスの全国誌『ソトコト』指出氏の特別講演。後半は、公開ビジネスプレゼンテーションを開催!

あなたも審査員の1人!
茨城の未来に一票を投じに来ませんか?


 8月22日からスタートした「茨城県北ローカルベンチャースクール」がついにファイナルを迎えます。今年も、受講生が自分の「ワクワク」を通して「地域課題」を解決するビジネスプランを作成してきました。審査員とともに、ご来場いただいた皆様にも、一票を投じていただきます。あなたの一票で、茨城県北の新しい取り組みを応援できる時間です。

 前半は、日本各地の地域ビジネスを取材し、地域の魅力を伝える「ソトコト」編集長の指出一正さんの特別講演を行います。茨城県の魅力や可能性について、指出さんの経験の中からお話いただきます。後半は、本年度受講生のビジネスプレゼンテーションです。あなたの1票を未来に投じましょう!!

<茨城県北ローカルベンチャースクールについて>

*※感染予防対策を行った上で開催、撮影時のみマスク外して撮影しています。

 茨城県北ローカルベンチャースクールは、全5回の講座を通して、自分のワクワクやアイディアを事業化する起業家育成講座です。これまでアイディアで考えていたことを実現させるために、本音で語れる仲間を作り実現に向けて切磋琢磨します。これまで多くの卒業生が輩出されており、そこでコミュニティができ、卒業生同士による新たなビジネスなども生まれています。


ゲスト紹介 *敬称略

<講師・ゲスト審査員>
□指出 一正(『ソトコト』編集長)

 1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師、静岡県「『地域のお店』デザイン表彰」審査委員長、和歌山県田辺市「たなコトアカデミー」メイン講師、秋田県湯沢市「ゆざわローカルアカデミー」メイン講師、岡山県真庭市政策アドバイザー、富山県「くらしたい国、富山」推進本部本部員、上毛新聞「オピニオン21」委員をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「わくわく地方生活実現会議」委員。内閣官房「水循環の推進に関する有識者会議」委員。環境省「SDGs人材育成研修事業検討委員会」委員。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部「人材組織の育成・関係人口に関する検討会」委員。国土交通省「ライフスタイルの多様化と関係人口に関する懇談会」委員。総務省「過疎地域自立活性化優良事例表彰委員会」委員。農林水産省「新しい農村政策の在り方検討会」委員。UR都市機構URまちづくり支援専門家、2025年大阪・関西万博日本館クリエイター。BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」監修。著書に『ぼくらは地方で幸せを見つける』(ポプラ新書)。趣味はフライフィッシング。2025年大阪・関西万博日本館クリエイター。

<ゲスト審査員>
□和田昂憲(株式会社ただいま代表取締役)

 平成2年日立市生まれ。立命館大学国際関係学部卒業後、沖縄の離島に逃亡。その後、愛知県のコーヒー焙煎店に手紙を送り弟子入り。茨城県北ビジネスコンペティション優秀賞を機に帰郷。「ただいまコーヒー」を開業。「ただいまと言いたくなる場所をつくる、お手伝い」というミッションのもと、ただいまコーヒーラボ(焙煎所)とGENKAN(スタンド)を運営しているコーヒーオタク。また、学生の経済的負担なしの教育事業である常陸frogs副実行委員長/メンターとして参画。学童保育や児童養護施設の支援も行っている。月刊ソトコトに6ページ掲載。日立市5ヶ年総合計画有識者会議委員や茨城県生涯学習共創委員会などの各行政委員を兼務。READYFOR株式会社クラウドファンディングパートナー。Work Design Labリージョナルパートナー。都内の方にも会社運営に関わっていただき、ローカルから新しい会社経営の在り方を探る。手帳好き。


□高橋美紀(minimume代表)

 群馬県生まれ、日女体大舞踊学卒。ITを駆使した子育てをしながら ライフスタイルに合わせ東京、群馬、茨城県へ移住。動ける身体創りを軸に、余所者視点を活かしたITによる業務効率の提案や女性目線での販促支援、コラボ商品の開発を展開。 茨城県ビジネスコンペ2017受賞。KENPOKUyoga主宰/(一社)母親アップデート 理事/(一社)なでしこ未来塾 理事/古民家ゲストハウス NINJA HOUSE CLUB オーナー 等 10枚の名刺を持つ、パラレルキャリア暦16年のIターン開拓者。


会場について

開場:12:30~
受付:検温とアルコール消毒を実施いたします。また、マスク着用でご参加ください。
*飛び込みでのご参加はご遠慮ください。事前に申し込みが必要です。


タイムテーブル

*内容は一部変更となる可能性があります。
12:30 開場
13:00 開会、主催者挨拶
13:10 指出一正氏特別講演
13:30 受講生プレゼンテーション発表
(途中休憩あり)
16:50 審査、表彰式
17:30 終了
その他:イベント時間延長の可能性があります。余裕を持ってご参加ください。

<申込みについて>
・会場収容人数の関係で、応募多数時には選考いたします。
・一次締切を11月6日(金)とし、応募多数の際は締切らせていただきます。


茨城県北ローカルベンチャースクールの様子(本年度)

*※感染予防対策を行った上で開催、撮影時のみマスク外して撮影しています。

新型コロナの影響で、ソーシャルディスタンスを保ちながら開催。

水戸からはじまり、常陸太田市、日立市、常陸大宮市と各所で学び、ついに最終発表を迎えます。




得られたことは、ノウハウだけではなく、本気で語り生涯付き合える仲間たち。
何度も何度も自分のワクワクを探求し、ビジネスプランを改善していきました。

みんなで切磋琢磨して、そして、最終プレゼンテーションへ
ご来場いただいた皆様にも、一票を投じる権利があります。あなたの一票で、茨城県北の新しい取り組みを応援しましょう。

→スクール記事紹介
第1回目第2回目第3回目


<茨城県北クリエイティブプロジェクトについて>
 茨城県、茨城県北に位置する6市町と民間及び建築家が連携して、商店街の空き店舗等をリノベーションしてシェアオフィスとして整備したり、クリエイターやクリエイティブ企業等をサポートしたりすることで、クリエイターやアーティストが、働く場所や時間にとらわれない、あたらしい働き方を生み出すことを目的としたプロジェクト。 http://kenpoku-creative.com

問い合わせ先

運営事務局:NPO法人まちづくりGIFT
メール:ibaraki@machi.gift

□主催:茨城県
※本事業は、茨城県政策企画部県北振興局がNPO法人まちづくりGIFTに委託し、実施しているものです。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#795154 2020-10-27 08:38:16
Sat Nov 14, 2020
1:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
茨城県庁25階(南側)
Tickets
参加+投票券(無料・事前登録必須) FULL
Venue Address
水戸市笠原町978−6 Japan
Organizer
地方創生メディアMACHI LOG
8,661 Followers
Attendees
38

[PR] Recommended information