「安楽死・尊厳死」をいかに伝えるか~日本・スペイン・オランダからの最新報告 メディカルジャーナリズム勉強会特別企画

Description
今年8月に発覚した、京都の嘱託殺人事件ーー医師2人が、ALSの女性を殺害したとされる事件をきっかけに、いま「安楽死・尊厳死」が改めて注目を集めています。

いまだ詳細は明らかになっていませんが、今回のケースは、発端がSNSによるつながりであったと考えられること、また東北と京都という距離のなか、薄い関係性のまま犯行が行われた疑いが指摘されています。

さらに言えば、起訴された医師と思われるSNSアカウントによる大量の書き込みや、当事者と思われるアカウントとの「会話」の記録が保存されているなどの特徴もあります。さまざまな文脈が絡み合う事件だけに、何を論点とし、いかに報じるかについては、十分な注意や基礎となる知識が必要になるかもしれません。

今回のメディカルジャーナリズム勉強会「特別編」では、日本・スペイン・オランダをつなぎ、この問題に長くかかわってきた各国のジャーナリスト・研究者がどのようにこの事件を見ているのか、そして「伝える」際に何を注意すべきなのかについて議論します。
※ZOOMによるオンラインウェビナーです

なお登壇者のシャボットあかねさんより、次の伝言をいただいています「持ち時間が限られているので、 オランダの制度について十分説明してから進むことはできないと思います。ご参加者には、事前に「安楽死を選ぶ」( 日本評論社)を読んでいただいて、特に「 生命を短縮する可能性のある医療処遇」 とオランダにおける安楽死の定義について予備知識を頭に入れてお いていただけますか。「安楽死」「尊厳死」というのは、 非常に紛らわしい表現なので、よろしくお願いいたします。」

【日時】
11月6日(金)19:00-21:00

【定員】
100名
※申し込み締め切り:11月6日(金)15:00 なお、定員になり次第締め切ります。

【参加費】
・一般参加者 1000円
・メディ勉発信者会員・法人会員 無料
※発信者会員・法人会員に関しては下記のリンクより
https://medicaljournalism.jp/admission


【スケジュール】
11月6日(金)
18:30 開場
19:00 主催者あいさつ
19:05 宮下洋一さんプレゼン「京都の嘱託殺人をどう見たか」
19:25 シャボットあかねさんプレゼン「安楽死・尊厳死の議論の歴史を概括する」
19:45 市川亨さんプレゼン「日本でどう伝えたか」
20:05 パネルディスカッション「安楽死・尊厳死をいかに伝えるか」
     司会:市川衛(メディカルジャーナリズム勉強会代表
20:55 クロージング

【登壇者プロフィール】

宮下洋一さん
長野市生まれ。 ウェスト・バージニア州立大学卒。 バルセロナ大学大学院で国際論修士、同大学院コロンビア・ ジャーナリズム・スクールでジャーナリズム修士。著書に「 安楽死を遂げた日本人」「卵子探しています」「ルポ・ 外国人ぎらい」など。

シャボットあかねさん
1947年東京生まれ。父アメリカ人、母日本人。国籍アメリカとオランダ。ワシントン大学およびピュージェットサウンンド大学で修士号取得後、東京教育大学大学院で日本文学研究。1974年からオランダ在住。現在通訳、コーディネート、執筆業。日本語著書に『安楽死を選ぶ―オランダ・「よき死」の探検家たち』(日本評論社)、『自ら死を選ぶ権利―オランダ安楽死のすべて』(徳間書店)、『オランダ暮らし十二カ月』(平凡社)、『オランダからの手紙-私がオランダ人になったわけ』(泰流社)など。近著『オランダ発ポジティヴヘルス:地域包括ケアの未来を拓く』は、新しい健康のコンセプトのもとに展開するオランダ社会の動きを紹介。

市川亨(いちかわ・とおる)さん
1972年山梨県生まれ。96年共同 通信入社。前橋、千葉、高知支局などを経て厚生労働省キャップ、ロンドン特派 員を務めた。
19年から大阪社会部デスク。共著に「ルポ 最期をどう迎えるか」(岩波書店)など。ダウン症のある子どもの親でもある。

【参加方法】
・チケット申し込み後にPeatixより、イベント視聴ページへのリンクが送られます。当日はそこからZOOMにアクセスください。(Peatixのチケットページからも視聴ページに移動できます)
・イベント視聴ページは、チケットを申し込んだ参加者がPeatixにログインした状態でのみアクセスできます。
・コンビニ/ATM払いのお申し込みがお支払い待ちの場合、参加者はチケット画面等からイベント視聴ページに遷移することはできますが、埋め込まれているZOOMへのリンクボタン、参加法のコメントなどは表示はされません。

【参加費について】
※セミナーお申し込み後のキャンセル及び返金はお受けいたしかねます。ご了承ください。
※当日の受付での領収書発行は行いません。お手数ですが、Peatixからの申し込み内容詳細メールより領収書データの発行をお願い申し上げます。詳細は領収書発行に関するページをご確認ください。
※この会はボランティアにより運営されています。皆様からの参加費はZOOMアカウント費、講師への謝礼、事務費などに使わせていただきます。

【参加者へのお願い】
・イベントの様子の、出席者側による写真撮影や録画、スクリーンショットなどはお控えください(内容は主催者側により録画し、メディカルジャーナリズム勉強会の発信者会員向けに配信します。)
・感想や印象などはご自由にSNS,ブログ等で発信してください。ただし、講演内容の詳細を発信される場合や記事化を希望される場合は主催者の了解を取ってください。

【主催】
一般社団法人メディカルジャーナリズム勉強会

【協力】
スローニュース株式会社

メディカルジャーナリズム勉強会(AMJ)について
医療や健康に関する情報発信に関心がある人が集う場所です。イベント開催や情報発信者に役立つ教材・リソースづくりなどを通じて、情報発信者のスキルの向上・世の中に役立つ情報を少しでも増やすことを目的とした勉強会です。

≪問い合わせ先≫ 
メディカルジャーナリズム勉強会 事務局
office.medical.journalism@gmail.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#770420 2020-10-10 00:33:47
Fri Nov 6, 2020
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 ¥1,000
発信者会員・法人会員【一般のかたは選択しないでください】

On sale until Nov 6, 2020, 6:00:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 5, 2020.

Organizer
メディカルジャーナリズム勉強会
679 Followers

[PR] Recommended information