Event is FINISHED

日本の美意識とクリエイティブ発想  過去・現在・未来の観点から(オンライン)

Description

趣旨:デザイン思考、アート思考が広がりを見せています。しかし、その多くが海外の事例 からの学びを志向しているのが現状です。私たちの足元、つまり日本の伝統的なデザインやアートを改めて見つめ直し、未来へのヒントをつかみたい。そうした思いから 武蔵野美術大学「日本の発想研究会」は発足しました。

このイベントでは「日本の美意識とクリエイティブ発想~過去・現在・未来」をテー マに、様々な視点からの話題提供をいたします。まずミヤケマイ様に「日本、日本人、日本文化ならではのデザイン、アートの発想とは何か」というテーマでお話をいただき、続いて本研究会のメンバーから、そして山崎和彦(武蔵野美術大学)から、それぞれのプレゼンテーションを行います。最後に登壇者と参加者で、ディスカッションを行います。 私たちと同じ思いを抱いていらっしゃる皆様に、ぜひご参加頂きたいと思います。

■日時: 11月 4 日(水)19:00-21:15
■主催: 武蔵野美術大学 日本の発想研究会
■参加費:無料

■プログラム:
19:00-19:05 はじめに
19:05-19:40 基調講演「日本、日本人、日本文化ならではのデザイン、アートの発想とは何か」ミヤケマイ(アーチスト、京都芸術大学)
19:40-19:50 「日本の発想。その死と再生」 酒井 章(株式会社クリエイティブ・ジャーニー代表)
19:50-20:00 「外国人観光客向けの日本文化体験アプローチの提案」 チョウ シウン(武蔵野美術大学大学院)
20:00-20:10 「日本の精神性 ”真善美” から浮かぶ、日本のデザイン観」 藤田彩月(ソーシャルビジネスプロデューサー)
20:10-20:15 (休憩)
20:15-20:25 「ニューノーマル時代における日本ならではの発想によるウェアラブルデザイン」 横山陽子(五感のデザイン研究所)
20:25-20:40 「文化とデザイン」 山崎和彦(武蔵野美術大学)
20:40-21:10 ディスカッション

============================
■詳細プログラム
19:05-19:40 「日本、日本人、日本文化ならではのデザイン、アートの発想とは何か」ミヤケマイ(アーチスト、京都芸術大学)
概要:資本主義が限界にきて、民主主義が機能しなくなり、貨幣経済も幕を閉じようとしています。そしてコロナの到来とともに、日本のクリエイティビティが試され必要とされる時代がやってきているのだと思います。今ある現状を理解し、全てを観察し、考え、感じ、疑い、そして同時にこれからくるものを予測し、自分を信じて進む、それは正にアーチストの仕事。そんなメッセージを制作の現場からお伝えしたいと思います。

19:40-19:50 「日本の発想。その死と再生」 酒井 章(株式会社クリエイティブ・ジャーニー代表)
概要:コロナという未曽有の事態は、私たちに何を語りかけているのでしょうか?それは、 「自然の中の人間」という在り方、そして日本人の在り方を見つめ直すチャンスかもしれま せん。近代工業化社会の急速な進展によって日本や日本人が失って来たもの、今こそ取り戻 すべきものを多角的な視点と歴史的文脈をたどりながら解き明かします

19:50-20:00 「外国人観光客向けの日本文化体験アプローチの提案」チョウ・シウン(武蔵野美術大学大学院)
概要:日本の伝統文化を、より深く正しく外国人観光客に体験して頂くことを目的として、日本の茶道を例に、全体的な体験、見えるものの体験、見えないものの体験、主客が変わる体験を体系化した「四階層で日本文化を体験するアプローチ」を紹介する。

20:00-20:10 「日本の精神性 ”真善美” から浮かぶ、日本のデザイン観」藤田彩月(ソーシャルビジネスプロデユーサー)
概要:日本ならではのデザイン観について、古くから日本に流れる文化的精神性(こころ)とそこから紡がれ伝承されてきた文化・道(かたち)に歩み寄ることで、デザインをする際に今改めて見直したいデザイン観について再考する機会としたい。今回は、人間の最高の価値と言われる“真善美”に焦点を当てて探っていきます。

20:15-20:25 「ニューノーマル時代における日本ならではの発想によるウェアラブルデザイン」横山陽子(五感のデザイン研究所)
概要: コロナ禍の緊急事態宣言で多くの生活に関わる様式が変化を余儀なくされた。例えば、人と人との関わりの多くが画面越しになり、口元もマスクで覆われている。その様な社会背景のもと、日々報道されている内容は、海外からの先例に習ったデジタル的、機能的な解決方法が前面にでて暗中模索されている状況だ。ここで、日本ならではの文化(美徳・モラル・所作など)を用いた発想のニューノーマル時代に適したウェアラブルデザインで社会的問題を解決したい。

