Event is FINISHED

【増席決定!】成功事例に学ぶ「Withコロナ時代のPR・ブランディング術」とは? 〜Google Japanやデジタルガレージの役員を務め、位置情報スタートアップ「クロスロケーションズ」を起業した小尾一介氏がコロナ下のマーケティング・PR戦略を解説〜

Description

コロナ下で自社の独自データを活用した情報開発で露出急増!成功のカギは「社会への還元」と「スピーディーな発信」

新型コロナウイルスの感染拡大により、企業の経営方針や広報戦略は、社会の動きに合わせて随時判断することが求められています。こうした変化の大きい状況だからこそ、企業は社会的意義のある情報を積極的に発信し、自社のブランディングや認知拡大をはかっていくことが重要です。

そのようなコロナ下において、クロスロケーションズ株式会社は、「スピーディ」かつ「社会への還元」にこだわった広報・PR施策を実行すべく、自社の独自データである位置情報ビッグデータを活用し、積極的に情報開発や情報発信を行うことで、テレビや新聞など多数のメディア掲載を獲得。
その結果、「位置情報」「人の流れ」において第一想起につながるブランディングが展開でき、企業からの問い合わせ増加や導入事例などにつながっています。特に3月以降、計8本の調査リリースを実施したことが功を奏していると言えます(※1)。

当日は、「広報・PRの家庭教師」として120社以上の広報支援を行ってきた株式会社シプード代表取締役の舩木真由美(※2)とともに、クロスロケーションズ株式会社の代表取締役である小尾一介氏とSenior Marketing Manager 兼 広報担当の秋山友希氏を迎え、Withコロナ時代のPR・ブランディング術やノウハウを、実際の事例と共に解説していきます。

1社でも多くの企業がすぐに「認知向上」や「ブランディング」に向けた活動を始められるよう、広報・PRの基礎から応用まで、事例を中心に解説するオンラインセミナーを開催します。

※1 : 主な調査リリース
【調査報告 第1弾】全国の位置情報ビッグデータからAIが推計した調査結果発表。コロナウイルスの影響で全国の繁華街観光地の訪問者数減少が鮮明に

【調査報告 第2弾】全国の位置情報ビッグデータをAIが推計した調査結果の続報を発表 新型コロナウイルス感染症対策の政府基本方針発表前後で 人の流れの変化が鮮明に

※2:8月25日発売の翔泳社『MarkeZine(マーケジン)』にてシプード代表 舩木真由美が執筆したコラム「事例に学ぶ、Withコロナ時代のブランディング・PR術」が紹介されています。



■セミナーのポイント

・その1「広報・PRとは何かを一から学ぶことができる」
当日は、各業界の広報事例解説とともに、基本的な広報・PRの役割や重要性、またどのように広報・PRスキルを高めていけば良いかを、 “広報・PRの家庭教師”として広報活動計画の立案・実行のアドバイスや、プロモート活動の支援を行っているシプードが伝授します。

・その2「コロナ下における情報発信のポイントやブランディングに向けた企業の成功事例を知ることができる」
Withコロナ時代に記者が求めている情報や企業の情報発信内容とその成果、メディア掲載に至るまでの流れなど、実際の事例をもとにノウハウ学ぶことができます。

【クロスロケーションズ社事例】
同社は、新型コロナの影響が広がる中、全国の位置情報ビッグデータからAIが推計した、コロナ下における銀座や京都などの主要繁華街の「人の流れ(人流)」を分析し、3月上旬に第一弾の調査結果をプレスリリースで発表しました。外出自粛やコロナ対策として主要繁華街や観光地の人流動向は世の中から非常に関心が高く、社会性ある情報であったことに加え、全国の繁華街観光地の訪問者数がコロナの影響で減少している様子が鮮明にわかる結果だったことも相まって、日経新聞や産経新聞、テレビ東京「WBS」「ガイアの夜明け」やフジテレビ「Live News it! 」、日本テレビ「ZIP!」ほか、多数のメディアで紹介されました。

また、その後も定期的に人流調査を発表し、コロナ下における訪問推計速報として重宝されています。反響の大きさや記者からの相談も相次いだことから、通常有料である自社サービスをメディア関係者に無料提供し、報道時に活用してもらう取り組みも実施しました。これらの一連の動きにより、同社は認知が向上したほか、位置情報データ活用のリーダー企業としてのブランディングに成功し、位置情報を活用したマーケティング施策を積極化したい企業への導入が増えるなど、確実なリード獲得へとつながっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■開催概要

