Event is FINISHED

教育費の公私負担関係の在り方、J-HECS(卒業後拠出金方式)に関する勉強会

Description
日本若者協議会では、今後の大学学費負担のあり方、現在政府で検討されている新たな奨学金制度「卒業後拠出金方式(HECS)」(授業料・入学金を一時的に立て替え、卒業後に支払い能力に応じて返還する)に関して、提言をまとめていきたいと考えております。

そこで、専門的知見を深める勉強会として、教育費の公私負担関係の在り方等に詳しい日本大学文理学部・末冨芳教授を講師に勉強会を開催します。


教育費の公私負担、親と子の大学学費負担の現状・あり方、HECSに関するご意見、導入する場合、具体的にどう導入させるべきか(現行の給付型奨学金や授業料減免を維持したままHECSを導入するか。授業料減免をHECSに全て置き換えるか等)に関してご講演をして頂き、参加者との質疑応答を行います。

ご関心ある方は、ぜひご参加ください。

【開催概要】
イベント名:教育費の公私負担関係の在り方、J-HECS(卒業後拠出金方式)に関する勉強会
日時:10月18日(日)11時〜12時(5分前までにZoomにお入りください)
講師:日本大学文理学部・末冨芳教授
場所:Zoom
前日夜頃にURLをお送りします。
募集人数:20名程度
参加費:無料

■当日スケジュール:(予告なく変更する可能性がございます)
11時00分 開会・趣旨説明・団体説明
11時05分 講演(30分)
11時35分 Q&A(20分)
12時00分 終了

日本若者協議会では共に政策を考え提言する仲間である「会員」を募集しております。今後イベント情報や優先的な登壇機会等を提供いたしますので、希望する方は以下をご確認ください。
学生は入会費・年会費無料となっております。
https://bit.ly/2DnP3Dd

・日本若者協議会とは
「若者の意見を政策に反映させる団体」として各政党との政策協議、政策提言を行っている団体です。具体的には、「被選挙権の引き下げや供託金の引き下げ」「審議会での若者比率の上昇」「若者担当大臣/子ども・若者省の設置」等を提言してきました。2016年参院選や2017年衆院選、2019年参院選では、主要6政党の公約に載せることに成功しています。2018年5月に発足した超党派の「若者政策推進議員連盟」では事務局を担当。個人・団体会員の合計は約4,500名となっています(2020年9月時点)。
https://youthconference.jp/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#779521 2020-10-16 04:10:42
Sun Oct 18, 2020
10:00 AM - 11:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
Zoomチケット FULL
Organizer
日本若者協議会ー若者政策研究会
702 Followers

[PR] Recommended information