Event is FINISHED

YouFab2020 Talk Event - コロナ以降の「ニューモビリティ」 これからの移動の可能性とは?

Description
今年はじめに世界中で流行したコロナウイルス(COVID-19)により、都市封鎖やソーシャルディスタンスをせざるを得なくなる中で、特に大きな影響を受けた私たちの「移動」。
今回コロナ以降の移動の可能性(New Mobility)をテーマに作品を募集するYouFabの特別賞「NewHere賞」の審査員を務める影山裕樹氏をお迎えし、公共スペースでの市民の活動やローカル線の活用等多様なプロジェクト事例をご紹介いただき、地域・公共て・メディアの3つを軸に、コロナ以降のリアルな「移動」のこれからについてお話いただきます。聞き手役には同じく特別賞審査員の林千晶、YouFabのチェアマン・福田敏也が務めます。

登壇者:
影山裕樹(編集者・特別賞審査員)
林千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役・特別賞審査員)
福田敏也(株式会社トリプルセブン・クリエイティブストラテジーズ代表取締役・YouFabチェアマン)

日時:10月23日(金)19:30~20:30
配信:FabCafe TV
https://www.youtube.com/user/FabCafeTV
会場:FabCafeTokyo(10人限定)


登壇者プロフィール:

影山 裕樹
(編集者、文筆家、メディアコンサルタント)
1982年、東京生まれ。編集者、文筆家、メディアコンサルタント。”まちを編集する出版社” 千十一編集室 代表。アート、カルチャー書の出版プロデュース、ウェブサイトや紙媒体の編集・制作、執筆活動の他、全国各地に広がる地域×クリエイティブ ワークショップ「LOCAL MEME Projects」の企画・運営、ウェブマガジン「EDIT LOCAL」の企画制作、オンラインコミュニティ「EDIT LOCAL LABORATORY」の企画運営など幅広く活動を行っている。著書に『ローカルメディアのつくりかた』、編著に『あたらしい「路上」のつくり方』など。ダイヤモンド・オンラインにて「コミュニティメディアのつくりかた」、SUUMOジャーナルにて「全国に広がるサードコミュニティ」連載中。
(Photo:Ryosuke Kikuchi)


林千晶
(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは多岐に渡る。グローバルに展開するデジタルものづくりコミュニティ「FabCafe」、素材の可能性を探索する「MTRL」、オンライン公募・審査でクリエイターとの共創を促進する「AWRD」などを運営。MITメディアラボ 所長補佐、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「飛騨の森でクマは踊る」取締役会長も務める。


福田敏也
(博報堂フェロー/Chief Creative x Technology Officer
大阪芸術大学デザイン学科教授、株式会社トリプルセブン・クリエイティブストラテジーズ代表取締役)
多様なメディアでのCommunicationをplanning / direction / consultingする。自らの会社777interacitiveでは企業の先端ニーズにこたえ、FabCafeではものづくりの未来を考え、博報堂では次世代型Creatorを育成し、大阪芸術大学ではDigitalDesign教育にあたっている。海外評価も高く世界のデザイン賞で多数の受賞歴と審査経験をもつ。
Fri Oct 23, 2020
7:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
FabCafe来場申し込みチケット(無料) FULL
Venue Address
道玄坂ピア 1F, 1-chōme-22−7 Dōgenzaka, Shibuya City Japan
Organizer
FabCafe Tokyo
4,547 Followers