・日時:2020年10月27日 (火) 16:00~17:00
・会場:オンライン(Zoom)
・定員:50名→【増枠しました】75名
・参加対象:
 - スタートアップなど、企業の経営者や責任者
 - 自社サービスや製品の認知向上をはかりたい事業部の方
 - 企業の広報・PRやマーケティング担当者
 - 広報・PRに興味がある方 など
・参加費:無料


■プログラム

------
1)広報・PRの基本と事例紹介 /シプード 舩木真由美
 - 広報の役割と効果
 - 広報と広告の違い
 - ベストな情報発信とタイミング
 - メディアの特性
 - メディアが取り上げたくなるニュースとは
 - コロナ下における情報発信の優先度
2)コロナ下でのブランディング・情報発信術/クロスロケーションズ 小尾様・秋山様
 - 自己紹介、会社紹介や現在の広報体制
 - コロナ前の広報活動(広報目的や具体的な活動内容)
 - コロナによってどのような意思決定をしたか
 - コロナ後の広報活動の詳細について
 - Withコロナ時代のブランディング・PR術で重要視していること
 - 苦労話
 - 今後の広報目標、展望
 - 広報を強化しようとしている企業へのアドバイス
3)質疑応答(事前質問と会場からの質問に回答)
------

<こんな人に向いています>
・広報を基礎から知りたい(広報と広告の違い、他社の広報事例など)
・他社の広報成功事例を知りたい
・メディアがどんな情報に関心をもつか知りたい
・コロナ下における情報発信の注意点・ポイントを知りたい
・自社サービスや製品の認知向上・ブランディングをはかりたい
・広報・PRに課題を感じているスタートアップ経営者
・新たなトレンドづくりに挑戦したい
・未経験から広報業務を担当している
・広報担当だが、社内にノウハウがないため、困っている
・広報・PR業務に関心を持っている


■登壇者紹介

<クロスロケーションズ株式会社 代表取締役 小尾一介>

インターネット黎明期よりデジタルガレージ取締役を務め、カカクコムやTwitterの事業開発など多くのインターネットスタートアップの育成に関わる。その後Google Japan 戦略事業開発部門 の日本代表に就任し、グローバルプラットフォーマーの経営に参画。2014年から2年間はInmobi Vice President/日本代表に就任。
2017年よりNear日本事業のシニアアドバイ ザーとして参加し、クロスロケーションズ設立と同時に代表取締役に就任。
 *クロスロケーションズ株式会社:https://www.x-locations.com/


<クロスロケーションズ株式会社 Sr.Marketing Manager・広報担当 秋山友希>

東京都立大学(首都大学東京)大学院を卒業後、地図システム開発会社にてマーケティングに従事、その後クロスロケーションズにて、マーケティング・広報担当として従事。ヨガとポッドキャストが好き。
 *クロスロケーションズ株式会社:https://www.x-locations.com/


<株式会社シプード 代表取締役 舩木真由美>

大学卒業後、人気テレビ番組(とくダネ)の制作に携わる。その後、大手PR会社を経て、楽天株式会社の広報に従事。楽天市場のPR担当として広報組織の立ち上げに参画。楽天賞3回受賞。2014年独立。PR代行業が主流のなか、企業の中の広報人材を育てる業界初の「広報・PRの家庭教師サービス」を立ち上げる。Fintechスタートアップのマネーフォワード社をはじめ、テック系スタートアップから銀行や製薬会社まで、約5年で120社以上の広報・PR担当者を育成し、ニュースになるネタの探し方から記者との関係作りまで幅広く指導。合言葉は「企業の広報育成、泥臭く」。趣味はラーメンの食べ歩きと温泉めぐり。
 *株式会社シプード:http://shipood.com/
 *Facebook:https://www.facebook.com/shipood/

Updates
  • タイトル は 【増席決定!】成功事例に学ぶ「Withコロナ時代のPR・ブランディング術」とは? 〜Google Japanやデジタルガレージの役員を務め、位置情報スタートアップ「クロスロケーションズ」を起業した小尾一介氏がコロナ下のマーケティング・PR戦略を解説〜 に変更されました。 Orig#786098 2020-10-21 04:17:01
More updates
Tue Oct 27, 2020
4:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケットはこちら FULL
Organizer
「広報初心者の為の広報勉強会セミナー」
943 Followers

[PR] Recommended information