Event is FINISHED

若者と考える「大阪都構想」シンポジウム(日本若者協議会関西支部主催)

Description

日本若者協議会は「若者の声を政策に反映させる」ために超党派で活動しているアドボカシー団体です。関西支部では主に西日本の政治や社会問題に対し、積極的に政策提言や意見交換等のイベントを開催しています。

2020年11月1日に大阪都構想の是非を問う住民投票が行われることが決定し、今回は18歳と19歳にも選挙権があります。そのため、今後の大阪を担っていく若者が今回の大阪の統治機構改革に対して当事者意識を持ち、投票に望むことが求められています。

大阪都構想住民投票に向けて、大阪都構想の概要を改めて知り、各政党の立場を把握した上で、若者として当事者意識を持って大阪都構想にどのように臨むのかを、今回の住民投票を踏まえて議論するシンポジウムを開催いたします。

ご関心ある方は、ぜひご参加ください。

【企画概要】
■イベント名:若者と考える「大阪都構想」シンポジウム
■日時:2020年10月25日(日)14:30〜16:00
■開催場所:Zoom(当日の朝までにZoom URLをお送りします)
■参加費:無料 
■募集人数:50名
■応募資格:本テーマに関心のある若者
■メディア:フルオープン

■当日スケジュール:(予告なく変更する可能性がございます)
14時15分 開場
14時30分 開会・趣旨説明・団体説明
14時35分 日本若者協議会より大阪都構想の説明(中立的内容のみ)
14時45分 各党から大阪都構想について立場表明(各党3分)
15時00分 パネルディスカッション
15時55分 閉会挨拶(各党1分)
16時00分 閉会

■主なアジェンダ
①大阪都構想について。各党の立場表明。
②若者から見た大阪都構想と大阪の未来。

■登壇者(予告なく変更する可能性がございます)
●各政党代表者
・大阪維新の会ー藤田あきら 大阪市会議員(学生局長)
・公明党ー肥後洋一郎 大阪府議会公明党幹事長
・自民党ー前田和彦 大阪市会議員
・日本共産党ー井上ひろし 大阪市会議員

●コーディネーター:日本若者協議会スタッフ              

日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
学生は入会費・年会費無料となっております。
https://bit.ly/2DnP3Dd

・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。具体的には、「被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ」「審議会での若者比率の上昇」「若者担当大臣/子ども・若者省の設置」等を提言してきました。2016年参院選や2017年衆院選、2019年参院選では、主要6政党の公約に載せることに成功しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,500名となっています(2020年9月時点)。
https://youthconference.jp/

【取材・連絡先】
日本若者協議会
関西支部 代表 川上友聖
yusei2001927@outlook.jp
*取材希望の方は「メディア関係者」のチケットを購入してください(無料)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#791733 2020-10-24 16:04:38
More updates
Sun Oct 25, 2020
2:30 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
会場参加チケット(10名まで) FULL
Zoom参加チケット FULL
メディアZoom取材申込み FULL
メディア会場取材申込み FULL
Organizer
日本若者協議会ー若者政策研究会
702 Followers
Attendees
41

[PR] Recommended information