Event is FINISHED

廃校大学 #3 醸された世界を描く

Description
廃校大学 #3 醸された世界を描く】

~夢を語れるオトナを増やせ!〜

「廃校」という地方の拠点をきっかけに、もっと自由に、しなやかに「ライフスタイルとワークスタイル」を、
「自分らしくデザイン」する空間。廃校大学、第二回目の講義となります。

講師は、地方を舞台に、現在進行形で走り続けているトップランナーたちです。現場に立ち、アクションを起こしてきた再現性の高いノウハウをはじめ、講師陣とつながることで「夢」への加速度が増していきます。

第二回目は「人、自然、微生物、すべての命が尊重され調和されている醸された世の中」を日本酒を通じて考え実現する、ナオライ株式会社の代表を務める三宅紘一郎さんです。人口約30名の離島、三角島(広島県呉市)に拠点を構え、一本のスパークリングレモン酒「MIKADO LEMON」を発案。年々縮小する日本酒業界という立場で、全国に1200箇所以上ある酒蔵を中心として育まれた、多様で豊かな日本酒文化を次世代に引き継ぐことに全力を尽くしています。

■#3 第二回講義 講師
三宅 紘一郎(みやけ こういちろう)

ナオライ株式会社 代表取締役
一般社団法人まめな 共同代表理事
広島県呉市出身。多様で豊かな日本酒文化を未来に引き継ぐため、日本酒事業を展開。瀬戸内海の久比三角島の皮まで食べられるレモンをテーマにしたスパークリングレモン酒MIKADO LEMON、日本酒由来のライスウイスキー浄酎の開発を手がける。www.naorai.co

■ファシリテーター(廃校大学教授)

安川 幸男(Yasukawa Yukio)氏

合同会社イキナセカイ代表
神戸大学客員教授

東京生まれ、東京育ち。現在は鳥取へIターン移住。
学生時代から、アジア、太平洋など世界を放浪。
大学院を中退後、様々な職種を経た後、
大手通信キャリアで15年間、事業開発を担当。
その後、「大都市生活」の脆弱性に気づき、生き方を変えるべき、地方暮らしを選択し、2016年、鳥取へIターン移住。鳥取県商工労働部、鳥取銀行を経て、今年4月に事業プロデュースに特化した法人を設立。現在は「旅するように働く」をコンセプトに、中国・四国・関西地方を舞台に20以上の拠点で仕事をしながら、月3,000キロを車で移動する、アドレスホッパー型の次世代ワークスタイルに取り組む。

主催:(一社)地域支援機構サトビト
共催:岡山県、美作県民局、(一社)岡山県地域おこし協力隊ネットワーク、(同)イキナセカイ
後援:真庭市、(一社)コミュニティデザイン

https://haikoudaigaku.com/
Thu Nov 26, 2020
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
受講料 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
廃校大学
53 Followers

[PR] Recommended information