20:25-20:40 「文化とデザイン」山崎和彦(武蔵野美術大学)
概要:企業の組織のデザインや地域の活性化を検討する上でも、その組織や地域の文化やコンテキストを考慮する必要があります。地域の文化を考慮することが大事であるとすれば、私たちは日本の文化について再認識して活用することも期待されていると思います。ここではソーシャルイノベーションという視点で文化とデザインについて事例を紹介します。

============================
●登壇者プロフィール:ミヤケマイ
日本人の伝統的な美や繊細な美意識や感覚をタイムレスにつなぎ、物事の本質を問い続ける作品を制作。平面、インスタ―レーション、立体、プロダクト、小説まで表現領域は多岐に渡る。主な展覧会に「変容する家」金沢21世紀美術館2018「アート&デザインの大茶会マルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ」2018年OPAM、「BOTANICA」釜山市美術館2018、ICOM/二条城・世界遺産登録25周年記念「時を超える:美の基準2019」など多数。2008年にパリ国立高等美術大学校大学院に留学。2017年に4冊目の画集「蝙蝠」上校。2018年からSHISEIDO THE STOREのウィンドウギャラリーアートディレクターを経て現在、京都芸術大学教授。

●登壇者プロフィール:酒井 章
㈱電通においてアジア企業内大学や汐留地区企業・行政コンソーシアム、アルムナイ組織を立ち上げ、2019 年起業。大学や企業等、様々な領域でキャリア開発、組織開発、プロジェクト開発を推進。国家資格キャリアコンサルタント、青山学院大学社会情報学部プロジェクト教授(学習コミュニティデザイン研究所)、WASEDA NEO プログラムプロデューサー、 武蔵美術大学大学院造形構想研究科修士課程。

●登壇者プロフィール:チョウ・シウン
中国雲南省生まれ。浙江理工大学を卒業後、現在、武蔵野美術大学像構想研究科修士課程。
専攻はプロダクトデザイン。

●登壇者プロフィール:藤田彩月
スタートアップの創業から事業開発及びPR、コミュニティマーケティングに従事。複数ベンチャーにてビジョン策定、マーケティングPRを支援。現在はSDGsなど地球上の課題をテーマに産学官民連携のコンソーシアム創設及びビジネスプロデュースを行う。華道家元池坊免許皆伝取得。池坊青葉華道研究会所属。2006~2020年間で複数回花展へ出展。芸術工学会会員。武蔵美術大学大学院造形構想研究科修士課程。

●登壇者プロフィール:横山陽子
住商オットー㈱を経て、デザイン事務所Concertinoでは、プロジェクトマネージャーとして国内外での日本美や文化に関わるプロジェクトに携わる。Spirit of Japan Light-shadow-detail展覧会、Biennale Design Saint-Etienne、Gallery le bain継手の文化等。また、Yahoo! Japanやソフトバンクテレコムのオフィス移転プロジェクト等。日本の伝統的な建築技法でキモチを合わせるawaseru ringではiF product design award2014共同受賞。現在は、五感のデザイン研究所メンバーとして、様々な領域をつなぎ、社会問題をデザインで解決するプロジェクトを推進。文化学園大学特別外部講師、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチン校エクスペリエンスコース修了、武蔵野美術大学造形構想研究科修士課程。


●登壇者プロフィール:山崎和彦

京都工芸繊維大学卒業後、クリナップを経て、日本IBM にてデザイナーとして製品、ソフトウェアからサービスまで多様なデザインとコンサルティングを担当、日本IBM ユーザーエクスペリエンスデザインセンター長(技術理事)、千葉工業大学デザイン科学科/知能メディア工学科教授、2019 年4 月より武蔵野美術大学教授。神戸芸術工科大学博士(芸術工学)号授与。グッドデザイン賞選定委員など歴任。2016 年に株式会社X デザイン研究所設立。代表的な著書は「Experience Vision」、「IBM の思考とデザイン」など著書多数。作品はiF 賞、IDEA 賞など国際的なデザイン賞受賞多数。作品はニューヨーク近代美術館、Pinakothek 現代美術館、銀座松屋デザインギャラリー、AXIS ギャラリーなどで展示。

============================

[注意事項]
■イベント当日は、Zoomを使ったオンラインです。Zoomへの参加方法は、お申し込みされたメールに当日午前中にご案内します。
■イベントのプログラムは予告なく変更、中止となる場合がございます。また、原則としてご購入いただいたチケットのキャンセル、払い戻しは致しかねます。予めご了承のうえご購入ください。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#770460 2020-10-10 01:10:45
More updates
Wed Nov 4, 2020
7:00 PM - 9:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
無料参加 FULL
Organizer
Smile Experience Design
485 Followers
Attendees
150

[PR] Recommended information